HOME   >>  風景写真  >>  GWにおすすめの関西の山
04 29
2011

風景写真

GWにおすすめの関西の山

 山ガールは流行っているのか流行っていないのかわかりませんね。わたしは5、6年前に大阪から関西周辺の山をガイドブック参考に片っぱしからのぼっていました。

 だいたいは千m以下の気楽な低山ばかりでしたが、いちおうはすこしの知識があります。ユニクロの普段着でのぼり、山ガールのおしゃれ着よりツワモノだったかもしれません。もし関西のいい山を知りたいというのなら、すこしのお知恵をお貸しすることができると思います。

 わたしの山登りの好きなところは遠くの山奥や人里はなれた地にきているという実感や、山間を流れる小川のせせらぎや清澄な音を聞いたり空気を感じることとか、歴史を感じさせる山間の山里や古式ゆたかな神社を味わうことなどでした。

 山頂にのぼるとか、山を征服するという楽しみはほとんどなくて、とちゅうの過程とか道すがらのほうに強く興味をひかれました。歴史や民俗、地域文化といったもののほうが魅力あると感じました。

 基本的にガイドブックのコースガイドを外れることなくたどりました。徒歩の時間や電車・バスの時間、運賃までのせられていて、たいへん重宝しました。ガイドブックひとつあれば、だれでも気軽にはじめられるのが登山・ハイキングだと思います。写真はもちろんわたしが撮りました(すこし画質が劣りますが)。


▼この三冊のガイドブックにはひじょうにお世話になりました。
関西周辺ハイキング (どこでもアウトドア)関西日帰り山歩きベスト100 (ブルーガイドハイカー)ブルーガイドハイカー26 関西里山・低山歩き


柳生街道

奈良の柳生街道はゆるやかなのぼりで小川のせせらぎも聞けてとても清清しいコースだと思います。峠の茶屋をこえると円成寺のバス停までひたすら山間の田んぼがつづきますが、人ひとりいない田んぼの風景もとても心地よいものです。

CIMG0048_20110429102442.jpg

CIMG0070_1.jpg


三草山

能勢町の三草山はとちゅうの長谷の棚田のほうが景色がいいかもしれませんね。棚田には田園の美しさが凝縮されていると思います。山にのぼらなくても棚田をたのしむだけでいいかもしれませんね。

CIMG0051.jpg

CIMG0027_20110430060252.jpg


山の辺の道

大和発祥の地を歩く徒歩コース。神体山の三輪山や厳かな大神神社はいにしえの信仰の息吹をいまにもつたえていておどろかされます。箸墓、景行天皇陵、石上神宮など古代の歴史を感じさせるものばかりです。山登りではなくて、ほとんど平地の歩行ですが、歴史への興味を新たにそそられるかもしれませんね。

CIMG0035_1.jpg

CIMG0016_1.jpg


赤目四十八滝

自然の美しさを感じるならこの赤目四十八滝は外せませんね。滝の博物館みたいなところです。近鉄上本町から65分、それにバス10分、帰りのバスは30分。時間の余裕をもって出かけたいところですね。奈良の山奥、秘境という雰囲気がありますね。観光気分だけではのぼりはけっこうきついかも。

CIMG0011_20110429102356.jpg

CIMG0083.jpg


東お多福山

芦屋川からのぼり、荒地山をこえた東お多福山の景色はすばらしかったです。大阪湾をみわたしてはるか和歌山までのぞめました。北摂や大阪の市街地、神戸の海側などが展望できました。晴れた日でないとがっくりくるかもしれませんね。

CIMG0081_20110429102356.jpg

CIMG0110.jpg


蓑作山・太郎坊宮

滋賀県の太郎坊宮は奇怪な石の山と、それが神として祭られた信仰の山として特異な景観をかちちづくっています。原始的な巨岩信仰がいまも生き残っていて、そのスケールや神秘さに圧倒されると思います。原始的な信仰はいまも終わっていないと思い知らされると思います。

CIMG0033_20110429102357.jpg

P6110218.jpg


曾爾高原

曾爾高原は一大秘境のリゾートという感じですね。鶴橋から電車で一時間、行きのバスが40分、帰りのバスが50分。バス代がけっこう恐ろしい距離ですからそうそうはいけませんよね。わたしはバイクにのるようになっていきましたが、風景はすばらしいものがある一面、意外とこじんまりと小さい印象もうけました。もっと大平原が秘境にひろがっているイメージでしたが、意外と小さい平原と感じるかもしれません。でもこんな景色はめったにあるものではありません。

P5230008.jpg

P5230016.jpg


八幡山(鶴翼山)

近江八幡市の八幡山はあたりの田園の風景と集落の集まりがすばらしかったです。このあたりは水田の規模がかなり大きいみたいですね。近江八幡の古い水郷の町の景色もいいですし、津田山からの琵琶湖のながめもすばらしいものがあると思います。



CIMG0088_20110430060252.jpg

P6110158.jpg


安土山・繖(きぬがさ)山

琵琶湖湖東の安土山にはもちろん信長の安土城跡があります。ふもとには秀吉邸宅跡などがあり、歴史好きな人にはたまらないところでしょう。繖山からは広大でゆたかな田園地帯がのぞめます。このあたりの水田はほんとうに豊かさと広大さを感じさせます。

CIMG0088.jpg

CIMG0076_20110430060137.jpg

CIMG0035_20110430060137.jpg

■あと写真はないのですが、武庫川渓谷とか犬鳴山とかおすすめですね。武庫川渓谷は廃線のたいらな道を巨岩の渓谷をたのしめますし、犬鳴山は小川のせせらぎや神秘的な不動明神がいいですね。

関連記事
Comment

この写真たちは、うえしんさんがご自分で撮られたものですか。私は都心(とはいえ周辺部)住まいなのですが、とても良い景色ですね。

はい、この写真はすべてわたしが徒歩で撮りました。画素数の少ない荒い写真で残念だと思うのですが。

関東には景色のいいところはたくさんあると思いますよ。関西にくるときはこのハイキングコースを参考にしてください。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top