FC2ブログ

HOME   >>  書評 労働・フリーター・ニート
11 23
2018

書評 労働・フリーター・ニート

経営層の味方?――『「非正規労働」を考える』 小池 和男



 著者の立ち位置を知らないのだが、これは労働者側に立つというより、経営者側に味方する立場に立っているのかな。

 非正規は低時給で雇用調整弁で悲惨だという言説がマスコミにとうぜんに流されているのだが、それに疑問を呈して、人材選別機能の役割を果たしているのではないかと、ていねいに職場の現場に調査にいって、あるいはほかの調査を参考にして、腑分けしていこうとする。

 正規と非正規の現場での仕事分担をていねいに見て、非正規に人材選別機能はないのかと、細やかに見てゆく。みんな非正規は非熟練の仕事しか担っていないという頭があるのだが、現場でじっさいにどういう仕事分担やあるいは区分がされているのか、それはていねいに見られてゆく。正規と非正規の発生理由を、現場から立ち上げようとする目線は、はたして現今の非正規悲惨節はもっているのかという疑問をぎゃくに照らす。

 非正規におきかえることが企業にとって有利ならすべて非正規におきかえられてもおかしくないではないかと著者はいうのだが、経営者側、雇う側からみずから非正規になることはありえないわけで、著者はやっぱり経営側に立つ人なんだなという気がする。各時代、各地域での非正規のありかたを調査する目線はひじょうにていねいで、それは立場をこえた冷静さはもちあわせていると見えるが。

 非正規はバブル崩壊以後に急速にふえたといわれるが、50年代の造船産業を例にとっても、現場では半数が非正規だった。臨時工や請負工が半数を占めていたのである。そして本工への昇格率も見られてゆく。

 60年代の自動車産業、電機産業の各現場での非正規の分担などもていねいに見られてゆき、一筋縄でいかない調査逡巡を読書とともに味わうのだが、非正規悲惨説のステレオタイプだけでは見えてこない面もじっくりと見ることになる。

 製造業はまだマシだ、外食やチェーンストアの非正規は、完全に低時給、雇用調整の役割しかないのではないかという疑問にこたえるかたちで、これらの産業もていねいに見られてゆく。結論はどうなのかということは、議論や実際がいりくんでいて、読後にもはや思い出すことができない。非正規は、人材選別機能をほんとうに担っているのかは、本書を読んでたしかめていただきたい。

 60年代のアメリカの非正規の設計技術者も調査されるのだが、アメリカでは派遣はもともと高時給の専門職だったと聞く。日本のような単純労働、低時給、雇用調整のような悪い条件ばかり押しつけられたものではなかった。

 アメリカのホワイトカラーのとびきりシビアな人材選別も描かれているのだが、これは厳しいね。大学や法律事務所、投資銀行など専門職では7年後までに昇格が果たせないと解雇だ。それまでに業績を上げないともう不要の烙印を押される。日本ではゆるやかに長期的で、たとえ競争に負けたとしても解雇になることはない。アメリカの専門職の選別は、肝を冷やす恐ろしさで目に見えるわけだが、日本では表立って見えないだけでずっと選別の目にさらされるわけだ。ちょっとこの選別の構造と、その選ばれる恐怖の克服を考えてみたくなった。

 マスコミの非正規は悲惨だ、正規雇用に上げろという一般的な主張は、私も不満だ。ひたすら長時間労働で人生を支配されてしまうブラック労働の正社員をみんな望むかといえば、そうではないだろう。全体的なゆるやかな労働に縛られない社会が、私は望みだ。正社員に引き上げろだけでは、ひたすら働く社畜の増産にしかならないではないか。

 しかし著者のような非正規に人材選別機能はあるとスポットライトを細やかなところにまで当てようとする視点は、あまりにも経営側に利する捉え方だという思いは拭い去れない。立場を知らないばかりに、この本をうまく捉えられなかった。



なぜ日本企業は強みを捨てるのか日本産業社会の「神話」―経済自虐史観をただす日本の雇用--ほんとうは何が問題なのか (講談社現代新書)雇用身分社会 (岩波新書)正規の世界・非正規の世界――現代日本労働経済学の基本問題


11 20
2018

書評 労働・フリーター・ニート

労働法から――『日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか?』 今野 晴貴



 今野晴貴氏には日本の労働環境とこれからもしっかりと闘っていただきたいのだが、本の評価としては、あまり満足なものではなかったかな。タイトルの疑問は共感するのだが、これを問うてもその解決が見込めない読後感がのこったかな。

 タイトルの答えには社会権力的な構造を期待したのだが、本はほとんど労働法からの報告で、また歴史社会的な説明にも、そんな風に割り切れるのかという疑問が噴出した。

 氏は権利は主張しなければ守られないというのだけど、われわれは労働現場ではなんの批判もおこなえない圧力や慣習に呑みこまれる。この圧倒的な無力感――それこそアガンベンのいうような「むき出しの生」のような無権利状態におかれている感がするのだが、その圧倒的無力感にたいして、解明ではなく、権利を主張しろという言明はあまりにも酷だ。

 学校教育でえらいもの、目上の者には絶対に従えと骨の髄まで叩きこまれるのか、またお上は黙って我慢しておればいずれ報いてくれるという信仰でもあるのか、われわれは職場においては、徹底的な不可抗力な力に呑みこまれる。

 ひところ企業は終身雇用や社会保障などで温情的労働条件が期待できたのだが、その期待関係の中で、どんどん労働条件が切り崩されていって、権力が剥奪されたまま、経営側にいいように雇用環境の切り下げが一方的におこなわれるようなかたちになっている。いちど丸腰になってしまって、刃向かう存在でなくなったところに、一方的な労働条件の悪化ばかりを許すようになってしまっている。

 この労働状況の無力化、無権利化はどうしておこってしまったのか、その解明ができれば、その対処もわかるように思うのだが、労働関係はポンと押せば、ポンと結果が変わるような単純なものではないようだ。われわれはいったいどうすれば、企業にたいしてものをいえる対等な立場に立てるようになるのだろうか。

 日本の労働者はなぜこんなに無権力や無権利状態におかれているのだろうか。答えは同時に解決の道筋をしめすものではなくてはならないが、いくら答えが導かれても、その道にはたどりつけたことはないのである。

 経営と政治が手をつないでみずからの有利さを協同するこの国では、労働法もろくに守られない罰せられない労働社会がいつまでもつづいてゆくばかりだ。放っておいたら助けてくれる国ではないのだ。著者のいうとおり、権利を主張してゆくしかないのだ。



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)ブラック企業のない社会へ――教育・福祉・医療・企業にできること (岩波ブックレット)会社で起きている事の7割は法律違反 (朝日新書)働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち (講談社現代新書)


11 01
2018

書評 労働・フリーター・ニート

釣りがひどいタイトル――『私たちの“感情"と“欲望"は、いかに資本主義に偽造されてるか?』 フレデリック・ロルドン



 タイトルは魅力的すぎるのだが、内容はなにいっているかぜんぜんわからない屈折した表現や言語ばかりで、タイトルもどこにそんな問いが追求されているかわからないほど難解だから、これから読もうとする人には警告しておきます。

 もうびっくりするくらい読みとれない本である。なにが読みとれないのか、スピノザやブルデューなどの知識人の話を通すからわかりにくくなるのか、あるいは表現が屈折しすぎて意味に到達しないためか、それともわざと表現を遠回しにして難解にすることでハクをつけているのかと勘繰るほど、意味が読みとれない。

 難解すぎてわからないといえば、読書側の読解力や知能が問題になるから黙る人もいるかもしれないが、私はわからないときはいつもわからないといってきた。あるときには読解力がぴったり合う本もあるし、まったく合わない本もあるし、自分の読解力を水準の高くに見積もる圧力もないので、自分のズブの感覚はいいやすい。これほど意味が読み取りにくい本は、指に数えるくらいかもしれない。

 訳者もお断りしているが、広範な読者に訴えるためにタイトルを改題したといっているが、このタイトルでつかまされた人にはもう詐欺レベル。原題は『情動の社会――情念の構造主義のために』だから、広範な読者を捕りにいくのは、被害が発生するレベルです。フランスの思想界は、ソーカル事件を地でいっているようだ。

 なお、この著者にはほかに『なぜ私たちは、喜んで"資本主義の奴隷"になるのか?』という魅力的すぎるタイトルの書物が出ているのだが、おそらくはこれもタイトル詐欺なんだろうなあ。ネットでいえば、釣りがひどすぎるタイトル。悪評は、好評の何倍もの記憶に残りやすいというデータもあったから、気をつけたいところだ。



なぜ私たちは、喜んで“資本主義の奴隷〈借金人間〉製造工場――“負債なぜ、1%が金持ちで、99%が貧乏になるのか?――《グローバル金融》批判入門エチカ―倫理学 (上) (岩波文庫)国家論 (岩波文庫)


12 28
2014

書評 労働・フリーター・ニート

まあ一般書――『楽しそうに仕事をしてる人の習慣術』 野口京子

4309503748楽しそうに仕事をしてる人の習慣術
野口京子
河出書房新社 2010-11-25

by G-Tools


 仕事に価値を見いだせないわたし。どうして仕事に低い価値しか見いだせなかったのかと問おうと、ぎゃくに楽しむための仕事術の本を数冊買ってみたが、問い方まちがったかな。人生をすごすことの価値にたいして、仕事をすることの価値はどうして低く見積もったのかといった自身の価値体系、価値優劣の洗い直しをしたかったのかもしれない。

 この本はしごく一般向けの本。深みや思索を誘う本ではない。ドッグイヤーから何点か。

 なにかに高い自己効力感をもっている人は、なにかに失敗しても、その理由を自分の能力が低いからと考えない。自分の努力が足りなかったと考える。自己効力感の低い人は、失敗を自分の能力不足のせいにする。そのためにもう努力をおこなわない。

 外交的にものを考えるということは当世流に考えるということで、大勢順応型の思考方式。内向型人間は自分の意見や方針にものさしを当てているので、他人の共感をあてにしていない。自分のしたいことをひたむきに追いかけている人は、他人や世間の評価にいちいち振り回されたりしない。

 本をたくさん読んだほうがいいといわれるのは、自分の体験だけでは「体験の貯蓄」に限りがあるから。

 ある人を嫌いといって排除するのは、その人が圧迫感をあたえ、不安をかきたてるから。自分の弱点の亡霊が嫌いな人で、他人を排除してもつきまとう亡霊が消えるわけではない。

 上の二点は性格のせいにしているのだが、考え方の問題ではないかといえる。考え方を変えれば、性格だって変えられる。やっかいなのは考え方は無意識につくられ、自分でもその支配下にあることに気づかないことである。
 
 仕事に価値に見いだせない人生をわたしはながらく生きてきたが、その生き方を押し進めるのではなく、逆のそのような価値や思い込みをつくったものはなにかと問うてみようと思った。補強する本や思想ばかり浴びてきたのだが、この価値観自体に囚われないほうが人生ラクだろう。なぜいろんな仕事に価値を見いだせないのか。自身の価値体系の相対化がしたくなった。



働く幸せ~仕事でいちばん大切なこと~職業を生きる精神―平成日本が失いしもの (叢書・現代社会のフロンティア)私たちはなんのために働くのか  「働く意味」と自分らしい働き方を考える働く。なぜ? (講談社現代新書)あたらしい働く理由をみつけよう What is your salary?


12 24
2014

書評 労働・フリーター・ニート

タレント居酒屋談義――『「やりがいのある仕事」という幻想』 森博嗣

「やりがいのある仕事」という幻想
森博嗣
朝日新聞出版 (2013-07-02)


 なんだろう、人気作家のタレント本というのかな。工学部で作家というから浮世離れしているのかもと思ったら、そのまま客観的裏づけのない居酒屋談義を聞かされるだけ。百円本だったからよかったものの、ファンの方だけが読むシロモノだろう。

 世の中の大事にしている価値観をふっ飛ばしてくれた森毅ポジションに似ているかもしれないが、およびもしない。新書にも見かける方だが、進出していいの?

 すこしだけいい言葉があったとしたら、つぎの何点か。

 子どものときに好きなことを見つけたとしても「そんなオタクな趣味はやめろ」といって妨害される。周囲がゆるしてくれず、いやな顔をする、迷惑だといわれる。でも自分がやりたくてしかたがない、この抵抗感こそがやりがいである。その困難が楽しみの本質である。

 いつも楽しそうな人はその話を自分からしたがらない。そうでない人というのは、子どもの写真を見せたり、仕事の話をしたり、マンションの話とか、旅行の話を自分からいいたがる。ほんとうの楽しい者は人に話す必要などない。自分のためにするものだ。

 ほんとうに儲かる商売なら、ノウハウを公開したり、人を集めて指導したりしない。教えないこと、知られないことが儲かる状態をつづける最善の策だからだ。すでに流行っているもの、広く人気があるものは、これからビジネスをしてはいけないサインである。よく宣伝される商品は売れてないからこそ宣伝される。

 話をするのが苦手だ、考えて工夫するのが得意という人はぎゃくに営業に向いている。人と話をすることが得意という人は営業に向いていない。なかなか話せない人はよく話を聞く信頼できる人という印象を与える。営業の仕事で大切なことは、信頼を得ることであって、調子よくしゃべることではない。

 まあ、この本には仕事をおおげさに考えるなとか重い価値観を背負わせる必要はないといった価値転倒の基本ベースをもっているから、それなりに肩の荷をおろせる考え方を与えてくれるだろう。だけど作家で成功してもう稼ぐことの必要のないこの人の頭の中のことだけであって、世間やほかの人がどれだけ共有してくれるのかといった点でははなはだ頼りない。その共有ができない世の中だから、若者は仕事のことで悩むのではないの。


僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない (PHP新書)「働くこと」を問い直す (岩波新書)もじれる社会: 戦後日本型循環モデルを超えて (ちくま新書)いっしょうけんめい「働かない」社会をつくる (PHP新書)「働く意味」がわからない君へ ビクトール・フランクルが教えてくれる大切なこと


12 17
2014

書評 労働・フリーター・ニート

二、三点いい言葉――『仕事がつまらない君へ』 小林 英二

4863540159仕事がつまらない君へ
小林 英二
シーアンドアール研究所 2009-01-23

by G-Tools


 仕事のつまらなさから抜け出せないわたし。けっきょく自分が価値あると思う仕事につけていない、挑戦できなかったという自分要因がつよいと認めざるをえないのだけど、目の前のつまらない仕事をどうにか克服できないか。

 なにかいい考え方はないかと古本で200円のこの本を手にとった。まあ体裁じたいがすごいことを書いているふうでもない本なのだが、二、三点いい言葉があった。

 自分探しというのは、自分を固定的に捉えることで、そういう探し方をしていると「過去の自分」に合った仕事しか見つからない。仕事を通して「新しい自分」をつくってゆくのが正しい考え方ではないのか。「新しい自分を発見できる仕事」や「新しい自分に成長させてくれる仕事」を選んだほうがすばらしいのではないか。これはいえていますね。過去の自分で捉えているとほかの可能性や新しいことには挑戦できませんよね。

 成長したかったら、「居心地の悪い環境」におくこと。いままでやったことのない仕事、できそうにない仕事、会ったこともないような人との仕事、居心地の悪い仕事をする。ぜったいに新しい能力を身につけなければならないという必要性に迫られる。せっぱ詰まった必要性がいちばん能力や成長をひきのばしてくれるのである。このひやひや環境に自分の身をおけるでしょうか。そういった環境に身をおかないと数年後の自分は成長していることはないのでしょうね。

 ケーキ職人でもふたつの考え方ができる。「家庭の主婦にもできるつまらない仕事。仕事はハード、クリスマス前には徹夜の連続。立ち仕事で力作業。稼ぎもたいしてない」と思うか、「ケーキの出番は人々が幸せなとき。ケーキで人をどう幸せにするか、笑顔にするか考えるだけで楽しい。幸せ演出業なのである。世の中の幸せにこれだけ関われる仕事はほかにはありません」。仕事の結果もとうぜん変わってきますね。

 この本の中で自ら決意して三年間モーレツに働けという章がある。その体験がないと仕事がおもしろくなることはないという。なにかを手に入れるためにはなにかを犠牲にしなければならない。そうかもしれないけど、うなづきたくない部分。


楽しい仕事はない。だから楽しくやる 入社1年目の教科書 (PHP文庫)楽しい仕事 なぜ働いても達成感がないのか 明日からやる気がわき出る心理学どんな仕事も楽しくなる3つの物語 (中経の文庫)仕事に幸せを感じる働き方和田裕美の今の仕事がつまらないと思ったら読む本 (だいわ文庫)


12 13
2014

書評 労働・フリーター・ニート

仕事が不満な人はぜひ――『仕事はどれも同じ』 キッツ+トゥッシュ

4484121158仕事はどれも同じ
「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法

フォルカー・キッツ マヌエル・トゥッシュ
CCCメディアハウス 2012-06-28

by G-Tools


 転職をくりかえす人、仕事に不満を抱く人にはぜひ読んでいただきたい。仕事に不満をもつ心理的な内容が俯瞰できて、目がひらかれる。アマゾンの古本で100円+送料ていどで手に入れられたので、安いものである。ドイツのベストセラーで、ビジネス書ではめずらしい。

 けっきょく人間は果てしない不満を抱くものであり、欲望は限りなく、情熱や好奇心はいつか慣れるものであり、ルーティンになる。不満は仕事や職場環境にあると思っていたけど、自分の内側、自分自身の考え方にあるものではないのか。わたしは自分の不満という心理状況に向き合っていなかったな、手放せずにいるんだなと思った。

 第Ⅰ篇は仕事の不満の内容を分析したもので、これはすばらしい。第Ⅱ篇はエクササイズになっているが、これにはしょうしょう失望する。認知療法や違う考え方のもち方をもっと提示してほしかったのだけど、自律訓練法とか漸進性筋弛緩法とかありきたいのセラピーはがっくり。おすすめできるのは第Ⅰ篇の仕事の不満内容だけ。

 仕事に不満を抱く一つに収入があるが、他人より多額の収入を得たいというのがモチベーションの源泉にあるが、世界中のどの仕事についても満足感を得るのは不可能であると結論づけられる。同僚とはりあって多くの収入を得てもつぎは社長の収入に不満を抱くし、社長は社長でほかの多額な収入を得ている他企業の社長に不満をいだく。

 成功を得てマスコミにステータスをもつことができた作家も同じこと。ステータスも他人より上であることが満足なのであるが、上には上があって切りがないのだ。歴史上の人物、来年に消えるかもしれない名声、安いギャラ、多忙さが不満になる。

 人を助ける有意義な仕事だと思われている医師だって不満を抱いている。単なる日課やルーティンになってしまい、自分の注射はべつに自分が打つ必要もない代替できるものである。多忙なのに薄給を不満に思い、事務書類が多量にあり、ほんらいしたかった人を救う仕事をできない。

 いつか自分の活動の意義と価値に慣れてしまう。たんなる日課に思えてしまう。高い理想的基準をもつ人は、自分の仕事は他人の仕事とは違うという意識に支えられている。みんなはわたしを頼ってくれていると。だから自分の仕事が入れ替えのできる仕事だと思ってしまうとたえられなくなる。

 自分の好きなことをしている芸術家だって、絵を描くより生産するような気持ちになったり、経営がのしかかると楽しみが不意に消えてしまうこともある。契約を獲得し、顧客の指示どおりに作業をおこない、請求書を書き、注文がいつでもくるようにすると、楽しみが即座に消える。気分しだいにできていた芸術が仕事になり、束縛し、拘束するものになる。

 仕事はどんな情熱をもつものでも、慣れてしまうものだ。情熱をとりもどせない。転職をしたとしてもさいしょは情熱をそそげるが、いつか慣れや退屈の意識はしのびこんできて、元の木阿弥にもどる。人が仕事を選び際はひとつの動機だけを重視し、一つだけに集中して、失望を味わう。株式投資のように危機管理を分散することによって損害を減らすように、仕事にもリスクヘッジが必要なのである。

 人は何かを得たらなにを得たで、そのうちに慣れてしまう。その立場を喜ぶ代わりにもっと多くもっている人、よいものをもっている人に目を向けてしまう。

 成功したテレビ・リポーターも数年後にはくりかえしの仕事やメンバーに退屈を覚えている。大企業の幹部も華やかな舞台とは裏腹にまいとしくりかえされる幹部会議、記者会見、株主総会にうんざりしている。

 自由業や独立は自由だと思われているが、顧客はうるさい上司や会社と違うレベルの過酷な注文や作業を要求するようになる。労働法に守られていた権利も、仕事をよそに変えられる危機から、条件を守ることもできない。

 わたしたちが逃げているのは、自作の現実からではないのか。自分自身から逃げようとしているのではないのか。

 けっきょく、わたしたちは不満や不公平を受け入れることができない。変えられない、自分の人生や運命をコントロールできない、無力な存在を受け入れられないだけではないのか。「なぜ、どうして」という疑問をずっと抱きつづけて、そのような思考は救いをもたらしたことはあったか。

 インド人の貧しくても厳しくても、受け入れる、満足する姿勢に著者たちは希望や理想を見いだしているようだ。不満や不快感を抱かずに、ただ世界のありよう、あり方をただ受け入れる。世の中がどうであろうと、それが自分にとってベストであると受け入れている。いささかインド人を理想化しすぎているのだが、べつの理想やありようを想像しないで、受け入れることに著者たちの目標や理想はあるようだ。

 この本を読んで仕事に不満をもち、転職をくりかえしきたわたしはどうやら仕事や職場に不満ばかり抱いてきたことがよくわかった。不満を抱くという思考のクセをまったく問題視してこなかったことにようやく気づいた。問題点は不満という現実の否認やほかのありようを求める想像だった。「あるがまま」を受け入れるなんて思想は山のように読んだのだが、こと仕事や労働にたいしては不満や不平を抱かずに、「あるがまま」を受け入れるなんてことがまるでできていなかった。

 不満なのである、現実を受け入れることを拒否するものは。「あるがまま」というのは、ほかのありようや理想を想像しないで、そのまま受け入れることなのである。不満という遮蔽物をうちたてると、まずは「あるがまま」を受け入れるという状態を得ることはできない。

 欲望は数限りなくとどまるところはないといった悟りの思想はいくらでも聞いた。だけど仕事や状況にたいする不満や欲望にたいしてそれを適用もしなかった。仕事や労働にたいする侮蔑心をもっていたので、自分の不満や軽蔑を問題化することもなかった。そのために不満という遮蔽物はいつまでも問題視されることはなかったのだと思える。

 不満のコントロールという問題がようやく浮き出てきたように思う。不満という問題、思考、想像という問題とつきあってこなかったなと悟らされた。



(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)仕事でいちばん大切なこといつもの「グチ」がなくなる本なんとなく仕事がイヤッ!―職場の不満を解決する26の方法あなたは仕事が楽しいA子さん?不満だらけのB子さん? (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)


12 09
2014

書評 労働・フリーター・ニート

「人生でなにをすべきか?」――『このつまらない仕事を辞めたら、僕の人生は変わるのだろうか?』 ポー・ブロンソン

4757210477このつまらない仕事を辞めたら、
僕の人生は変わるのだろうか?

ポー ブロンソン Po Bronson
アスペクト 2004-06

by G-Tools


 タイトルもよすぎるし、テーマもひじょうに興味深いのだが、50人の人生の転機について集めたこの実例集は、要約やエッセンスがなされておらず、教訓や意味をつかみとるのがひじょうにむづかしいのでわたし的には残念感がつよい。類書がないだけに豊かな果実をもぎとりたい思いはつよかったのだが。

 本書は「人生でなにをすべきか?」という問いに真摯に立ち向かった人たちの物語が、著者のインタビューや交流によって描かれている。

 スタッズ・ターケルの膨大な『仕事!』(72年)という本に似ているのだが、この書は仕事自体が問題とされているのに対し、本書は人生の転機がテーマである。アメリカでも70年代ころまでは終身雇用的な自分の仕事にたいする疑問をもたない生き方が主流であったのだが、そのころを境に転職をしない人間は稀有になるほど社会変化の激しい時代に突入している。ゆえに「人生でなにをなすべきか」「自分はほんとうはなにをしたのか」と問うことがひじょうに重要な問いになっている変化をあらわしているのだろう。

 著者のポー・ブロンソンは64年に生まれており、両親の中年の危機をみて育ったといっている。両親ははやくに大人の仲間入りをし、住宅ローンや子どもの責任のために夢をあきらめ、中年になって青春をとりもどしたい思いに駆られるようになる。そして著者の世代はそのような失敗におちいらないよう、できるだけ責任にとりこまれず、青春時代にしがみつき、遅い結婚をし、子どもを先延ばしにする。このような世代の変化のなかに本書の問いのような「人生でなにをなすべきか」という問いは生まれたのだろう。

 著者はスタンフォード大を卒業し、証券会社で働き、作家をめざした青年だったので、本書に出てくる人生の転機を迎えた人たちはかなりのところエリートや文学まわりな人たちであったと思う。ホワイトハウスに出入りする人や起業をおこなう人など、かなりのところわたしには実感をともなわない経歴の人も多かった。

 これまでの人生はいかに金を多く儲け、出世するかが成功物語であったが、おのれの心を解放し、才能を花開かせ、世界への贈り物を明白にする、そのような物語が成功になるべきだというのが著者の思い。

 いく人かの印象深い人をあげるとすれば、弁護士からトラック運転手になったある男は、子どもの質問の一瞬一瞬に注意を払って、有意義にすごすことを教えてくれた体験によって、弁護士の仕事を投げ出した。また27年間、物理学を教えた教授が年齢をかえりみず弁護士に挑戦する話は、人生に遅すぎるということはないという教訓の一例に思えた。

 子どものときから医学の道に憧れてその道にひたすら邁進してきたのに、与えてばかり、捧げてばかりの人生にいや気がさしてやめた女性の話も興味深かった。人好きのする男がセールスマンは天職だと思っていたのに情熱をそそげず、看護士という人助けのできる仕事に天職をみつける例も意義深いと思う。

 ニューオリンズの職業で自己を規定しないという土地柄には興味をもった。成功を追い求めるとほんとうにやりたいこと、ほんとうになりたい自分が犠牲になることがある。ニューオリンズはほんとうにやりたいことと触れ合える場所だという。夢は現実化されなくても現実であるし、人は自由時間を増やすために働く。失敗のしようがない、努力だけで認められる文化であると。いささか理想化されすぎるに思えるが、環境が人を変えることもあるのだなと。

 家族や子どもをもつと人生の意義をさがすという苦労から解放されるという話もある。家族が意味をあたえてくれるから。いっぽう、意義のない仕事についやすのに耐えられなくなるということもある。情熱を欠いた人生を子どもたちに見られたくないと思うからだ。

 子どもをもつと自分を成功者のような気分にさせてくれるのか。子どもを持つと従順ではなく忍耐強くなる。寛大になる。ありきたりな成功や失敗で測らなくなる。与える満足に満たされるようになる。満足のかたち、モノサシが変わるのだろう。他人のモノサシで自分を測るクセを人生のどこかで捨てることはたいせつである。

 まあ、本書の50人の人生の転機から、教訓や示唆を読みとるのはなかなかむづかしいように感じられた。こちらになにか機が熟しているものがないかぎり、他者の人生から啓示をうけとるのも容易ではないのだろう。

 この本は人生の転機を後押ししているのだろうか、それともおしとどめようとしているのだろうか。生計の維持に釘づけられていると迷うことすら禁止されているのだが、抑えていてもいつかわきあがる問いが、「人生このままでいいのか」といった疑問だろう。

 本書の問い、「人生でなにをすべきか」という問いによって、いかに自分のことを知らないか思い知らされた。


Q・次の2つから生きたい人生を選びなさい ― ハーバードの人生を変える授業II「勇気」の科学 〜一歩踏み出すための集中講義〜「このままでいいのか」と迷う君の 明日を変える働き方「働く居場所」の作り方‐あなたのキャリア相談室キャリア・サバイバル―職務と役割の戦略的プラニング (Career Anchors and Career Survival)


11 30
2014

書評 労働・フリーター・ニート

真摯に自己に問いかける――『おとなの進路教室。』 山田 ズーニー

4309411436おとなの進路教室。 (河出文庫)
山田 ズーニー
河出書房新社 2012-04-05

by G-Tools


 自分の人生はこのままでいいのか。自分のやりたいことはなにか。ほんとうに自分に合った仕事はなんなのか。そういった進路の迷いには好著の一冊。

 ものすごく心の深部に響いてくる言葉もあるし、著者の人生行路のうえの問いかけだから同じ経験をしたことのない読者にはとどかない部分もあるかもしれない、またこちら側の自分にたいする深い問いかけをなさなかったら読み込みもできない書であると思った。著者自身の自分にたいする真摯な問いかけがあるからこそひびいてくる書であって、もし読者自身の自分にたいする問いかけがなければ共振することもない部分もあるだろう。自分が試される一冊。

 著者は編集の仕事を16年やり、そのあと思ってもみなかった自身が執筆や講演をおこなう独立の道をえらび、そのためにひじょうに真摯な問いかけをもって、人生の進路についての言葉をひねりだしている。まさしく「ひねりだしている」のであって、適当に進路を決めている人間には浮かびもしない考察である。

 やりたいことは自分の中にあると思っていたと著者はいうが、独立後の仕事は自分が思ってもみなかった人とのつながりのなかで引き出され、導かれた経験から、やりたいことは人とのつながりのなかにあると思うようになる。

 やりたいことは未来、未来はだれも経験はないし、スキルもない。失敗する日々。しかし希望がある日々。できることだけやっていても、希望・やりたいことにつながらない。

 やりたいことがないからダメだ、就職に積極的になれないは放漫だという。会社は自己実現の場ではない。自分には決められないならそれを受け入れて、生計を立ててゆく上で見えてくるものもある。

「いまから外に出て、五千円稼いできてください」といわれれば、どうやって稼ぐか。「五千円分、勉強してきてください」といわれれば、ずいぶん楽だろう。お金というのは、「ひとりの人間を歓ばすか、役に立つ」ことではじめてもらえる。ひとりの人間を「お金を払いたい」と思わせる域まで歓ばすことがあなたはできますか? 会社に勤めるということは初日からそういった労働の価値を、勉強することではなくて、提供する勤めを背負うということだ。

 この本はいくつかのコラムが並んでいるが、いちばんの傑作は21章の「いつかより強くなって」だろう。いまの自分はダメだから、いつか稼いで、いつかもっと高い地位に立ってそれから…という人が多いのだが、友だちや恋人がもとめているのは、その「いつか」だろうか。強いアイテムで鎧を固めようとしない素の自分ではないのか。この章はひじょうにひびくものがあった。

 就職で落ちる人の文章は事実から意見へといっそくとび。好きだから→ここで働きたい。人の心を打つ文章はその理由を深く追究したものだ。自分が働きたい根拠をいかに深く掘り下げられるか。このねばり強さまで掘り下げられる問いをみずからに課しているか。

 表現することやステージに立つことは、自分が死ぬことだという。自分の思いを人前に出すことは、その思いの死だ。「自分と別の場所に投げ出されて、誰がどう思おうが関与できないということはある意味、死だと思います」。人前に出るということは他人の思惑の推測をいっさい放棄してしまうことなんだなと。

 この本は「真摯に問いかける」という言葉がぴったりくる本だと思う。自分の生き方や進路について、自分はこれほどまでの真摯に、深く掘り下げ、問いつめたことがあるだろうか。そういった適当さ、浅はかさがうきぼりになる書であると思った。


「働きたくない」というあなたへ伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)自分を表現して生きる―進路を見つけキャリアを育て手ごたえのある人生をおくる「ホントにやりたいこと、見つかった?」ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略ロードマップ


11 27
2014

書評 労働・フリーター・ニート

百円本なら――『天職の見つけ方』 キャリナビ編集部



 職業を見つけるのはむずかしい。学生のときは企業や職業のことをまったく見れないわけだし、父や母がどのような仕事をしているのかもよく知らなかったりする。大企業や世間体のいい仕事で決めたり、世間一般のカッコよさの基準で決めたりする。

 職業世界に入っていっても自分の好きな、価値のある仕事をずっとできるわけでもないし、自分にあっていない、もっと自分にあった仕事、やりがいのある仕事があるはずだとずっと迷いつづけたりする。やりたい仕事があっても競争率が高かったり経験がなかったりして手が届かなかったりする。またやりたいからといって、自分に向いている、できるとは限らない。

 自分はほんとうはなにをやりたいのか、どんなことに価値をおくのかといった自問は、ずっとつづくのだと思う。また年をとれば好みややりたいことが変わったりして自分の嗜好や価値も不変ではない。天職や自分の一生の仕事にめぐり合うことは、自分を問いつめること、自分をところん知ることなんでしょうね。

 この本は市井のいっぱんの人の19人の職業選択についてのインタビューを収録したものだが、まあたいして役に立つ本ではないだろう。選択のことより、ほかの仕事の話についておもしろいことが聞けたりするていどだ。ブックオフの百円で読めるならといった本だろう。

 組織というのはある日とつぜん人事の裁量で自分の希望外に異動させられることもある。またポジションは上の人が指名したり承認したりされて決められるものだ。自分の選択や裁量で決められるものが少なかったりする。天に任せるしかないといったところだ。ヨーロッパでは自分からいわないとなにも変えてもらえないといったこともあるようだ。

 ある舞台監督は世の中は凡人がベースになっていて、自分を凡人だと認めたくないから人の悪口ばかりいっているが、自分が進むだけで変わることがあるとアドバイスしている。

 ある音楽教師は指導するだけならその子にはなにも残らず、成長することもないといっている。自分からこうなりたいと思うようになると自分から探す、調べるという行為をおこなうようになる。こういう自分から探すようになることが進路にとってもたいせつなことなんでしょうね。

 まあ、この本から天職の探し方を見つけるのはむづかしいかもしれない。


ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方ほんものの自分にチャレンジ―価値観の明確化ずっとやりたかったことを、やりなさい。「これだ!」と思える仕事に出会うには仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法



プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

 

twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top