FC2ブログ

HOME   >>  ネット関連  >>  ありがとう、さようなら、リサーチアルチザン
05 25
2010

ネット関連

ありがとう、さようなら、リサーチアルチザン



 今月の28日にアクセス解析のリサーチアルチザンがなくなってしまいます。リサーチアルチザンはスグレモノの無料アクセス解析で、ながらく愛用してきましたが、残念なことにサービスは終了してしまうということです。

ar_convert_20100525084836.jpg

 アクセス解析はブロガーにとっての「眼」のようなもので、劇場のお客さんがどれだけ見にきていてくれるかを測るたいせつな役割をはたしています。アクセス解析がなければ、劇場の入りが見えなくなってまるで目隠しをして劇場でひとりでしゃべっている状態になります。

 でもむかしホームページをやっているころはアクセス解析がなくて虚空にむかってしゃべっている状態がふつうで、だれか見にきてくれているのかさっぱりわからない状態でホームページを更新していました。増えたのか減ったのかどれくらいの人が見にきてくれているのかまるでわかりませんでした。アクセスカウンターだけがゆいいつのたよりです。むかしわたしは一日ごとにカウンターの数字を書きとめていました。それで増えたか減ったか確認していたわけです。アクセス解析がないという状態はふたたび目隠しをされて劇場でしゃべっている状態に逆戻りです。

ji_convert_20100525090119.jpg

 どれだけ好評なのか、あまり好評でなかったのか見えないとブログを書いてる手ごたえも、見られている実感もわいてきません。アクセスが増えたとか、読んでくれる人が増えたとか、そういうことがひと目でわかるアクセス解析はブロガーにとってなくてはならないものだと思います。

pe_convert_20100525084728.jpg

 わたしにとってとくにページごとのアクセス数がわかる分析が必要でした。新しく書いた記事は人気が出たのか、どれくらいアクセスがあったのか、見てくれたのか、そういう情報がわかる解析はわたしにとっては死活問題といえる重要な情報でした。好評だったのか、不評だったのか、どれくらいに感触があったのか、これがわからないとわたしの努力や期待は宙を舞ってしまいます。ページアクセスの情報は人気のバロメーターだったわけです。お、この記事はアクセスが増えたけどなんでだろうと調べてつぎの記事に反映させることもできます。アクセス解析には人気ページ分析がないものもあって、そんな解析なんてなんの用もたさないと思います。

ho_convert_20100525085130.jpg

 この情報もけっこう大事でした。法人や大学のアクセスが文字の大きさで測れるという分析です。東大とか早稲田とか京大とかのアクセスがあったらうれしく思います。このサイトは大学のアクセスが多いんです(自慢)。わたしなんて高校のころはまるでそんなハイレベルの大学なんていけない成績でしたから光栄です。まあ、教授ではなく学生のリポート作成にコピーされているだけでしょうが(笑)。新聞社や出版社、テレビ局のアクセスがあったらわかりますし、衆議院や官庁からのアクセスがあったらなにが目的なのか疑ってしまいます。まあ、この情報はたんなる「へえ~、そんなところから見にきてくれているのか」という感想だけで終わる雑学にしかすぎませんが。

ke_convert_20100525085015.jpg

 検索ワード解析はどっと検索が増えた言葉がわかって便利ですが、わたしはあまり参考にしなかったかもしれません。検索ワードにひっかかってゆく記事づくりをめざしていたわけではないので、これも「へぇ~」情報ですね。意外に増えた検索ワードはなぜなのかと調べる契機にはなりますが。おもしろい検索ワードがあったりしたら、リンクをたどってその検索を楽しんだりして勉強にもなりました。なによりそういうリンクをたどってみると、自分のブログを他人の目で見てみるという客観視ができてなかなか役にたつ経験になると思います。

li_convert_20100525085056.jpg

 こちらはリンク元情報ですね。リンクでアクセスが増えたときすぐわかります。はてなブックマークとかはてなアンテナ、リーダー、リンクしてくれたブログ記事などからのアクセスがひと目でわかります。ブックマークが増えたときはひじょうに参考になります。お、アクセスが増えたな、なんでかなと理由をさがすとブックマークが増えたり、人気のあるブログにリンクされていたことなどがわかります。貴重な情報なわけですね。これはボーナス情報といっていいかもしれませんね。リンク元は好評だったボーナス情報をあたえてくれるというわけですね。

 リサーチアルチザンは毎日見るのを習慣にしていました。自分のブログのアクセスが増えたのか減ったのかはひじょうに気になる情報ですしね。アクセス解析は自分の顔を鏡で見る、自分は人にどう見られているのかといういうことを気にすることと似ていると思います。他者の眼、他人にどう思われているかをたえず気にする習慣といっていいと思います。目隠しをして劇場でしゃべっている状態はある意味他人の眼や反応を気にせずにしゃべれるというよさもありましたが、やっぱり観客の反応や態度は気になるものです。自分の顔を毎日鏡で見つづけるようなものですが、そうやって他者の眼を気にすることによって自分のフィードバックを高めてゆくことになるのだと思います。

 もっとも他者の反応や評判ばかりを気にしすぎると自分をつぶしたり、自分の好きなことおもしろいことができなくなってきて、内容やモチベーションが枯渇して行くという危険もありますが。人の好評だけをめざしていると世間にとっての「よい人」「人畜無害な常識人」になって、つまり「世間受けする仮面(ペルソナ)」だけをかむって真の自己を生きられなくなります。自分の好きなこと、おもしろいことのアンテナは他者の反応より大事にしなけれならない局面はひじょうに大事なのでしょうね。

 アルチザンはなくなれば自分の眼や探索アンテナというものをうしなうことになると思います。もちろんアクセス解析はほかにもいろいろありますが、やっぱりアルチザンのアクセス解析はひじょうに役にたってきましたし、自分の習慣にすっかりなじんでいて、なくなることはひじょうに残念です。このような高度なサービスを無料で維持することはできなくなったということでしょうが、残念です。

 どこのアクセス解析がいいのかなかなかいいところがみつかりません。google analyticsなんて複雑すぎてなんなのかさっぱり使い心地がよくありません。忍者ツールズはむかしホームページ解析に使っていたのですが、一ページごとにタグを貼りつけてたいへんでした。いまのところめぼしいところが見つかりません。むかし選んだいちばんいいところがアルチザンだったわけで、このサービスに匹敵するアクセス解析はなかなかないということなんでしょう。

 しばらく目隠し状態で劇場を見わたす眼がなくなるかもしれませんね。そのあいだに読者の眼や好評を気にしない放漫、わがままな姿勢に徹することにしましょうか。もともと読者の反応や期待に答えるブログでもなかったと思いますが(笑)。

 ありがとう、さようなら、リサーチアルチザン。

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top