HOME   >>  書評 ビジネス書  >>  思考の欠点とは―『図で考える人は仕事ができる』 久恒 啓一
02 11
2012

書評 ビジネス書

思考の欠点とは―『図で考える人は仕事ができる』 久恒 啓一

4532193141図で考える人は仕事ができる (日経ビジネス人文庫)
久恒 啓一
日本経済新聞社 2005-10

by G-Tools


 図解についての本ははじめて読んだのだが、期待は高まったが、この本では自分で使う図解の技術はほとんど身につかない。宣伝文ばかりで、使ってみたいと思わせるのだが、そのまま終わってしまうのは唖然とした。

 実践編がべつに出ているようだが、このような本を読む人はじっさいに身につけたいから読むのであって、宣伝や解説だけではない。みごとな肩すかし本である。

 ただし、文章で考える思考の欠点や特徴がみごとにあぶり出されていて、その点を読むには価値のある本である。だからタイトルは「図解思考で見えてくる文章思考の欠点と特徴」としたほうがまちがいはないと思う。

 思考のなんたるかをわかっている人に書かれた本であることはまちがいない。文章思考の欠点は思考じたいの欠点もあらわすから、思考の問題点を考えたい人には深い材料を提供することだろう。わかるとはどういうことか、一考に価すると考えさせられる。

 文章思考の問題点というのは狭いトンネルを歩いているようなところがあって、「虫の目」、あるいはモグラの目しかもてないと指摘されている。ほかの関係やつながりが見えないのである。

 対して図解思考は「鳥の目」をもち、鳥瞰図的な視点からながめられ、一目瞭然であり、全体像をつかめるという。文章というのは蟻のつながりをたどるようなところがあって、ひとつひとつたどっていたらほかの全体は見えないし、時間もずいぶんたってしまう。これはわたしもよく感じることである。図解思考はその欠点を補えるという。

 文章思考のこういう欠点を教えてもらったのはクリシュナムルティという宗教哲学者だった。思考の欠点を考えつづけた人だ。クリシュナムルティは思考で一瞬の理解はむりだといった。思考の静まったところにしか全体の理解は得られないといった。

 ほかに文章は位置関係を表すことが苦手だ。道を聞くのでも言葉で聞くより、地図をみたらひと目でわかるようなものだ。俯瞰的な視点を地図はもつのである。文章が地をはっているとしたら、地図=図解は鳥のような鳥瞰の目をもてるということだ。

 概念の説明にはその細部の詳細をのべるにしたがってわからなくなるということがある。ほかの似たものや別のものとの比較によって理解が進むケースがある。比較という方法は図解が適しているそうだ。

 文章というのはつながりや関係を表すのが苦手で、そのキーワードが大きいか小さいか、どの情報の質が高いか低いかも表しにくい。図解はそのような遠近的な見方を得られる。

 わたしは文章思考でものを考えてきて、ブログ記事の論理も言葉をつみかさねることで解明を図ってきたのだが、この方法しかもたないとそれを対象化・客観化する機会は少ない。図解思考の方法を知って、あらためて文章思考の欠点や特徴を垣間見せられた。比較によって思考の方を鳥瞰する目を与えられた。もうすこしこの文章思考の欠点や特徴について考えを深めたいと思った。

 図にすると次のようになる。ちょっと重複や整理ができていないが、まあ思考と図解の対比はアバウトにこのようなものになる。

zukai.jpg
▲文章思考と図解思考の対比。

 テレビで専門家にコメントが求められる。わかるように説明してもらいたいと人々は思っている。情報は膨大にあってもそのつながりを見つけられないでいる。その方法がわかれば宝の山に住んでいるも同然だ。物事の関係を見いだす力、関係発見力・関係構築能力が求められているというわけだ。図解思考はその方法を提供してくれると著者はいう。

 夜空の星はてんでばらばらで意味を見いだせない。しかし星座を教えられるとかたちや配置を覚えられる。星座を知る前に星空は存在しなかったのである。われわれは見ていても「見ていない」という状態があまりにも多いのだろう。つながりや関係を見つけられた人だけがその意味を知らせられる。

 まあ、図解思考というのは単純化とか本質をつかむ方法が必要ということなのだろう。

 文章思考の欠点と特徴をひじょうに彫りだしてくれる本だが、図解の方法を身につけようと思ったらまずはムリな本であった。


▼図解本はたくさん出ていてどれがいいかわかりませんね。
頭がよくなる「図解思考」の技術図解主義!マッキンゼー流図解の技術マッキンゼー流 図解の技術 ワークブック説得できる図解表現200の鉄則―ロジカル思考をアピールする概念図はこう描く

考えをまとめる・伝える 図解の技術 (日経文庫)自分の考えをまとめる図解の技術できる人の「超」図解術 (中経の文庫)図解で思考する技術 (PHPビジネス新書)図解力の基本 ちょっとしたコツだけど、だれも教えてくれない88のテクニック

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top