HOME   >>  バイク・ツーリング  >>  ことしも吉野の桜を見てきました 2014年4月12日(土) マイカー規制と満開すこし新葉
04 13
2014

バイク・ツーリング

ことしも吉野の桜を見てきました 2014年4月12日(土) マイカー規制と満開すこし新葉

 冬の厳しさに思うのは、春の吉野の桜が咲くまでの我慢という夢想です。寒い冬のツラさのお別れには、春の吉野の桜を見ることがひとつの区切りになってきました。

 2014年4月12日(土)にいってきました。下千本、中千本は満開、上千本は7分咲きから満開といった情報でしたが、上千本も茶色の新葉がめばえていたので、情報よりすこし早めにいったほうが適切なのかもしれません。

 バイクでいったのですが、吉野川からの主要道はことごとくマイカー規制されて吉野山への道が閉ざされていました。まいとし、ふつうに行けた覚えがあるのですが。宮滝からは上がれず、脳天神社から急な階段をのぼれば、蔵王堂の裏にたどりつくことができました。(吉野山、交通規制地図PDF)


P4120111.jpg
吉野川からの何本かの橋は通行禁止にされていて、宮滝まで飛ばされて、枝道はないかとさがしまわりました。困り果てて、地図でかろうじて脳天神社から破線でつながっているのを見つけて、吉野山にのぼることができました。

P4120005.jpg
通行規制がしかれて吉野山までは観光バスのみ通行可。むこうの道路も渋滞で車が多く止まっています。マイカーの方は駅に車を止めて電車でいくしかないのでしょうか。わたしは宮滝あたりから橋をわたって、脳天神社から急階段。

P4120033.jpg
吉野の桜は新葉が緑色ではなくて、茶色なんですね。上千本も新芽がめぶいていましたので、情報よりすこし早めに見たほうが新鮮な花をたのしめるかもしれないですね。古い葉がのこっているわけではないですね?

P4120069.jpg
吉野の桜は山登りです。吉野駅から奥千本の金峯神社まではおよそ標高差500mはありますので、そうとうハードで体力が必要ですね。バスやロープウェイもありますが、混雑必至で景色が開けてゆく醍醐味もありませんね。

P4120037.jpg
やっぱり吉野の桜は上千本までのぼってこないと。

P4120046.jpg
爽やかな桜のシャワー。

P4120049.jpg
上千本をのぼってゆくと吉野の土産屋通りや蔵王堂の景色がひろがってゆきます。

P4120050.jpg
蔵王堂や土産屋通り、旅館などがならぶ観光客で激混みするあたりですね。

P4120067.jpg
蔵王堂をもう一歩引くと、むこうには吉野川流域の市街地も見えてきます。

P4120086.jpg
上千本から如意輪寺へと下る枝道が人も少なく、ゆいいつ静かで落ちついた桜の鑑賞ができました。

P4120088.jpg
斜面に桜がびっしり。

P4120089.jpg
桜だらけ。

P4120097.jpg
斜面にこんなに桜がならぶ景色は吉野いがいにそう見れるものではありませんね。

P4120118.jpg
数年前にこの桜風景を見たときはこの世のものとは思えませんでした。そのときの目を疑う衝撃がなんども吉野の桜へと誘います。

P4120119.jpg
この桜の景色ともお別れで、バイクで新緑の山の風景をたのしめる快適なシーズンがやってきます。夏がすぎて、厳しい寒さの冬がまたやってきて、桜の咲く季節が待ち遠しい毎年がめぐります。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top