HOME   >>  バイク・ツーリング  >>  バイクはエストレヤRSに決定。
08 05
2008

バイク・ツーリング

バイクはエストレヤRSに決定。


エストレヤ 
 カワサキ・エストレヤRS


 免許取得と同時に250ccのバイクで野宿ツーリングに出られることを計画して、ぽつぽつGoo Bikeを見たり、ショップめぐりをしてきたが、写真のようなレトロなタンク・デザインのカワサキ・エトスレヤRSを購入することに決めた。車体価格19万8千円。

 バイク選びはオールド・スタイルとかレトロ・スタイルとか、とにかくシンプルな感じのバイクを考えていた。アメリカンとかレーサーレプリカのようなスタイルはいっさい考えられなかった。私がバイク選びで考えることは、カッコよさや速さを街中で「誇示したくない」という一点に尽きると思う。そういうバイクの優越感や顕示欲はいやだ、目立ちたくない、という気持ちがオールド・スタイルなバイクに目を向かわせたのだと思う。

 私はバイクにもメカにも性能にもほぼ興味がない。モーターで動くラクな乗り物で、クルマのように駐車代とか車検代とかかからないものに乗りたい、車体価格が高すぎるという「ビンボー根性」でバイクに乗っているだけである。私のアイデンティティとしては「バイク乗り」や「ライダー」であるというものがいっさいなく、「この人たちとは違う、仲間には入れない」と思っている。性能やメカには興味がないライダーって多いのだろうか。私がバイクに求めるのは、自然の景色を見ることだけである。興味があるのは風景だけで、性能なんかどうでもいいし、速さも気にかけない。

 バイク雑誌なんか見ていてもほとんど興味が向かないし、向かう方向性がほとんど興味をもてない。だからバイク選びはなかなか困るのだが、むかしからのレトロなバイクは気をてらわないでふつうに乗れるということでターゲットになった。私にとってバイクは「たんなるモーターの乗り物」以外のなにものでもない。ライダーが憧れる方向性にまったく興味がもてない。私が気になるのはデザインだけである。

 GooBikeとか見ているとそういうオールド・スタイルで気にかかるものがだいたいはカワサキのエストレヤやスズキのST250、ホンダのGB250クラブマンあたりかなと絞れてきた。とくにGB250クラブマンの中古相場は10万台ちょっとのものが多く、狙い目だと思った。安くあげたいというのが大きな目標であった。べつに性能がいいとかスピードが速いとかどうでもいいからね。

ホンダ GB250 クラブマン ホンダ GB250 クラブマン
ST250 スズキ ST250

 しかし写真で見るのと、実物で見るのとは大きく違う。写真で気に入っても、じっさいに見てみるとどうも違うという場合が多い。写真は小さく写っているからその中だけのバランスに目が向きがちだが、実物はサイズがかなり違って感じられるし、視点の違いからでもかなり印象が変わるし、ほかのバイクとの大きさと比べるとそのよさやカッコよさも相対的に変わってくる。原付を買うとき、YB-1のバランスやスタイルはなんていいんだと思ったのだが、実物を見てみるとそのおもちゃみたいな小ささに唖然となった。じっさいに目で見てたしかめるほかない。下のバイクがYB-1であるが、写真で見るとほかのバイクと見劣りしないが、じっさいの大きさはかなり小さくて、恥ずかしくなるほどである。

YB-1 ヤマハ YB-1

 バイク屋はどこもスーパーのように黙って商品を見回るということができない。一歩店に踏み入れば、たちまち店員が食いついてくるというところばかりである。店員に気兼ねせずにあれもこれも見て回るということができないのである。だから冷やかしでいいから実物を何回も見て目をなじませるということがなかなかできない。全体の商品を見て比較・検討するという段階は、雑誌やカタログなどですませておいたほうがいいのだろうが、やっぱりバイクの印象は実物とはだいぶ違う。

 エストレヤのデザインはいいと思ってじっさいに見てみるとどうも印象が違う。横から見るとしごくシンプルで細い印象があるが、実物を上の視点から見るとタンクがかなり大きく丸っこいのである。このタンクの大きさが違うと思わせてしまう。エストレヤはふつうのシートと、ぶち切れたようなダブルシートがあるが、このダブルシートを見ていると、これはいったいどういうカッコよさを志向しているんだろうと悩んでしまう。エストレヤは女性にも人気ということだが、タンクのデザインや丸みを帯びた感じがいいのだろうが、私はいまいち細さのほうを望んでしまうのだが。下の写真のようなタンク・デザインはほんとおしゃれだと思うが、最新型なので激安狙いの私には手が届きません。

エストレヤ カワサキ・エストレヤRS

 エストレヤがいいと思ってバイク屋をめぐってみたのだが、どうもタンクの太さや丸みが違うという印象が大きくなってくる。GB250クラブマンはタンクの無骨なデザイン、激安商品の古さや痛みを見ていやになってきた。10万少しの激安商品を狙ったのだが、さすがに年代モノやボロの入ったものが多く、予算はもう少しひき上げなければならないようだ。スズキのST250はこれはビジネス・バイクだという印象を受けて早くもパス。

 バイク屋を街で見つけるという作業もなかなか難しいものである。駅前にいけば必ずあるというわけではないし、ロードサイド・ショップ沿いにあるというわけでもなし、バイク・ショップの標準的な店舗場所というのは決まっていないのである。Goo Bikeで地図を見ていってみたり、ネットのバイクショップNAVIの地図を見て探したり、ときにはやみくもにバイクショップをもとめて走ってみたり。効率のいい探し方や気に入ったバイクを見つけるのはなかなか難しいのである。住宅街のガレージ・ショップや入りにくそうな店もあったりして、バイク屋めぐりはほんと難しい。レッドバロンのような量販店はいいのだが、激安路線がないのが残念である。松屋町のバイクロードは一店一店、店員と相手をしていたらかなり疲れる。

 エストレヤを見て回って失望しはじめて、GB250クラブマンもいいかもと思い始めたのだが、前に見たエストレヤの茶色のレトロなタンク・デザインが忘れられず、売れしまったらもうなかなか出会えないだろうということで、このバイクを購入することにした。決め手はボーリングの玉を思わせるようなレトロなデザインである。車体価格が19万8千円。整備や登録代などでトータル24万となった。

 私の計画としては一週間先の盆前に納車できてツーリングができると踏んでいたのだが、なんと三週間先に納車になるということでひたすらがっくり。免許がとれたら飛び出そうと思っていたのに、またもや出足をくじかれた。それもほぼ一ヶ月先である。がく~(泣)である。

 原付でロング・ツーリングするのはカッコ悪いからと普通二輪の免許をとろうと思ったのに、しばらくは原付のYB-1くんで野宿ツーリングしなければならないようである。YB-1くんとの最期のお別れを楽しむとするか。


▼あ~、早く緑の山中にもぐりこみたい。(兵庫県北部の山中。GWの野宿ツーリングで撮影)
P5040057_convert_20080805084306.jpg


【追記】 8年後、グラストラッカーに乗り換えました。

 エストレヤと旅した8年間の思い出 2016/5/13

 ぼろエストレヤからグラストラッカーに乗り換えてよかった 2016/5/23

関連記事
Comment

こんにちは。
免許所得おめでとうございます。
これで行動半径拡大ですね。私自身250ccに乗り換えたときを思い出すと原付に乗っていたときのことがしきりに感慨深くなったものです。
バイクとは本来孤独な乗り物なのに昨今は集団でツーリングするひとが多いですね。ひとそれぞれですがやはり単車乗りは孤独が似合うと思います。うえしんさんのツーリングは深く内省していて共感を覚えます。
詩でも書いたら単車乗りの種田山頭火といったところでしょうか?

たいようさん、ありがとうございます。

ただ、教習所は卒業できましたが、私はクルマの免許がないので試験センターでの学科試験がのこっております。免許取得はまだです。問題集をやってもなかなか合格点に達せず、ほんとに免許とれるのかな~とちょっと心配です(笑)。みなさんよく覚えたものだと思います。

原付はラクにとれる免許ですが、制約が多すぎて、またクルマ社会で半人前のあつかいしか受けませんね。クルマにびゅんびゅんと抜かれ、屈辱とか、恐れを感じなければなりませんね。最近教習で勉強して初めて思い出した(?)のですが、三車線の道路ではかならず二段階右折しなければならないようですが、いままでほぼやってこなかった自分が恐ろしいです(笑)。

バイクは集団でツーリングしている連中が、連休なんかではとくに多いですね。
十台規模での団体ツーリングは「あれはなんだ」、「団体客の遠足か」と思ったりしますが、なにゆえにそこまでして団体を形成したいのか理解しがたいですが、まあ、人の好みですね。

原付でツーリングなんかしていたら肩身が狭いですし、道の駅なんて大型バイクのとなりに原付なんか止めれませんね(恥)。250ccでようやくこういう気持ちから解放されるのか、それとも感じつづけるのか不明ですが、原付からはやく卒業したいです。

私はバイク乗りとしてのアイデンティティが薄いですからライダー仲間に話しかけず、孤独に走りつづけると思います。キャンプ場もうるさそうですから、避けると思います。ひたすら景色や風景と対話しながら走ることになると思います。風景感激家というか、風景写真家みたいなものですね。空海みたいな気分で悟りをめざして走りましょうか(笑)。風景や歴史や文化についての考察が深められばいいですね。

バイクの季節。

中古を買う時の心得として、
「希望の車種は探せても、グレードや色などの細かな選択はできないぞ、それができるのは新車を購入する人の特権だ」
というものがあるのです。
今回は好きな色のエストレヤを購入できた、ということで良かったと思います。
バイクは定期的に乗ってやらないと、エンジンが始動しなくなることがあります。放置は厳禁ですね。ガソリンタンクのガソリンも劣化してしまいますからね。今はバイクの季節ですから、バイク屋さんも忙しいでしょうね。
3週間納車にかかる、という事は、
「エンジンは始動するけれど、お客さんに渡す前に一度エンジンをオーバーホール(分解・清掃・調節)しとこうかな」
とバイク屋さんの判断があるのかもしれませんね。

もっとも、単純に、お客さんが多いから納車の日数が遅れる、という可能性が一番高いですが。

黒田様、こんにちは。

バイク選びは難しいですね。
店を探して、だいたいの候補を選んで、値段を見て、店員と交渉してと、あまり思い存分、検討できたとはいい難いです。

本屋ならいまはメガ書店であるジュンク堂でほしい本のジャンルの隅から隅まで見て選べますが、さいきん自転車も大量に在庫のある量販店も出現して選びやすくなりましたが、バイクはおもに個人・零細店舗のようなものが大半で、思い存分見てから選ぶということができませんね。

もっと検討していたらほかのバイクを買っていたかもしれません。このエストレヤのタンクデザインは気に入っているのですが、それだけで選ぶのもな~とも思っていますが(笑)。

やっぱり激安のお買い得品を見つけたかったのですが、バイクの中古は安ければ安いほどいいというわけではありませんね。10万ちょっとのバイクはさすがに年代モノでヨゴレやサビがひどかったです。このエストレヤはGooBikeで気に入って、店に見にいって、ほかのバイク屋を何軒か検討してみて、先に売れてしまったら心残りになるだろうなということで、決めました。まあ、満足ですね。

納期が三週間かかるというのは、ほかのお客さんの整備とかの順番待ちということですね。パーツ交換の部品の取り寄せとか、登録代行とか、盆をはさみますので、そのくらいは見ておかなければならないのでしょうね。

うかつでした。盆の一週間くらいまでに購入していたら盆前には納車できると踏んでいたのですが、甘かった。納車できるまでYB-1で野宿ツーリングすることになりそうです。
Trackback
title>
Trackback URL
Comment form









管理者にだけ表示を許可する






google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top