HOME   >>  バイク・ツーリング  >>  秋の信州ツーリング計画
09 22
2009

バイク・ツーリング

秋の信州ツーリング計画



 いまは長野県の飯田市というところのネットカフェにいます。出発して四日目の早朝です。秋の大型連休を利用して大阪から信州の雄大な山並みをみるリベンジです。私のバイク・ツーリングはもうキャンプはムリで、ネットカフェに泊まるしかないようです。

 いちおうの目的はビーナスラインにしていましたが、最高にたまらないところでした。感動しました。ビーナスラインはきてよかった、こんなにすばらしい景色はないと思いました。2000メートル近い山々の高原はすばらしい景観をかたちづくっていました。松本盆地も一望できるすばらしいところでした。また後日、写真をアップしたいと思いますので、お楽しみください。

 こんかい、関西の山中はだいぶ見慣れてきたので、名阪国道でショートカットしました。名阪国道は天理と亀山をむすぶ高速道路なみの無料道路で、いままで高速道路を敬遠してきた私は初体験です。名阪は緑の看板ですから、まちがって高速に乗って料金を支払わされるのはコワイと思って入れませんでしたし(笑)、高速のスピードに乗れるかという不安がありました。

 国道なのに高速道路みたいなヘンな道路で、スピードは高速並み、けれど白バイや覆面の取り締まりはやっているといういやな道路です。流れに乗って100キロを出すと風が強い日だったので、風圧でメットが飛びそうになり、顔をいがませながら(笑)、なんとか走破しました。高速というのは流れに乗り追い抜くプライドとスピードを恐れる闘いだという感じがしました。うーん、やっぱり高速は怖い(笑)、景色をたのしむ余裕もありませんですしね。

 一日目は山上にある岐阜城の景色に感嘆しながら日が暮れました。岐阜市のネットカフェに泊まりました。ネットカフェは野宿のように泊まる場所を探す不安はありませんが、自然の中にとけこむというロマンはありませんし、市街地を拠点にしなければならないという弱みがありますね。NonstopTubeでチャートなど聴きながらうつらうつらしました。

 夜が白む早朝に出ましたが、九月の早朝はさすがに冷えます。爬虫類のように日が照って体があたたまるまで下手に山中に入らないようにしないと、山中の寒さにはやられます。市街地のあたたかさに感謝するといのはバイク乗りにしかわからない感覚かもしれません。

 岐阜の21号線で横切って、19号線で松本をめざします。中仙道の馬籠宿や妻籠宿などを通るわけですが、まあ観光化・商業化されていますから感動はあまりありませんね。島崎藤村の故郷ということですが、「木曽路はすべて山の中」という本人の言のとおり、まったく奥深い山の中ですね。

 御嶽山や乗鞍岳を間近にみながら走りましたが、私が期待する雪をかむったアルプスのイメージは夏秋にはまだ見れないのでしょうね。なんど白川郷や糸魚川下りとかをしてもアルプスの雪の山岳が見れないので、リベンジしにきたわけですが、季節がらムリだということがやっと理解できました。冬のツーリングは寒さに弱い私にはムリでしょう。

 上高地の近くは通りましたが、バスに乗り換えなければならないので、惜しいけどパスしました。上高地行きはこの連休で動かないほどの大渋滞でした。

 松本はアルプス公園の景観がすばらしくよかったです。こんなふつうの公園に思えるところから、すごい景色が見れるのに驚きました。ネットカフェがあるか心配でしたが、三店ほど見つけました。千円ちょっとでいけるかと思っていたのですが、二千円ほどになりちょっと高い気がしました。

 パック料金で時間が決まりますから夜が明けない早朝に出ました。寒すぎます。山中にはとてものぼれない寒さです。寒さに震えて駅で時間をすごします。夜が明けてもまだまだ寒すぎます。ビーナスラインのふもとにある浅間温泉あたりで日があたたまるまで時間をつぶします。石鹸とか別売りなので、セコく温泉には入りませんでした。

 あったかくなってビーナスラインをのぼります。美ヶ原高原の景色には圧倒されました。二千メートル近い山上の高原は圧巻です。松本盆地の風景も壮大にひろがっていて、ものすごく感動して、うれしくなりました。こんなにすばらしい景色がみれるなんて、感激もひとしおではありません。

 ビーナスラインはたしかに最高に景観が圧倒されるところです。巷間にいわれるだけの価値があるところですね。霞ヶ峰高原や車山高原のつぎつぎにあらわれる景色には圧巻されるばかりですね。地上にこんな景色があるのかというほどのすばらしさです。これは一度は見てみなければならない景色ですね。

 ただ残念なことにデジカメの電池が切れかかってきましたし、バイクライダーがものすごい群れをなして追い抜いていきますので、クルマの人たちもあまりいい気分はしなかったでしょう。バイクでの山中の追い抜きを私はできないで行儀よくクルマのうしろをついていきますが、プロライダーの追い抜き方には勉強させてもらいました。ビーナスラインはほんとうに満足しました。この景色を味わってしまうと、山中のふつうの景色がたのしめなくなると思いました。

 天気予報をみるとあさってあたりから天気が崩れる複雑な天候になりそうです。雨に濡れたくない私は先を急ぎますが、白樺湖をこえて152号線をまっすぐ下っても、ここはまったく山の中しか通らないかなりおもしろみがない道路でした。夕方になってもどこまでいっても奥深い山の中、ガソリンスタンドも集落もない山深さに不安になってきました。

 このまま下って日が沈んでも山の中だと、あわてて市街地のある飯田市のほうにおりてきました。聞いたこともない町です。伊那なら聴いたことはありますが。ネットカフェがあるか不安になってGSのにーちゃんに聞きますが、一軒あるとのこと。夜の街の明かりにネオンの明るい方向を探しますが、なかなか見当たりません。駅の商店街はとっくに閉まっています。幹線の153号線沿いに走るとどこにでもあるローサイショップの通りがあって一軒、ネットカフェをみつけることができて一安心。この書き込みをしているというしだいです。

 きょうは天候がところどころ崩れて、コースの選びかたがむずかしそうです。しょうしょう遠道でも山の中を通るコースを選ぶか、早く帰るために市街地を通るか。あまり名古屋の市街地は通りたくないのですが、雨に降られるよりかマシかもしれません。ナイトパックの時間が過ぎているので、店を出たいと思います。よい景色とまためぐりあえたらいいと思います。

 
関連記事
Comment

こんにちは。
ビーナスライン、6月に行って来ました。
車山高原の一面緑の絨毯のような景色がとても気に入りました。
ニッコウスギはまだまばらで、見るにはまだまだではあったのでしょうけれど。
リフトで登って見た景色は素晴らしく、こんな景色を見ながら日々を過ごす管理スタッフはどんな気持ちなんだろうと、うらやましくもあり、でも毎日は退屈かなと、考えたり。。。
下界でせかせか暮らす自分を思って切なくなりました。

こんにちは。

ビーナスラインはすごいですね。これはたまらないと思いました。

私的には車山高原もよかったですが、霧が峰高原の不思議な光景、美ヶ原高原の荒涼とした感じと松本の景観がよかったです。地上のものとは思えないほど感動しました。

楽園はまいにち暮らしていたら退屈になると考えて、日常を楽園にするように努力するのがいいのでしょうね。


Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top