HOME   >>  バイク・ツーリング  >>  紅葉見納めの北摂・星のブランコ・ツーリング
12 07
2009

バイク・ツーリング

紅葉見納めの北摂・星のブランコ・ツーリング



 そろそろ紅葉の季節は終わろうとしていますね。赤さびた紅葉や落葉してしまった樹木はとたんに魅力をうしなってしまいますね。

 去年の秋ぐらいからはじめて紅葉の美しさに目覚めたのですが、私の美的感覚と世間の紅葉ポイントはどうもズレているようです。世間では寺社仏閣の紅葉が鑑賞されますが、私はひたすら野山の紅葉に感動していて、ほとんど見向きもされないようなポイントに感激してていいのかという違和感がきざします。 

 感動が共有されないのではないかという気持ちがあります。世間はどうして山の紅葉に感激しないのかと思いますが、見慣れたものであったり、野山は鑑賞ポイントが集約されないということがあるのかと思ったりします。

PC050001_convert_20091207042305.jpg
箕面の山あたりもきれいに紅葉していましたが、二輪禁止道路がおおく、満足に見ることもできません。暴走するためではなく、自然鑑賞のために訪れるライダーのことも考えてほしいと思います。

PC050006_convert_20091207042500.jpg
池田市の五月山あたりを北上するとここらの山もきれいに紅葉していました。山のキワあたりは紅葉しやすいのかもしれませんね。

PC050022_convert_20091207042639.jpg
北摂・豊能町あたりののどかな風景。大阪も北摂になると町並みが一変して山間の農村風景に囲まれます。穏やかでのんびりした時間が流れています。山間部はさすがに冷え込みが強く、メットが曇ってシールドを上げなければ前が見えません。

PC050013_convert_20091207042543.jpg
常夜灯ですが、これは火とか土とか地球の元素を象った宗教的石像なんですよね。それぞれの石はなにを意味しているのでしょうか。

PC060044_convert_20091207042842.jpg
交野市のほしだ園地もきれいに紅葉していました。ここの紅葉は柿葉といったほうがいい色合いですが、写真というのは目に写った色とすこし違ってくるようですね。

PC060059_convert_20091207043227.jpg
ほしだ園地には星のブランコというつり橋があって、このまわりの紅葉の美しさもすばらしいものがあると思います。この山の向こうは広大な大阪市街が広がっていて、山のキワは紅葉が美しいのかなと思います。

PC060069_convert_20091207043523.jpg
つり橋といってもたんなる遊戯用につくられたもので、山間の生活通路としてのつり橋ほどに意味はないと思います。スリルは味わえますが。このつり橋も駐車場も四時に閉まってしまいますので注意を。

PC060050_convert_20091207042936.jpg
つり橋からの紅葉の風景。やっぱりここは柿葉といったほうがいい紅葉です。

PC060055_convert_20091207043032.jpg
つり橋からしばし見惚れる柿葉の光景。しかし人がイメージする紅葉の「赤」という範疇からは外れる色合いですね。緑色の信号を青信号というのと同じズレが見られますね。

PC060062_convert_20091207043338.jpg
展望台からは京都方面、男山や天王山も見渡せます。ここはちょうど大阪と京都の境目で、桂川や木津川が合流して淀川となるあたりですね。交通の要所でありました。



より大きな地図で 2009-12 北摂・星のブランコ・紅葉ツーリング を表示

関連記事
Comment
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top