HOME   >>  書評 マンガ論、サブカル論  >>  『大人になれないまま成熟するために』 金原 瑞人
03 18
2012

書評 マンガ論、サブカル論

『大人になれないまま成熟するために』 金原 瑞人

4896918568大人になれないまま成熟するために―前略。「ぼく」としか言えないオジさんたちへ (新書y)
金原 瑞人
洋泉社 2004-10

by G-Tools


 ブックオフの百円本で買ったからか、ほとんど読む価値のない本に思えた。読んだ本はたいてい赤線を引くのだが、この本は引く価値もないと思った。

 なんらかの問題意識もあったのだろうが、どーでもいい。感想も書く必要もないと思うのだけど、マイナスの意味でのこしておこう。

 50年代のアメリカ文化、70年代の日本の若者文化を語られていて、けっしてなんの参考にもならない本ではない。サブ・カルチャー、大衆文化の流れが読める本である。

 だけどそれ以上でも以下でもない。問題意識もともに考えようという意欲もわかなかった。それだけの本でしょう。


関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top