HOME   >>  バイク・ツーリング  >>  仕事をやめた自由な旅の空 【後編】 鎌倉~箱根~柿田川湧水群ツーリング
05 13
2014

バイク・ツーリング

仕事をやめた自由な旅の空 【後編】 鎌倉~箱根~柿田川湧水群ツーリング

 大阪から富士山へといたるツーリングの前編からのつづきです。

 東京までいってとんぼ帰りして、山間部に入って遠回りしないためになるべく国道1号線でまっすぐ帰るようにこころがけました。


P5050161.jpg

5日目の早朝、湘南海岸や江ノ島といったところを散策しました。大阪に住むわたしにとって、「湘南」や「江ノ島」は音楽やドラマで見るひとつのイメージであり、ブランド、記号です。現地にいけば、関東にとってのリゾート地であって、自然にもっとあふれた地域はこちらにはもっとあるんだけどねと思います。

P5050171.jpg

鎌倉の源頼朝の墓がしょぼかったです。武家政治の勝者としての偶像化はなされていないのでしょうか。

P5050190.jpg

鎌倉といえば、デカイ大仏さんです。デカイ大仏を見るたび、「バカらしい~」と思ってしまうのですけどね。ハトが頭上に乗ってバカにしているかのようですw

P5050191.jpg

背中には天使の羽のような窓があいていて、胎内めぐりができるようです。

このあと東京をぐるりと一周してきましたが、写真は一枚も撮れていません。はやばやと退散したかったのかもしれません。銀座、上野、新宿、渋谷のGWの人の多さにげんなりw

P5060223.jpg

6日目は厚木のネカフェから出発して、箱根の温泉に入ろうと思ったのですが、高すぎるのと敷居が高いのでやめておきました。芦ノ湖には箱根神社の鳥居が立っていて、その向こうには富士山が見えました。

P5060231.jpg

箱根には江戸幕府が植えたという杉並木がのこっていて、東海道は江戸時代の名残りをのこしているんだなと。

P5060247.jpg

復元された箱根関所をめぐってみました。関東にとってこの箱根はいまも心理的境界をなすんだなと思いました。博物館を紹介する「おたま」ちゃんというキャラは、江戸時代に奉公先を逃げ出して死刑に処された人物だと知って、ブラックユーモア。

P5060242.jpg

箱根関所の井戸にはなぜか神社のような賽銭がたくさん投げ入れられていました。どうして神域でもないこの井戸に賽銭が入れられているのでしょう? 金銭は自分のケガレの身代わりが水でみそがれるという思いがあるのでしょうか。

P5060258.jpg

なるべく山の中に寄り道せず、まっすぐ国道1号線で帰ろうとした道に柿田川湧水群をみつけて散策。

P5060268.jpg

整備された公園の井戸のようなところから、富士山からの湧き水がこんこんとあふれ出ています。

P5060274.jpg

あまりきれいな見た目ではないのですが、土の中から湧き水があふれ出ているのがわかります。

P5060287.jpg

残念ながらこの柿田川は両岸を歩いて水のきれいさを見たかったのですが、住宅や配水場にはばまれて両岸を歩くことができません。川のきれいさがひじょうに見にくい、不便なところになっています。金とるところもあるしね。

P5070324.jpg

三保の松原は日本三景といわれているそうですが、この日見たかぎりでは、とても絶景には思えませんでした。かすみすぎていたのかな。松原がうつくしいという感覚もうすれていますし、簡素なむかしの日本的情緒にとってはいい景色なのかな。

P5070345.jpg

7日目は沼津のネカフェから浜名湖止まり。静岡県のはしからはしまで。国道1号線や150号線の市街地をただひたすら走っていても、おもしろみのあるものではありません。休憩でふと枝道にそれた先に「花沢の里」という情緒ある古い住居群を見つけました。焼津市の変わった家並み。

P5080371.jpg

遠州灘はいつ見ても思いますけど、ものすごい見捨てられっぷりですね。奇矯なサーファーや散歩している人がぽつんとひとりいるくらい。波が強すぎて海水浴場としても利用できないのでしょうね。

P5080391.jpg

8日目は名古屋の市街地を通過するだけのつまらないルートでした。市街に入る前に家康の生誕地、岡崎城をしばし見物。

P5080398.jpg

四日市の工場群を見ると、ちょっと沈鬱な気持ちになります。生産地で田園といえば癒されるのに、工場群ではそういった癒しがまったくないのはどうしてなんでしょうかね。この日は鈴鹿市にネットカフェを見つけて、さいごの大阪までの帰路にめどがつきました。三重県ってネカフェ見つからないかもと思っていたけど、発見できてよかった。

P5090418.jpg

9日目の朝は伊勢湾の砂浜で朝日をながめたり、海岸線を走ったり。ここは松阪市の五主池といったところでしょうか、休憩と食事でぼんやりと池や鳥などをながめていました。むこうのほうに船が何艘も見えて、なにやら動いているような、でもそんなわけはないし、でも空っぽの船がどうして何艘もある?

P5090422.jpg

ズームで撮影しておいたら、やっぱり人のすがたが写っていましたねw ここから移動する最中に近くでなにやらとっている漁師さんを近くで見つけて、はじめて人だったんだとわかりました。はまぐりとか貝をとっているのでしょうか。

P5090437.jpg

夫婦岩にはなぜかカエルが。由緒書きには「無事かえる」とか「貸したものがかえる」とかの駄じゃれが書かれているのですが、いいの? こんな説明で。カエルはかたちのない水の中とかたちある地上の両方にすむ中間の存在であり、禊と再生をあらわすのでは。

P5090457.jpg

志摩の無料の動物園でクジャクが羽根をひろげてアピールしていました。バカみたいだと思いました。ハトのオスがメスをしょっちゅう追いまわしていることとあまり変わりはない、もうすこし派手にしただけに思えて。

P5090504.jpg

最終日の9日目、鈴鹿からまっすぐ帰るには時間がありすぎるので志摩の海岸線を回りましたが、けっこう時間がとられて、あわてて海岸線から山の上に上がってゆきます。紀北町でしょうか。

P5090505.jpg

東京まで何日もかけて野山を見て回りましたが、いちばんほっとする風景はやっぱりこのような田園風景だなと思いました。紀伊半島をぐるりと回る紀勢本線が山の中に上がる大紀町あたりでしたか。

P5090509.jpg

やっぱりこういう山と田んぼ、民家のふつうの景色がいちばんいいや。奥伊勢をとおって、和歌山街道、伊勢街道をへて、東吉野にたどりつきました。ある程度見知った道と思っていたのですが、時間をけっこうとられて、入りたいと思っていた温泉も時間が足りませんでした。



▼わたしのたどった道って東海道五十三次? いままで見たこともない回数の新幹線を見ましたw
東海道五十三次写真紀行広重と歩こう東海道五十三次 (アートセレクション)広重の東海道五拾三次旅景色―天保懐宝道中図で辿る (古地図ライブラリー (5))東海道五十三次四百年の歴史をあるくCG再現東海道五十三次―CGと浮世絵でひもとく宿場と旅の楽しみ (双葉社スーパームック)


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top