HOME   >>  書評 ビジネス書  >>  『自信がつく 話し方教室』 (『話し方入門』?) デール・カーネギー
01 26
2011

書評 ビジネス書

『自信がつく 話し方教室』 (『話し方入門』?) デール・カーネギー

03354957.jpgD.カーネギー 自信がつく 話し方教室 (知的生きかた文庫)
(1985/06)
デール・カーネギー

商品詳細を見る


442210053X話し方入門 新装版
D. カーネギー Dale Carnegie 市野 安雄
創元社 2000-09

by G-Tools



 デ-ル・カーネギーのどの本を読んでも失敗がないとこの本でわかった。『道は開ける』、『人を動かす』、この二著ともとても有益で得るものが大きかったし、読まないことは損失だと思う。ただ実例を多く述べているのでリアルな実感を残すのだが、あとで要点をまとめるときにちょっと苦労する。

 この本はスピーチについてのべた本で、ふつうの会話の本ではない。ハードカバーで出ている『話し方入門』とまたべつの本だろうか。スピーチについて語っている本なのでおなじか、または編集が違うのかも。

 人前でスピーチをすることに恐怖を感じている人は多いのではないだろうか。カーネギーは多くの人がその恐怖を克服して人前でスピーチができるようになった実例をたくさんのせて、自分もできるかもという気もちにさせる。

「自信をもって立ち上がり、自分の考えや気持ちを聴衆に聞いてもらうときの満足感、喜びはどんなものか感じてください。…それは自分の力を感じる喜びだからです。…要するにあなたはリーダーたるにふさわしくなれるのです」

「人前で話すことに対する恐怖心を克服すると、自分の行動全てを非常に高く評価できるようになります。人前で話すことが怖くなくなれば、自分自身の殻を破って、より豊かな充実した人生を送れるようになるでしょう」

「話し方の訓練が、人間の恐怖心や劣等感を取り除く最も有効な方法だということが、私にはあまりわかっていませんでした。…なぜなら人前で話すということは、自分の恐怖心と闘うことだからです」

 スピーチや人前で話すことを恐れるようになるとどんどん引っ込み思案になって人間関係でも引きこもりがちになる。カーネギーは要は「慣れ」で、やったことがないことはどんどん恐ろしくなるものだといっている。どんどん慣れてゆく場をつくることが大事だそう。それとなんといっても自分は絶対にできるようになるのだという熱意。

 どんな内容の話を話すか、どのように離すかという題材はスピーチのみならず、物語や広告にも応用できるような話だった。意外にも人はその人が個人的に経験した話に興味をもつもので、その人しか体験したことがないことに興味をもつらしい。スピーチとなれば哲学とか観念論とか大上段な話をしなければならないと思い込むものだが、人はそんな話は退屈だと思い、個人的な体験に興味をもつものだ。

 スピーチがおもしろいかどうかはその人がそれをどれだけおもしろいと思っているかにかかっている。自分が熱中していることに観客は興味をもつものだ。これはスピーチのみならず、ブログでも創作でも、会話でもそうだろう。

 「言葉で絵を書け」という項目も鋭い指摘だ。具体的にイメージできるものを話したほうが効果的だ。「犬」というのではなく、「ブルドック」、それも「ぶちのブルドック」といわれたほうがよりはっきりイメージされる。シェークスピアは視覚的な言葉の羅列をつかったし、村上春樹の楽しい比喩も視覚的である。人は即物的なイメージをいちばん思い浮かべやすいものである。

「スピーチするために聴衆の前へ出ていくときには、いかにも楽しいことが始まるぞという足取りで歩いてください」。この態度や構えが話の内容や好不評をあらかしめ決めているといえるかもしれない。

 人間にとっていちばん興味のあるものはなんだろう。もちろん自分自身だ。人はだれでも自分自身のことを四六時中考え、そして自己の利益を追求するものだ。『人を動かす』でもいわれていたが、自己の利益の手伝いをすることが人を動かすコツで、うしろから押しても動かないものである。聴衆の「自分自身」に訴えかけるものをのべなければならない。

 前置きを省くことものべられている。いいわけがましいことをいい勝ちになるが、人はスピーチにおもしろい話や役に立つものをのぞんでいるもので、不足かどうかは話している中でわかることだ。話の核心から入れということである。

 カーネギーの本は失敗がない。かならずなんらかの有益な知識をつけたしてくれる。実例がふんだんに用いられ、説得力と実感をたっぷりそそがれる。読んで損なし。とくに悩みを断ち切れなかったり、打たれ弱いと思っている人はぜひとも『道は開ける』は読むべきだ。社会人の必読書のようなあつかいをうけて、逆に反発を感じる向きもあると思うが、読んでまちがいのない本だと思う。


わたしの書評です。
 『道は開ける』
 『人を動かす』

道は開ける 新装版話し方入門 新装版人を動かす 新装版リーダーになるために 新装版ハンディーカーネギー・ベスト (3冊セット)

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top