HOME   >>  右傾化再考  >>  金融資本の独裁形態がファシズム――『日本ファシズム』 木下半冶
07 23
2014

右傾化再考

金融資本の独裁形態がファシズム――『日本ファシズム』 木下半冶

        nihonfasizumu.jpg 『日本ファシズム』 木下半冶 昭和11年


 近代デジタルライブラリーからダウンロードして読んだ昭和11年、1936年に出された本である。Kindleを買ったおかげで、ページの随所拡大がよういになって読みやすくなったので、これから近デジで無料の読書ばかりになるかもね。

 昭和11年といえば、二・二六事件がおこった年であり、その年にこんな『日本ファシズム』という本をまだ出せたのかとおどろくが、この二年前に出された河合栄治郎の『ファシズム批判』は×字の伏字ばかりであった。7月に出された本であるから、二・二六事件から五ヶ月あまりであり、とうじの生々しさの残る記述を見いだすことができる。

 本の内容としては、とうじ数々できた右翼団体の経緯や綱領をおもに載せており、血盟団事件や五・一五事件、二・二六事件の経緯も載せており、こんにち書店でそのような概括入門書を見いだせないゆえに近デジでこの本を読むにいたった。

 この木下半冶という人は1900年に生まれ、1989年に亡くなっているそう(wiki)。新聞記者の後、右翼思想や国家主義を研究した。ほぼ忘れ去られた人のようであるが、ソレルの『暴力論』などの翻訳をやっているね。

 この人ははっきりとファシズムは、独占資本主義が経済的危機をのりこえるさいの独裁的様相だといっているね。

 金融資本の独裁がファシズムなんだと。議会政治すら資本の独裁政治なのであるが、危機的状況にほうりこまれると議会政治などのん気な手段を使っているわけにはいかない。そこで非議会的、暴力的支配形態がファシズムというかたちで顔をのぞかせるのだと。

 経済的危機におちいると労働者や農民のかずかずの労働争議や社会主義運動がおこってくる。その抑圧や統制のためにファシズムという正体をのぞかせるのである。ふだんは議会政治の影に隠れているが、緊急危機のさいに労働者の不満や攻撃を抑える政治形態がファシズム。

 ファシズムは「戦時独裁体制」を思わせるのだが、民衆を弾圧する体制のことを、議会政治をへない金融権力の顕在化をいうのだね。

 戦前のからくりにしても、政府は左翼運動の弾圧ばかりに手を加えていたのであるが、その対立としての右翼運動は寛大に接してきたのであるが、血盟団事件によってその眠りを覚まされ、ファッショ団体の取り締まりに積極的になったという経緯がある。

 資本家も左翼運動の壊滅のために右翼団体にカネを流していたのだが、その様態や実質を知るにいたり、財布の口を閉めるようになり、いったんは雨後のたけのこのようにできた右翼団体は退潮に向かったとされる。

 けれども右翼団体にせよ、青年将校を擁する軍部にしろ、ずいぶん思想的には共産主義に近づいているところもあって、政府も金融資本家も、国民の大半を敵に回していた実情があったのではないかと思わせる。

 ある右翼団体の掲げる綱領に「反資本主義、反共産主義、反ファッショ」というのがあったが、このあいだの狭い道にどういう主義があったのだろうか。政府は金融資本に操られるような自由主義を護持していたのだろうが、労働運動や左翼活動、青年将校につきあげを喰らって、どこにも逃げ道を見いだせなかったように思われる。

 軍国主義や皇国戦争に向かっていった政府は、国民総改革のつきあげを喰らって、金融利益の海外進出、問題の海外逃亡を図らざるをえなかったともいえるだろうか。

 政府は二・二六事件に戒厳令をしき、日本のファシズム運動は表面上は沈静したかに見える。著者の木下半冶は昭和11年にこれから日本のファシズムは凋落の一途をたどるだろうかと問うている。否、否、否と著者はいっている。

 日本政治のファッショ化は必然である。従来のヒステリックなファシズムから、ほんらいのファシズムに移ってゆくだろうとのべてこの本を終えている。民衆の最悪の敵、もっとも恐ろしいものがやってくるだろうと。

 こういったむかしの本を読めば、その後の歴史を知っているわれわれの観点ではなくて、とうじのまだ来ない未来の展望に思い至ることができる。昭和11年にその後の道は不可避だったのだろうか。


日本ファシズム論争 ---大戦前夜の思想家たち (河出ブックス)未完のファシズム: 「持たざる国」日本の運命 (新潮選書)日本ファシズムとその時代―天皇制・軍部・戦争・民衆日本ファシズム論近代日本の文化とファシズム―竹山護夫著作集〈第5巻〉 (歴史学叢書)

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top