HOME   >>  バイク・ツーリング  >>  北摂に山里の紅葉(褐葉)を探しにいく
12 04
2012

バイク・ツーリング

北摂に山里の紅葉(褐葉)を探しにいく

 12月2日(日曜日)に北摂のほうに山里の紅葉をバイクで探しにいきました。

 箕面の森とか勝尾寺の紅葉を見にいきたいと思ったのですが、二輪車はすべてシャットアウトされている土地柄のようですね。しかたなく周回の山里を見てまわったのですが、わたし的には山里の紅葉(褐葉)はとても美しかったです。ふだん緑一色の山々はこの季節だけ褐葉の色をそえて、とても新鮮です。

 紅葉といえば寺社にそえられるまっ赤なもみじがとても鮮やかなんでしょうが、わたし的にはふだんは見れない山々の色の変化に目を奪われます。

 この日は最高気温8度、山の温度は平地よりもっと冷え込んでバイクはもっと過酷なものになりますが、ホカロン両面貼って耐えながら山の寒気に打たれてきました。帰りは雨が降りつづけたうえに土地カンのない道で方向感覚をうしなって壊れそうになりましたが、この忍耐がなければ山里の褐葉とも出会えなかったでしょう。



 箕面の山は住宅地からも美しいね。二輪車の通行止めを喰らって仕方なく児童公園から。

PC020006.jpg

 資材置き場のようなところから撮りましたが、緑の色のうえにかぶさる褐葉がきれいに見えました。

PC020012.jpg

 箕面の森に通じる43号線は二輪通行止めなので、4号線で山里をさかのぼります。緑一色の山々もこの季節は褐葉が色をそえます。

PC020016.jpg

 のどかな田園風景に褐葉の色がところどころそえられています。

PC020021.jpg

 この季節だけの褐葉の変化は、あちこちにバイクをとめてカメラを撮りたくなります。

PC020022.jpg

 緑の木々と褐葉の木々の重ね合いが美しいと思います。自然界にはまっ赤なもみじは少ないのかな。

PC020029.jpg

 のどかな田んぼが広がる木々の色もこの季節だけヴァリエーションを増やします。

PC020033.jpg

 山の遠望からも褐葉にそまった木々と緑のままの木々が美しいコントラストをなしていますね。

PC020038.jpg

 勝尾寺にいけそうになりましたが、ここで二輪通行止め。緑の背景のうえに屹立する褐葉の木。

PC020040.jpg

 霊園の向こうの山もきれいに褐葉におおわれていました。

PC020041.jpg

 切りとったように褐葉の木と緑色のままの木がならんでいるのね。

PC020043.jpg

 山里の民家のうえに褐葉がおおいかぶさっていました。
 
PC020048.jpg

 霊園の向こうの山も鮮やかに褐葉していました。このへんは霊園が多いようで、山や山里は死の国なんでしょうか。死後は山に帰りたいと願う人が多いのか、それとも町中を追われて?

PC020050.jpg

 山里を降りてきて都市型の町のきわのこの場所も多用な色の変化をもっていました。

PC020056.jpg

 山を降りてきてもうここは平地がはじまる場所ですが、目を奪うおおくの色をもった裏庭のような山の紅葉が見えました。

PC020059.jpg

 池田市の五月山公園もきれいに紅葉していました。無料の動物園があって、ヒツジとかウォンバットとかアライグマとかに出会えるのね。


▼このあたりの山里を散策しました。右回りコースで。

より大きな地図で 北摂・紅葉ツーリング 2012/12/3 を表示

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top