HOME   >>  書評 小説  >>  わからん本だった―『小説はいかに書かれたか』 篠田 浩一郎
07 24
2013

書評 小説

わからん本だった―『小説はいかに書かれたか』 篠田 浩一郎

B000J7NVZK小説はいかに書かれたか―『破戒』から『死霊』まで (1982年) (岩波新書)
篠田 浩一郎
岩波書店 1982-05-20

by G-Tools


 82年に出された岩波新書の黄版。

 それぞれの章に『破戒』と『明暗』、『暗夜行路』と『或る女』、『海に生くる人々』と『上海』、『真空地帯』と『死霊』がならべられて論じられている。どういう内容、意図で読み比べたのか、わたしには読み解けなかった。

 これらの近代の名作を読んだことがないので評論から内容や興味をひきだせるかなと思ったけど、しょうしょうむづかしいところがあったり、興味をひきだされるところもないまま読み終わった本だった。

 なにをいっているかわからないというよりか、なにをいおうとしているかわからなかったといったほうが近いかな。

 ちょっとこっけいな文章があったので引用。

「社会主義と機械の発達とを結びつけることによって生じる余暇を学芸の研究にあてることによって人類は将来経済的なばかりでなく知的平等を実現し、究極的には人類そのものが神となるという思想を展開している」



 19世紀後半のルナンという哲学者はこんなおめでたいことをいっていたのだね。学芸研究のはてが神。。 学芸研究のはては「オタク」の趣味に終わるだけとわたしは思うんだけどね(笑)。


小説の解剖学 (ちくま文庫)「少女小説」ワンダーランド―明治から平成まで女の子を殺さないために 解読「濃縮還元100パーセントの恋愛小説」小説論 読まれなくなった小説のために (朝日文庫 か 30-3)エンタメ小説進化論 “今”が読める作品案内


関連記事
Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top