HOME   >>  書評 小説  >>  「時間どろぼう」の秀逸さ――『モモ』 ミヒャエル・エンデ
09 05
2013

書評 小説

「時間どろぼう」の秀逸さ――『モモ』 ミヒャエル・エンデ

4001141272モモ (岩波少年文庫(127))
ミヒャエル・エンデ
岩波書店 2005-06-16

by G-Tools


 『モモ』は映画で見たことがあるのだが、原作本ではどのようなことが書かれているのかと読む。

 「時間どろぼう」という秀逸な存在をつくりだした発想の勝利だね。効率化の進展のなかで時間を失ってゆく人たちにたいする鋭い批判になっている。『タイム』という映画も時間を稼げなかったら若死にするという設定が秀逸だったね。

 「時間どろぼう」はグレーのスーツを着ていつもたばこをふかしている。映画ではわからなかったのだけど、この葉巻は人々から奪った「時間の花」によってつくられていて、時間どろぼうは人間の死んだ時間によって命をつないでいるということらしい。

 忙しさやお金、仕事のために時間やゆとりを失ってゆく人たち。これは貨幣や利子の話だと指摘する人たちもいて、そのテーマについては『エンデの遺言――根源からお金を問うこと』にくわしいね。この世に老化しないものはないのにお金だけが老化しないで無限に増殖することができる。

 「老いてゆくお金」を用いることが必要ではないのかと問うた。大恐慌時などに人はお金を使うまいとするからよけいに不景気がすすんでしまって、血液の役割をしなくなるから、すぐに使ってしまわないと価値を減じてしまう「老化するお金」を用いるべきではないのか。お金と仕事の奴隷となっているわれわれにお金の支配をもたらす風穴を開ける発想がわれわれに求められているのだろうね。

 エンデのこの本が出たのは1973年。まだヒッピーやカウンターカルチャーで物質文明にたいする批判が大きなうねりになった時期だね。

 でもこんにち、そういう批判はいくらかの影響をあたえたにせよ、お金と仕事に支配されるビジネスの社会はあまり変化をもたらしていないね。あいかわらずわれわれは会社と仕事に人生を支配されていて、そういう生き方がマトモであるという人生観からの拘束から逃げ出せないでいるね。この価値観の転覆はどうしておこらなかったのかと思うね。

 『モモ』は児童文学の本とされているのだが、もちろん大人の本として通用するものだね。児童文学書として本屋にならべるのではなくて、大人の目につく書棚にならぶようにしてほしいね。

 モモは時間どろぼうの追跡からカメによって逃れるのだが、「どこにもない家」のマイスター・ホラに出会ってすごした時間が通常の時間の一年間にたっしていたという話は、浦島太郎そのものだね。浦島太郎は時間について語ったというより、竜宮の城という仙人の理想郷がどんなにすばらしいものかの比喩に近いだけなんではないかと思うけどね。

 われわれはどうやったら仕事とお金の支配から逃れられるのだろうね。社会の常識や趨勢はどうやったら変えることができるのだろうね。仕事から逃れる考え方や常識があたりまえの国になってほしいね。エンデのいうようにお金のあり方を問い直さなければならないのかな。

 なお挿絵のイラストや表紙の絵もすべてエンデ自身の手によるものらしいので、目を通すだけではなく、メッセージや意味も検討したいね。


4062814196エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと (講談社プラスアルファ文庫)
河邑 厚徳 グループ現代
講談社 2011-03-22

by G-Tools


B000065BFWモモ [DVD]
パイオニアLDC 2002-05-24

by G-Tools





お金持ちより時間持ち―モノ持ちよりもココロ持ち (ワニの選書)奴隷の時間 自由な時間 お金持ちから時間持ちへ (朝日新書)スローライフでいこう―ゆったり暮らす8つの方法 (ハヤカワ文庫NF)スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化 (平凡社ライブラリー)「年収6割でも週休4日」という生き方


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top