HOME   >>  書評 マンガ論、サブカル論  >>  読みたいマンガはあるかな―『サラリーマン漫画の戦後史』 真実 一郎
02 14
2013

書評 マンガ論、サブカル論

読みたいマンガはあるかな―『サラリーマン漫画の戦後史』 真実 一郎

4862485588サラリーマン漫画の戦後史 (新書y)
真実 一郎
洋泉社 2010-08-06

by G-Tools


 なかなかおもしろかった。興味のひかれた何冊かを読んでみたいと思った。

 ただ通史としてタテにつながっていたストーリ-がさいごの章で、拡散されて焦点がむすびにくく、カタログ本のような体裁になっていたのでなんだか方向性が見えなくなった。まあ、現在になればなるほど、通史としての物語に収めにくくなるのはわかるけど。

 この本では源氏鶏太の小説や映画化されたものに戦後サラリーマンの原点とプロトタイプ(祖形)をみいだしている。けれど源氏鶏太なんて団塊世代以上しか知らないだろうし、20代年下のわたしもそのころのサラリーマン映画がどのようなものだったか、一度も見たことがない。そのころの映画に石原裕次郎、高倉健、小林旭、森繁久彌などが出ていて、なんとなくの黄金期はすこしはイメージできるていどだ。

 まあ、仕事はちっとも描かれず、派閥争いや恋愛関係だけの人間関係だけが描かれ、人柄さえよければ上司と女の後ろ盾をえてどんどん出世できるといった「人柄主義」が源氏のとくちょうだということだ。戦後のサラリーマン漫画はこのプロトタイプのうえに描かれてきたということだ。

 天下を取る [DVD]社長三代記 正・続篇 [DVD]ニッポン無責任時代 [DVD]


 わたしは70年代以降にそだったのでサラリーマンのネガの部分ばかり吸収したように思う。新聞漫画のサトウサンペイ、東海林さだおなどの自虐的サラリーマン像にいやだなあと思いながらステレオタイプをつくったと思う。良好な人間関係がすべてで、いかに上司に好かれて嫌われないでいるかの視点でネタ化された漫画である。

 『釣りバカ日誌』や『なぜか笑介』、『総務部総務課山口六平太』は源氏鶏太の人柄主義の系譜にふくめることができるという。良好な人間関係、人柄主義、たしかにそうだろうね。

 『ツルモク独身寮』なんて社内のレクリエーションが多く描かれるのだが、さいごは夢を追うために海外に旅立つ。『お茶の間』という90年のマンガは夢を追うことが最大限に賛美され、サラリーマン的な生き方は否定される。フリーターはそのころもてはやされるのだが、その後の経済情勢はフリーターを底辺・負け犬にくみこんだことはご承知のとおりだ。

 バブルが崩壊してしまった94年の『100億の男』というマンガがこれまでの家族主義的なサラリーマンを葬る非情なビジネスマンを描いたとして著者は評価している。『ハゲタカ』みたいなドラマだとしたら読みたいね。

 00年代のマンガでは『午前三時の無法地帯』が読みたいね。社泊4日はあたりまえ、午前三時でもみんな働いている労働基準法無視の職場。上下関係はゆるく、サークルのようなノリで働いている。「会社によるオフィシャルな承認」より、「仲間によるローカルな承認」を大事にしている風景なんて見てみたいね。でもわたしはローカルな承認なんて求めてどうなるという心情のほうが強いのだけどね。友だちノリは入れないからもっとドライな切り離した関係のほうを求めるのだけどね。

 『東京トイボックス』も興味をひかれたね。ゲーム制作会社で夢を追うか、大人になるかの対比。サラリーマンでありながら夢を追う子ども部分が肯定され、切り離して大人だけになった者は否定される。びみょうな割り切り方なんだけど、夢追い型が着地点を見出している。起業の話の『ヒーローズ』もちょっとのぞいてみたいかな。

 通史として機能していた話がさいごのほうになるとカタログ本のような体裁で終っているような印象をうけた本ですね。けっきょく、どういう生き方がいいとなっているのでしょうね。

 わたしはもうすっかりマンガを読まなくなったのだが、いくつかマンガ喫茶で見つけて読みたいと思ったね。それ以前にめあてのマンガを書棚から見つけるリテラシーがなくなっている――というか根気と知識かな――けれど、読んでみたいと思わしめた本かな。

 自分が参照するためにもこの本にとりあげられたマンガをあたらしいほうを上にのせておく。マンガ喫茶で見つかるかな。



第5章 サラリーマン神話解体
4063289990働きマン(1) (モーニングKC (999))
安野 モヨコ
講談社 2004-11-22

by G-Tools

4396763352サプリ (1) (FC (335))
おかざき 真里
祥伝社 2004-06-30

by G-Tools

4063520935ヒーローズ 1 (イブニングKC)
三宅 乱丈 大山 あつし
講談社 2004-12-21

by G-Tools

4063726614エンゼルバンク ドラゴン桜外伝(1) (モーニングKC)
三田 紀房
講談社 2008-01-23

by G-Tools

4091873057ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (ビッグコミックス)
花沢 健吾
小学館 2005-11-30

by G-Tools

4806126756ぼく、オタリーマン。
よしたに
中経出版 2007-03-15

by G-Tools

4048541927サラリーマン田中K一がゆく! (単行本コミックス)
田中 圭一
角川グループパブリッシング 2008-07-05

by G-Tools

4344810872東京トイボックス 1 (バーズコミックス)
うめ
幻冬舎コミックス 2007-09-22

by G-Tools

4396764464午前3時の無法地帯 (1) (Feelコミックス)
ねむ ようこ
祥伝社 2008-12-08

by G-Tools

4766333764特命係長只野仁
辻井 南青紀 柳沢 きみお
グリーンアロー出版社 2008-11

by G-Tools


第4章 終わりの始まり
4778320751定本 宮本から君へ 1
新井 英樹
太田出版 2009-01-17

by G-Tools

4091833314100億の男 1 人生を売った男 (BIG SPIRITS COMICS)
国友 やすゆき
小学館 1993-12

by G-Tools

4088752740サラリーマン金太郎 1 (ヤングジャンプ・コミックス)
本宮 ひろ志
集英社 1994-12-08

by G-Tools

4091832911いいひと。―For new natural life (1) (ビッグコミックス)
高橋 しん
小学館 1993-10

by G-Tools


第3章 バブル景気の光と影
4091806813なぜか笑介 1 (ビッグコミックス)
聖 日出夫
小学館 1984-01

by G-Tools

4575930148かりあげクン―ほんにゃらゴッコ (1) (アクション・コミックス)
植田 まさし
双葉社 1981-01

by G-Tools

4091812813総務部総務課山口六平太 (第1話) (ビッグコミックス)
林 律雄 高井 研一郎
小学館 1987-01

by G-Tools

4091813216妻をめとらば 第1集 (ビッグコミックス)
柳沢 きみお
小学館 1987-03

by G-Tools

4091816517ツルモク独身寮 (1) (ビッグコミックス)
窪之内 英策
小学館 1988-09

by G-Tools

4091086152気まぐれコンセプト (My First Big)
ホイチョイ・プロダクションズ
小学館 2007-02

by G-Tools

4063280071お茶の間 (1) (ミスターマガジンKC (07))
望月 峯太郎
講談社 1992-02

by G-Tools


第2章以前
4091802818釣りバカ日誌 (1) (ビッグコミックス)
やまさき 十三 北見 けんいち
小学館 1980-07

by G-Tools

4063606341課長島耕作 (1)  新装版
弘兼 憲史
講談社 2003-10-10

by G-Tools

B000JAM1XK新・三等重役〈上,中巻〉 (1961年) (新潮文庫)
源氏 鶏太
新潮社 1961

by G-Tools


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top