HOME   >>  書評 ビジネス書  >>  『大金持ちになる人の考え方』 デイヴィッド・J. シュワルツ
07 24
2011

書評 ビジネス書

『大金持ちになる人の考え方』 デイヴィッド・J. シュワルツ

4478732167大金持ちになる人の考え方
デイヴィッド・J. シュワルツ David J. Schwartz
ダイヤモンド社 2002-05

by G-Tools


 著者買い。デイヴィッド・シュワルツの『大きく考えることの魔術』は自己啓発の中でも出色のものと思っているので、本屋で見つけたこの本を信頼買い。

 『大きく考えることの魔術』は自分を「何者」と思うかで人生で得られる果実は違ってくるとひじょうに論理的に説明しれてくれた優れた自己啓発の本である。自分をただの「作業員」と思っていると一生そのままだし、自分は「経営者」だと考えるとその境遇を得られると説いた。青写真の大切さを説いた、読まないと損になる部類の本だと思う。

 わたしの書評です。 『大きく考えることの魔術』 ダビッド・J・シュワルツ

 
4788907186大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある
ダビッド・J. シュワルツ David J. Schwartz
実務教育出版 2004-09

by G-Tools


 ただこの『大金持ちになる人の考え方』はその本のように度肝を抜かれた本には達していないと感じられた。なみの自己啓発書に思えた。いい名句はいくらかあったのだが。よいことばをいくつか引用。

「あなたが夢を選ぶとき、「私は自分の夢を実現することで他人にどれだけ満足感を与えることができるだろうか?」と自問するといい」

「最大の誘惑とは、、性欲や金銭欲、窃盗、虚言ではない…。最大の誘惑とは、せせこましくて嫉妬深くてネガティブな人たちのつまらない価値体系を受け入れることだ」

「自分の人生で大切なことに的を絞れ」。「人間関係や家族、仕事、お金、目標などの分野で本当に大切なことに集中しろ」

「冒険をしなければなにも得られない」。「完全に安心するには、銀行に預けているお金を全部引き出して(銀行がつぶれる恐れがある)、…車の運転をやめる(事故に遭う恐れがある)、…人々がリスクを完全に避けようとすると、誰も就職せず(仕事が得られない恐れがある)、…異性をデートに誘わず(断られる恐れがある)、会議で話をせず(笑われる恐れがある)、注文をとらない(見込み客がノーという恐れがある)」。「リスクを避けることよりも、むしろ失敗にどう対応するかのほうが重要だ」

「少し多めに与えれば、あなたは好かれる。期待より少なめに与えれば、誰かに憎まれる。人は誰でも、自分が交渉したよりも多くのものを手に入れることを好む。…払ったよりも少ないものしか手に入らなければ、あなたは怒り、プライドを傷つけられ、自分をだました相手の悪口を言いたくなるはずだ」

「賞賛に値するのは、実際に行動した人物であり、汗と血にまみれ、勇敢に戦い、何度も間違いを犯して成功にまで手が届かなかった人物であり、熱意を持って身を捧げ、有意義な目標に向かって全精力を使い、たとえ失敗したとはいえ果敢に挑戦した人物である。その人物は、勝利も敗北も知らない臆病者たちとは一線を画している」

「成功する人は、「自分が何をするか」ではなく、「人に何をさせるか」を考える」

「成功者とは、空想を行動に移した夢想家のこと」


大きく考える人が成功する 大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある 心の力の魔術―驚くほどの富と幸福が得られる成功法則 イヌが教えるお金持ちになるための知恵 なぜ、この人たちは金持ちになったのか - 億万長者が教える成功の秘訣
by G-Tools

関連記事
Comment

考え方が道を変える

私も派遣の仕事を首になり全て無くし考え方が変わってから年収800万
を超えました
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top