HOME   >>  映画評  >>  映画を心理学・哲学で読むとく本を集めてみました
04 03
2013

映画評

映画を心理学・哲学で読むとく本を集めてみました

 映画の読み方や解釈ってわからないところがありますね。「おもしろかった」とか「楽しかった」だけで終らない映画の解釈って身につけたいですね。映画はどう読んだらいいのでしょうね。

 それなら心理学や哲学で読み解いた本はないのかと集めてみました。あまりないのですが、というより知らないのですが。。

 わたしの読んだ本より、読んでいない本の比率が多いです。
 

4062563096「本当の自分」をどうみつけるか―映画でみる精神分析 (講談社プラスアルファ文庫)
小此木 啓吾
講談社 1998-12

by G-Tools


小此木啓吾は「モラトリアム」で名をはせた精神科医。二巻に別れているのですが、この巻では「自己」についての映画。見たくなる映画が多いのですが、古い作品が多いので見られないという弱点も。

4062563053愛の真実と偽りをどうみわけるか―映画でみる精神分析 (講談社プラスアルファ文庫)
小此木 啓吾
講談社 1998-11

by G-Tools


この巻では愛や家族がテーマ。映画の違った見方を教えてくれるでしょうね。

4167801256映画の構造分析―ハリウッド映画で学べる現代思想 (文春文庫)
内田 樹
文藝春秋 2011-04-08

by G-Tools


レベル高い分析でした。ただほかの思想家の借り物が多いのかな。「エイリアン」やヒッチコック「裏窓」の解釈が目からうろこでしたね。

4062562111ヒロインは、なぜ殺されるのか (講談社プラスアルファ文庫)
田嶋 陽子
講談社 1997-08

by G-Tools


田嶋陽子はキワモノあつかいかもしれませんが、ここではじつに深い読み方を教えてくれますね。『存在の耐えられない軽さ』の依存をめぐるテーマにはおどろきました。

4641086419シネマのなかの臨床心理学 (有斐閣ブックス)
山中 康裕
有斐閣 1999-12

by G-Tools


こういう本を読むとあらたな解釈をひっさげて映画を見たくなりますね。ただその映画がなかなか見つからないという苦悶もつけ足されるかも。

4480429409映画は父を殺すためにある: 通過儀礼という見方 (ちくま文庫)
島田 裕巳
筑摩書房 2012-05-09

by G-Tools


こういうひとつのテーマで横断的に映画を読み解いてくれる本はひじょうにありがたいですね。人が大人になるための通過儀礼をめぐっての本ですね。

4797671033哲学の冒険 「マトリックス」でデカルトが解る
マーク・ローランズ 筒井 康隆
集英社インターナショナル 2004-12-15

by G-Tools


『マトリックス』や『スター・ウォーズ』などSF映画が多いそうですね。

490537412X父親はどこへ消えたか -映画で語る現代心理分析- (シエスタ)
樺沢紫苑
学芸みらい社 2012-12-06

by G-Tools


メルマガで人気のある方のようですね。

4794967748「死にたい」気持ちをほぐしてくれるシネマセラピー上映中―精神科医がおススメ 自殺予防のための10本の映画
高橋祥友 柳本あかね
晶文社 2012-02-02

by G-Tools


シネマセラピーという考え方もあるのですね。

4532196191精神科医がすすめる“こころ”に効く映画―シネマ処方箋 (日経ビジネス人文庫)
高橋 祥友
日本経済新聞出版社 2011-12-02

by G-Tools


こちらは日経ビジネス文庫だから手に入れやすいですね。

4883850447トラウマ映画の心理学―映画にみる心の傷
森 茂起 森 年恵
新水社 2002-12-10

by G-Tools


「心の時代」とよばれた90年代、トラウマをめぐる物語がたくさんつくられましたね。トラウマになる出来事が増えたというより、心理学で見る目が増えただけなのかもね。

4641086400ビデオで女性学―映画のなかの女性を読む (有斐閣ブックス)
井上 輝子 西山 千恵子 細谷 実 木村 栄 福島 瑞穂
有斐閣 1999-10

by G-Tools


映画で女性学をまなぶ方法もありますね。

4641085196ビデオで社会学しませんか (有斐閣ブックス)
山中 速人
有斐閣 1993-03

by G-Tools


社会学から映画を読んでみたいですね。

4840216428ハリウッドで政治思想を読む (オルタブックス)
副島 隆彦
メディアワークス 2000-07

by G-Tools


映画でアメリカの政治思想が読めるかもしれないですね。ただ著者の考え方はすこしいびつかも。

4901654551寅さんと日本人―映画「男はつらいよ」の社会心理
浜口 恵俊 金児 暁嗣
知泉書館 2005-07

by G-Tools


「フーテン」の寅さんはなぜ人気だったでしょうね。働かずぶらぶらして、恋愛話ばかり。どうして日本人はそうなれなかったのでしょうね。

4393203054はじめての宗教学: 『風の谷のナウシカ』を読み解く〔新装増補版〕
正木 晃
春秋社 2011-09-30

by G-Tools


「ナウシカ」読解が宗教学からおこなわれていますね。この著者は「千と千尋」も読み解いていますね。

4480847081汝の症候を楽しめ―ハリウッドvsラカン
スラヴォイ ジジェク Slavoj Zizek
筑摩書房 2001-07

by G-Tools


内田樹は映画論でジジェクの理論を援用していましたね。

4791753755斜めから見る―大衆文化を通してラカン理論へ
スラヴォイ ジジェク Slavoj Zizek
青土社 1995-06

by G-Tools


精神科医のラカンは難解さで知られていますから、大衆文化でやさしくなりますかね。

4480084649ロラン・バルト映画論集 (ちくま学芸文庫)
ロラン バルト Roland Barthes
筑摩書房 1998-12

by G-Tools


ロラン・バルトの映画論はそうとう古い映画が論じられているのでしょうね。

4588008552シネマ 1*運動イメージ(叢書・ウニベルシタス 855)
ジル・ドゥルーズ 財津 理
法政大学出版局 2008-10-01

by G-Tools


ドゥルーズはひじょうに難解なポエムなみのわからない文章を書きますが、読めるかな。

4498129369シネマサイキアトリー―映画からみる精神医学
ダニー・ウェディング メアリー・アン・ボイド
中外医学社 2012-06

by G-Tools


精神病理をあつかったかなり専門的な書物のようですね。

4788505827「家族」イメージの誕生―日本映画にみる「ホームドラマ」の形成
坂本 佳鶴恵
新曜社 1997-01

by G-Tools


こういうふうに映画が主題になるのではなくて、映画の中の家族が主題になるのが社会学というものですね。

4877142444スクリーンの日本人―日本映画の社会学
木下 昌明
影書房 1997-11

by G-Tools


反体制的で、青春映画も反抗から受容に変わっているとの指摘が。「橋本健二の読書&音盤日記

4990070895アメリカン・カルチュラル・スタディーズ―文学・映画・音楽・メディア
ニール キャンベル アラスディア キーン 徳永 由紀子
萌書房 2002-02-25

by G-Tools


カルチャラル・スタディーズがほかの文化論とどう違うのかわかりませんw

4022598956映画のなかのアメリカ (朝日選書)
藤原 帰一
朝日新聞社 2006-03

by G-Tools


映画で読むアメリカや各国という本も多いですね。こういう本は主軸に映画はあまりおいていないように思うのですが。

4765313174映画にみる心の世界―パノラマ精神医学
中村 道彦
金芳堂 2007-11

by G-Tools


精神医学テキストのような本であるとのこと。

4062560313昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 (講談社プラスアルファ文庫)
河合 隼雄
講談社 1994-02-15

by G-Tools


映画の本がすくないと思ったら、童話解釈の本を手にとってみるのもいいでしょうね。こちらのほうが豊穣な学問世界がひろがっています。おなじ物語分析ですからね。子ども向けと思う人は甘いね。

童話はどう読むのかのおすすめの本


 ほかにいい本があれば教えてくださいね。

関連記事
Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top