HOME   >>  恋愛・性・結婚  >>  金より愛が大事というメッセージが金儲けの世の中を止めない理由
01 26
2012

恋愛・性・結婚

金より愛が大事というメッセージが金儲けの世の中を止めない理由

 金より愛が大事だというドラマや映画はあふれているが、どうしてその言葉が空疎に思えたり、現実にムリだと思えてしまうのだろう。

 たとえば『ALWAYS 三丁目の夕日』では「金より愛が大事」というテーマに貫かれているし、昭和三十年代の「貧乏でも幸せだった」というメッセージが流されている。松嶋菜々子主演の『やまとなでしこ』(2000年)では愛より金を貪欲にとる女性が主人公だったが、さいごには金より愛をとって感動を与えた。

B0014Z968WALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]
バップ 2008-05-21

by G-Tools

▲売れない作家・茶川は見ず知らずの子どもを養うために一念蜂起して芥川賞をめざすが。

B00005HW84やまとなでしこ DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント 2001-03-23

by G-Tools

▲女の幸せは金持ちの男と結婚すること。


 金より愛が大事という物語は感動したり、納得するのだが、どうしてうさんくささや上っ面のことをいっているようにしか思えないだろう。現実にはまったく効き目がない言葉がどうしてえんえんとたれ流され、感動が与えられるが、なにも変わるわけでもないのだろう。

 金より愛が大事だというメッセージはもう一段考えてみると、けっきょくは愛ゆえにもっと金を稼ごう、愛する人のために豊かな暮らしを与えたいとなってもっと金儲けに邁進する構造になっているのではないか。

 金より愛が大事だいうメッセージは金を否定したわけではなく、皮肉なことにもっと金を稼げ、金儲けに邁進しろというメッセージを発しているのではないか。

 金より愛によって選ばれた男はハッピーエンドに終わるわけではなくて、現実は良心の呵責や金がないことの引け目をずっと感じることになる。金がないことを許されたわけではなくて、金がある豊かな暮らしに程遠いことがたえず念頭にのこる。物語はそこで終わっても、現実の男はそこから生活を支えなければならない。ゆえに金より愛の物語は、現実の男に金儲けの精進道を走らせることになるのだ。

 金より愛は金を否定したわけではなく、約束や交換の信認や確証がずっと高度な約束になるにすぎないのではないか。金で選べば選択は消費やビジネスに近いかたちになり、価値や有効性が減じればかんたんに契約放棄や棄却が可能になる形態ではないのか。

 それにたいして愛で選ばれたものは価値がなくなったら捨てたり、約束を軽く放棄するというわけではない。金より大事な愛によって結ばれている。交換や契約において信認や信頼がより結束された間柄である。

 金より愛が大事だというのはビジネスや消費のように蓮っ葉でドライな契約ではなくて、より信頼感や信認を誓う関係に近いものを選べということではないのか。金で選べば、ビジネスや消費のようにかんたんに捨てられたり、契約を放棄される可能性がある、ゆえに愛を選べということではないのか。甘い綿菓子のメッセージではないのである。

 金か愛かは対立するものではなくて、愛は金をドライブするものだと指摘していたのは岸田秀である。『性的唯幻論序説』のなかで資本主義というのはセックスを買うためにどこまでも金儲けするシステムになっているのだと指摘した。男はセックスを買うためにどこまでも稼がなければならなくなった、それが飽くなき資本主義の根本エンジンなのだと暴いてみせた。

4167540118性的唯幻論序説―「やられる」セックスはもういらない (文春文庫)
岸田 秀
文藝春秋 2008-09-03

by G-Tools



 終身婚の時代には女のセックスを買うためには男には生涯の生活扶養が必要である。この女性の生涯にわたる禁欲と貞節を手に入れるためには生涯の生活を保障しなければならない。それでどこまでも金を稼ぐ必要が生まれ、資本主義は止まらないというわけである。

 ドラマや映画は金と愛は対立するものだと説く。じつは愛を手に入れるために、愛を守るためにどこまでも金を稼ぐ必要が生まれたのが現在の終身愛や終身婚がうたわれる世の中ではないのか。

 金と愛が対立するものと描かれるのは、愛を手に入れるためには金を稼がなければならないということであって、金より愛だけが大事だといっているわけではない。愛を選ぶから金がもっと必要だ、稼がなければならないということではないのか。

 金がないことが愛を燃焼させてもっと金を儲けたいという原動力に火を点けることなのである。

 なるほど金より愛が大事だというメッセージはいっこうに社会を変えないで、金儲けの世の中をどこまでもつづかせるわけだ。


関連記事
Comment

女の幸せは

女の幸せは金持ちの男と結婚すること。
というより「自分のナルシシズムな世界を維持し続けること。」のように思えます。
「金持ちの男との結婚」がそれを有利にしてくれる。

欲求階層説に基づけば愛もお金も人間には必要らしい。ともすれば愛とお金を比べること自体おかしい

金が無い、愛が無い。
誰か私に愛をくれ。
次に金をくれ。

君、良い体してるね。
自衛隊が君を愛している。
一石二鳥、イヤ三鳥だ。
資格も取れるぞ、飯もある。
災害が多くてね、君が必要なんだ。
来てくれたまえ、両手を広げて待っているぞ。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top