HOME   >>  風景写真  >>  桜咲く、大阪ローカルご近所篇 2013年春
04 02
2013

風景写真

桜咲く、大阪ローカルご近所篇 2013年春

 厳しい冬の終りを告げて、桜が咲く季節がようやくやってきましたね。寒さのつらさがあるからこそ、桜の咲く季節は救いをさしのべられた気もちがして、ほっとします。

 ことしはぶらぶらと大阪ご近所の桜を撮ってみました。名所でない大阪ローカルの桜の写真をアップすることに価値はあるのでしょうか。

 全国からこられた方はたぶん一度もおとずれることがないであろう大阪ローカルのご近所桜とか風景を見ることができますね。

 大阪の方はもちろんいがいと知らないかもしれない近郊の桜スポットを知ることができますね。

 たいした写真ではないのですがw、まあ桜と春のおとずれはめでたいということで。


P3290026.jpg

帝塚山の万代池は春のおとずれとともに周囲の桜がいっせいに咲きそろいます。ごちゃごちゃした都市に一服の清涼感が感じられます。

P3290028.jpg

万代池のスズメもハトもずいぶん人馴れしています。カメも寄ってきます。カワウも逃げません(野生比において)。



こちらは桃ヶ池といって、阿倍野区の田辺にあります。JR阪和線の高架から見える場所にあります。街中の池と緑にほっとします。

P3300016.jpg

藤井寺市の大井水みらいセンターの桜はずいぶん密度が濃くて、大きな桜なんですね。近所の桜並みの密度の低さとか小ぶりな木の大きさが際立ちました。

P3300024.jpg

花びらがいくえにも積み重なっている桜で、泡がうずまいているような桜の違いにおどろきました。

P3300018.jpg

大和川の土手沿いの道路から見える桜並木で、下水道施設のまわりをずらりととり囲んでいます。ここは宴会客もいないし、ときに満開のときにも人通りが見えないこともありました。この日の通行見物人はふつうにいましたけど。

P3310004.jpg

ここは仁徳天皇陵の南にならぶ履中天皇陵の桜並木ですね。古墳の多いあたりに住んでいますが、古墳は外からながめていてもなんの感慨も抱きません。

P3310020.jpg

仁徳天皇陵の南にある大仙公園の桜はそう多くあるわけではありません。でもピンク色の濃い変わった桜があったり、公園自体がどことなく気品があるところです。丘のランドスケープや庭園があるからだけかもしれませんが。

P3310030.jpg

大仙公園は公園内より、仁徳天皇陵に通じる道路の桜並木のほうが多いかもしれません。

P4010036.jpg

和泉市若樫にあるしだれ桜は百滝桜(ももたきざくら)とよばれて、けっこう隠れた名所なのかもしれません。4月1日(月)に時間をかけて見にいきましたが、もうすっかりしおれて色を失っていましたが、写真マジックでかろうじて見れる状態w


大人の桜旅 2013―一度は見に行きたい日本の桜名所&名桜700景 (NEWS mook)フォトコン別冊 見たい撮りたい日本の桜200選 2013年 04月号 [雑誌]ニッポンの桜100選日本さくら紀行 西日本編 (Jグラフィックス)

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top