FC2ブログ

HOME   >>  日本崩壊80年周期説
10 28
2008

日本崩壊80年周期説

大恐慌のサイクル理論が当たってきた



 2008年は世界的な恐慌のおこった年になるのかの瀬戸際に迫ってきた。これまで数々の恐慌の予測本が毎年、恐慌がやってくると煽っていたわけだが、経済ハルマゲドンの恐れは身近に迫ってきた。

 予測本で忘れられないのが稲村博の「カタストロフィー80年周期説」だ。稲村博はひきこもり論者の斉藤環を教えたこともあり、登校拒否や自殺の学者である。ひきこもりは以前アパシー(無気力)といわれ、登校拒否のなかで論じられていた。

 89年に出版された『若者・アパシーの時代』(NHKブックス)で稲村博はアパシーの若者が増えた時代を明治の夏目漱石の小説のなかに見出し(高等遊民)、その40年後にカタストロフィー(破滅的状況)である終戦を迎えたといっている。

 昭和の時代にアパシーの青年が増加したのは敗戦から40年後の1985年(昭和60年)ころからであり、この周期説にしたがえば、その40年後の2025年(平成37年)にカタストロフィーを迎えるということになる。大恐慌がおこった1929年から世界大戦が終焉を迎えたのは1945年で16年間、それを現代にあてはめてみると、2008年からちょうど17年後の2025年にカタストロフィーになるとされるのである。びみょうに符合するのである。

 社会というのは全体がまとまって大きな目標を追い求める上昇期と、目標を失い下落してゆく下落期をもつようである。明治のころは「富国強兵」であり、昭和のころは「経済立国」である。家の繁栄と没落でいえば、家を立ち上げた一代目の急進ぶりと二代目の家を維持する世代、お坊ちゃまの放蕩三昧で家を傾ける三代目という話をよく聞く。明治から敗戦の昭和20年までは一代25年前後とするとちょうどこの家の三代論があてはまるのである。中間点にあたるのが若者のアパシーの出現で、先代の大きな目標に従事しえなくなり、家や社会を没落にみちびくのである。

 江戸時代には伊勢参りや世直し運動が70年周期でおこっていたといわれる。サイクル論はほかにもいろいろとあって、有名なのがコンドラチェフの波といわれる景気循環の50~60年の大きなサイクルや、モデルスキーの波といわれる覇権大国の100年周期の交替などがいわれたりする。

 社会というのは勃興期と没落期を周期的にもつようである。明治のころでいえば、繊維や鉄道などの勃興期をむかえ、大正デモクラシーなどの繁栄の頂点をすぎると坂道を転げ落ちるようにファシズム植民地戦争へとむかっていった。日中戦争がおこったのは恐慌の1929年から8年目の1937年である。ドイツがポーランドに侵攻して第二次世界大戦がはじまったのは1939年である。いまから10年後にこのような不穏な状況がおこってしまうのだろうか。

 昭和の時代には家電や自動車、道路などの勃興期をむかえた。中間の85年を越えたあたりから高度成長や大きな目標を社会は見失い、ただよい、アパシーの青年を生み出し、土地投機によるバブル崩壊をむかえ、景気後退や若者の社会的衰退などの下落期を転がり落ちている。こんにちの時代をみると、転がり落ちた大正から昭和初年度の時代によく似ているのである。

 昭和初年度のように世界大戦をみちびいてしまうのかという恐れはたぶん当てはまらないと思う。20世紀初頭の世界大恐慌はブロック経済や世界大戦をみちびいたのだが、今世紀の人たちはこの恐れの記憶がひじょうに強いし、だいいち西欧社会はとっくに植民地戦略の時代を過ぎている。西欧はもう若くも、熱くもなく、隣国同士で戦争をおこなうような幼い社会ではないのである。大恐慌の恐れや記憶はこんかいの危機を乗り切るよい教訓や手本となることだろう。

 サイクル予測論では、バブル崩壊期に大恐慌本をたくさん出した浅井隆やラビ・バトラの本を私はたくさん読んだ。日本のバブル崩壊が1929年のような世界大恐慌をみちびくといったオオカミ本であったが、その後の日本は「失われた十五年」を過ごしたのだが、世界大恐慌をみちびかなかったので多くは外れたといえるだろう。

 しかしラビ・バトラは1978年に「2000年まで共産主義は崩壊し、2010年までに資本主義は崩壊する」と予測している。ソ連崩壊は91年に現実におこった。2008年の世界的な金融危機はなにか2010年の予測を予兆しているかのようだ。もちろんラビ・バトラの恐慌予測本は94年、95年くらいにたくさん出して、いまから見れば多くを外しているわけだが。

 資本主義が崩壊するといったって、市場経済が崩壊したとしたらほかにどんな貨幣システムがあるというのだろう。市場経済がこの世からなくなってしまうとは考えられず、権力や支配層の連中の面構えが変わってしまうということなのだろうか。

 ラビ・バトラは社会のサイクル論を、軍人の時代、有識者の時代、守銭奴の時代、労役者の時代といった大まかな理論で捉えている。軍人の時代のあとには有識者の時代がきて、つぎに守銭奴(富)が力をもつ時代がくるのだと。日本は守銭奴の時代のピークであり、欧米は守銭奴の時代を終わり、社会革命をへて軍人の時代のサイクルに入るという。ソ連は軍人の時代を終わり、有識者の時代に入るそうだ。そんな単純な理論で捉えられ、軍人の時代のようなパラダイム変換などがおこりうるのだろうか。

 浅井隆は恐慌本を94年、95年ころに矢継ぎ早に出して、村山節という歴史学者の文明800年周期にむかっていった。800年周期で文明の勃興や没落のサイクルがくりかえされるという説である。この800年西洋が勃興していたのだから、これからはアジアの文明の時代になるということである。たしかにヨーロッパが勃興したこの800年、中国やイスラムは没落していた。ヨーロッパ・ルネサンス以前にはたしかにイスラムや中国が世界を支配していたといえる。それにしても経済の恐慌が文明のサイクルという大ふろしきまで飛んでいいのかという気がするが。私はこの説に喚起されて、文明史家のトインビーやイスラムのイブン・ハルドゥーンまで手を伸ばしたものである(笑)。

 歴史は周期的にくりかえすのだろうか。2008年の世界金融危機は世界をどこに導くのだろう。サイクル理論は未来を予測するようにも思えるし、また人間の知能の限界も考えさせるものである。人間は社会や経済の大きな周期を捉えることができるのだろうか。サイクル理論は賢明な知識なのだろうか、それとも不安がつくりだすオカルト予言書なのか、慎重な姿勢が求められるというものである。世界大恐慌から戦争への道のりの歴史をひもといて、これからの時代の動きにそなえてみたい気もする。


参考文献
若者・アパシーの時代―急増する無気力とその背景 (NHKブックス)
稲村 博
4140015713

超恐慌―800年に一度の大動乱があなたを襲う!!
浅井 隆
4893463985

ラビ・バトラの世界経済大崩壊―資本主義は救われるか?
Ravi Batra
4198602565

世界の名著 73 トインビー (73) (中公バックス)

4124006837

人類の知的遺産〈22〉イブン=ハルドゥーン (1980年)
B000J877V8


プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top