HOME   >>  恋愛至上主義社会論  >>  アンチ恋愛結婚イデオロギー
11 22
2005

恋愛至上主義社会論

アンチ恋愛結婚イデオロギー


 恋愛は無条件に献身的な愛をささげるものだと思われている。それに対して結婚は経済的・社会的な機能を補完するものである。こんにち、恋愛結婚とよばれるものがあまりにも経済主義的・功利主義的になったために若い男女は逃走したり、ひきこもったりすることがかなり多くなってきた。

 無条件の愛を経済功利主義とくっつけようとするから、ぎゃくに若者の憎悪をみちびくのである。あなただけを愛するといっても、じつは年収や身分を狙っているとするのなら、恋愛を美化する男には噴飯ものだろう。ロマンティック・ラブは功利主義を許さないのである。

 女性の約3割が年収400万を期待しており、約4割が600万以上希望、あわせて7割が400万以上をのぞんでいる。それに対して男性の約3割が年収200万以下、約4割が400万以下、トータルで7割が400万以下という東京都の未婚男女のデータがあらわすように、女性は経済功利主義でしか男を見ていない。これは恋愛というよりか、経済活動もしくはより有利な就職活動といったほうが近い。恋愛のイデオロギーはここで破産している。というか男女双方の憎悪をみちびくだけである。

 おまけに男の約6割が結婚のデメリットとして、自由に使えるお金が減ってしまうことをあげている。女性は約4割。若者は確実に恋愛や家族に消費するより、自分に消費したいと思っているのである。そのラディカルなあらわれが、アニメ・キャラに萌えるオタクである。かれらは愛情や性欲を現実の人間関係に求めることをすでに拒否してしまったのである。若者のいくらかが過剰に金を消費しなければならない恋愛の矛盾や欺瞞にいや気をさしていることだろう。

 恋愛感情というのは一時的なものであり、愛情は醒めたり、変質したりするものである。それを経済的な機能である終身的な結婚と結びつけたとき、なにが起こったか。愛への不信と憎悪、拒否がもたらされ、離婚の増加と晩婚化がすすんだ。崇高で無条件な愛が、経済的打算で計算される幻滅を味わわなければならなかったのである。

 90年代に「純愛ブーム」が起こったとき、一方では「三高ブーム(高収入・高学歴・高身長)」が起こった。恋愛結婚への経済功利主義に対する不信という流れで見てみると、これはシャブのように切れる効き目を何度も打ち直さなければならかったということが見えてくる。カネにとち狂っているのに、一方ではこれは「純愛」だと何度も主張しなければ自らを納得できなかったのだろう。恋愛結婚と功利結婚はここで必死に抗争していたのである。

 恋愛信仰はここで徹底的に商業化され、「恋愛資本主義」として「マスコミ・ファシズム」が起こることになった。「恋愛しろ」「セックスしろ」「彼氏・彼女がいなのは恥である・人間ではない」「恋愛しないものは人間にあらず」「童貞・処女であることは恥である」といった強迫めいた雰囲気が社会をおおったのである。恋愛資本主義は強迫と強制をともない、若者の不安を煽情することによって、巨大な「ファシズム・マーケット」として成熟したのである。

 強迫されたものは同様にだれかを強迫しなければ癒されない。恋愛マーケットに脅された人びとはオタクをターゲットにしたのである。犠牲者は犠牲者を生み出したのである。恋愛の強迫めいた商業活動に従事した者たちは、恋愛や性欲を自分の消費のみで満たそうとするオタクたちを異端の徒として非難したのである。かれらはともに「恋愛ファシズム・マーケット」の犠牲者たちなのだろう。若者たちはこの絶望と荒涼としたファシズムの嵐のあとになにを見い出すのだろうか。

 80年代に「女子大生ブーム」が起こったあと、「女子高生ブーム」にまで降りてきて彼女たちの一部は「援助交際」をおこなった。恋愛や性は商品化され、性を売買することに罪悪感や羞恥をもたない女の子をうみだした。

 というよりかこれは恋愛結婚のとうぜんの帰結である。女性はみずからの恋愛と性を資産として売買してきたのである。ジョシコーセーは「みんながやってることなのになぜ悪いのか」と思ったことだろう。恋愛結婚は隠蔽された個別的な商取引といえるが、彼女たちはそれを市場で切り売りしたのである。恋愛のみならず、自分の性すら商品化されると知ったとき、彼女たちは恋愛=処女の価値のイデオロギーなどちっとも信じなくなっていたのだろう。

 恋愛結婚イデオロギーなんてもう死んでしまう必要があるのかもしれない。私たちは新しい認識を必要としているのだろう。あるいは恋愛と結婚を完全に切り離して、べつべつのものと考えるべきなのかもしれない。結婚とは恋愛ではなく、経済取引であり、かつ功利主義なものであると。でないと恋愛の至上性は私たちを傷つけるだけである。結婚しない男女を増やすだけである。私たちは恋愛結婚というイデオロギーのために現実をあまりにも見誤ってしまうのである。

日本の童貞もてない男―恋愛論を超えて478850490111.jpg掟やぶりの結婚道―既婚者にも恋愛を!

関連記事
Comment

そうそう。そのとおりですよ。
おっしゃることごもとっも!

だって、政略結婚とかいいなづけ婚とかなら、そもそも離婚という概念自体が出てこないだろうし
恋愛と結婚が別だという認識が一般化すれば、不倫と浮気は全然別の概念になるしね。

大体、一夫一婦制で不倫や愛人を認めない社会なんだから、人口が減少するのは当たり前です。日本は、自ら人口滅亡の道を歩んでいるのです。バッカだなぁw

少子化対策として、選択的一夫多妻制の導入もしくは不倫・愛人・2号さんの合法化を導入すべき。
決して多夫多妻ではない。理由は生む性と生ませる性の違い。

ですね
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top