HOME
12 20
2014

TV評

『Nのために』がサクセス野望物語でなかったわけ

 湊かなえ原作のドラマ『Nのために』は一話目の衝撃度がとても強かったのだが、瀬戸内海の小島から東京に出てきたあたりから減速して、つまらないものになったように思えた。湊かなえは『夜行観覧車』でも設定の巧みさを発揮するのだが、サスペンスでひき伸ばすつまらなさがあると思っていた。だけど、この作品はそれこそがメッセージの核に思えた。


 


 この作品の衝撃は、父から母子たちの家族の扶養義務を捨てられ、自分たちで生きてゆけとつき離される家庭境遇にあった。捨てられた母は父から捨てられた現実を受け入れられず、醜悪なさまを娘たちにさらす。娘の杉下希美(のぞみ・榮倉奈々)は島から出ること、高いところに昇ることの野望を誓う。

 この設定ではハングリー精神に満ちたサクセス物語を期待するものである。しかしこの物語はそのような逆恨み的な野望を果たす物語ではなかった。そこにがっくりときたのだが、どうもそれが原作者の意図であるようだ。

 父から捨てられる母子という設定は、福祉政策を削除され自助努力で生きてゆく新自由主義を思わせるものである。それに対する福祉が充実した国や金持ちの福祉に期待するリベラル・福祉国家主義の対比がこの作品に描かれていると思われる。

 自分たちの稼ぎで生きてゆける父と愛人は新自由主義の勝者である。父から捨てられて愛人の情けにすがる母子は福祉政策にすがる新自由主義での負け犬で、福祉国家のお情けに頼る存在である。

 杉下希美は父=新自由主義から捨てられた怨念をたぎらせて、非情なサクセスの階段を上ろうとするのではないかと視聴者は期待するのものである。

 しかし物語は希美がそのようなサクセスを追いかける物語に移行しない。ぼろアパートの管理人を協同で助けることをおこなったり、愛する者の罪をかばったりする行為が話の中心になってゆく。

 新自由主義の炎をたぎらせる意図は毛頭ない物語なのである。人々がたがいを思いやり、かばい合い、助け合う関係を犯罪サスペンスというかたちで読み解いてゆく物語なのである。つまりはリベラル・福祉国家の称揚を説いた物語なのである。

 逆恨み的サクセス物語を期待した視聴者は裏切られるのである。怨みを原動力としたサクセス物語はここでは発動されないのである。そこに幻滅との裏腹な作者の意図がこめられている。

 違和感のある希美の余命宣告をうけたガンは、死の恐れや孤独を新自由主義や金は救いうるかというメッセージではなかったのか。


 貧困につき落とされた者が怨みやハングリー精神をたぎらせて非情なサクセスを達成してゆく物語というのは、現代にひじょうに期待される物語になっているのではないのか。低成長、非正規、貧困、格差の固定化といった経済情勢はそういった怨念と上昇欲をたぎらせるにはじゅうぶんなお膳立てになっている。

 70年代の梶原一騎的なハングリー精神が充満してもよい時代になっているのである。『巨人の星』や『タイガーマスク』、『あしたのジョー』といった貧困ゆえのハングリー精神に煮えくり返ったサクセス物語が期待される70年代的状況とひじょうに似ている。

 『ハゲタカ』という2007年の高評価なドラマは経済的に捨てられてゆく日本を安く買い叩くことによって日本の復活を信じる非情な男が描かれた。2009年には『銭ゲバ』という貧困からのし上がる男の破滅が描かれた70年のマンガがテレビドラマ化されている。『カイジ』という貧困底辺層に落ちた男の復活劇ゲームは2009年に映画化されている。2004年には成功の頂点から過去の隠蔽したい事柄によって破滅してゆく『砂の器』もテレビドラマ化されている。

 貧困や底辺に落ちた者が上昇・サクセスしてゆく物語というのは、現代にひじょうに希求されており、そのような怨念が過去の似ている物語を復活させるのである。

 しかし過去に描かれたハングリーサクセス物語の多くは破滅したり、破綻している結末が多い。成功・上昇物語がいさめられる、あやまちを指摘している物語が多いのも特徴である。成功物語に人々がエネルギーを鼓舞されることも多いのだが、じつのところ作者の意図はその破滅や否定をふくんでいるばあいが多々あるのである。

 たいせつなもの、捨ててはならないものをかれらは失ってゆくのだといったメッセージがふくまれ、サクセス物語はじつはアンチ・サクセス物語なのであるといったからくりである。

 こういった系譜の中に『Nのために』も位置すると期待したのだが、話の筋がぜんぜんサクセス野望物語ではないのでがっくりときた。けれども、これまでのサクセス野望物語もサクセス段階を視聴者には提供するのだが、メッセージは同じものであったのである。サクセスの段階で失ったもの、切り捨てたもの、見失ったものへの批判や否定がふくまれていたのである。

 これまでのサクセス物語が成功の陰に隠れた捨ててはならないものを陰画的にあらわしたとするのなら、『Nのために』はその捨ててはならないものを表面にあらわしたのである。怨恨や復讐の達成としてのサクセスではなくて、人々が助け合うという真のメッセージを表に堂々とあらわしたのである。

 サクセス物語に否定がふくまれていたのだが、むかしの人はそのサクセスの過程や頂点までの物語を歓迎した。批判の物語を奨励の物語として応援してきたのではないのか。陰画的なサクセス物語は批判より、応援の物語として機能してきたのではないのか。

 『Nのために』はそういった弊害をくみとって、野望サクセスを表面におかないで、作者がのぞむ真のサクセスを目に見えるものとして表面にもってきたのではないか。そしてそれはつまらないものであったのである。


ハゲタカ DVD-BOX銭ゲバDVD-BOXカイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]砂の器 DVD-BOX


関連記事
12 19
2014

セラピー・自己啓発

不満をいって改善されたか――『もう、不満は言わない』 ウィル・ボウエン

4763160133もう、不満は言わない (サンマーク文庫)
ウィル・ボウエン
サンマーク出版 2012-05-16

by G-Tools


 自分は不平不満ばかりはいわない。だけどあの人は、ほかの人はとか思ったりするのだろうが、人は自分が不満をいっていることにも気づかないものである。不満が自分の人生をいかに欠損しているかに気づいた人だけが、ようやくこのような本の価値に気づくのだろう。

 不満をいうごとに片手のブレスレットをはめかえて、21日間不満をいわないようにするというチャレンジの運動がおもな話になっている。送料別で無料で送ってくれるらしい。http://www.acomplaintfreeworld.org/

 不満をいうとどういう結果になるかは、自己啓発家の多くいう思考の現実化や引き寄せの法則をそのまま引き写しているだけで、その論理的な証明で説得してほしかったわたしにはすこし物足りない本だったかな。

 不満をいうより、ほしいものをはっきりいうほうがほしいものを手に入れられる。その試練がなくなった状態、ギャップが埋められた状態、問題を解決した状態を話すほうがそれを手に入れられる可能性が高くなる。だけど、ないないばかり不満をこぼして、永遠にない状態にとどまろうとするのが多くの人のすること。

 いまと違う状況を欲することが、事実の説明でなく、不平不満。

 人は不平不満をいうことがほしいものを手に入れる方法だと思い込んでいるのだろう。また自分の優越を見せて自尊心をみたすことであったりする。だけど頭が痛いといって頭痛がとれるか。天気に愚痴をいって晴れるか。あいつはアホだといって、やつは頭よくなるか。気分が悪くなるだけで、状況がよくなることはない。

 不平は「呪術」のよう信仰なのであって、「気分が悪ければ」状況が好転すると信じる呪術みたいなものであるw 超能力信仰である。

 人に不満や非難をぶつけることはのぞむことの逆の結果をもたらすのに人は不満を人にぶつけるものである。非難は相手の欠点や誤りを指摘することなので、相手はそれを不当と感じ、自分の正当化のために反撃、もしくは無視して反抗する。まあ不満をいって改善された、人が変わったと思えるなら、そのやり方をくりかえせばいい。

 不満をいうことは仲間をつくったり、だれかを結託して追いつめたりするために用いられるばあいもあるのだろうね。不満をいわないブレスレット・チャレンジでは何人かの友だちを失うだろう。だけど手に入れるものはもっと前向きなものなのだろうね。

 不満はそれをいえば、ほしいものや状態を手に入れられると思い込んでいたり、ほかの方法や習慣を知らなかったり、自分が不満をいって不快な気分になっていることすら自分では気づかないものである。

 このブレスレット・チャレンジのような方法で自分の言葉にはじめて注目して気づくといった具合である。自分の思考がネガティブかポジティブかさえも、注目と色分けしないと気づかないものである。これは瞑想の訓練とも同じである。

 不満のいちばんの損失は、状況が改善されないのにいつまでも不快な気分をもちつづけることだろう。なにも変わらないのにである。呪術や超能力は、自分の不快な気分だけに指示されるのである。

 わたしはとりわけ仕事の不満や価値について文句ばかりいってきて、それが改善・救済されることもなかったのだから、その点で深く活用することがありそうだ。価値を救済しなければ。


(文庫)もう、不満は言わない [人間関係編] (サンマーク文庫)いつもの「グチ」がなくなる本誰とも争わない生き方  人生にも魂にも善悪はないわたしたち不満族―満たされないのはなぜ?自分を棚にあげて平気でものを言う人 (祥伝社新書)


関連記事
12 17
2014

書評 労働・フリーター・ニート

二、三点いい言葉――『仕事がつまらない君へ』 小林 英二

4863540159仕事がつまらない君へ
小林 英二
シーアンドアール研究所 2009-01-23

by G-Tools


 仕事のつまらなさから抜け出せないわたし。けっきょく自分が価値あると思う仕事につけていない、挑戦できなかったという自分要因がつよいと認めざるをえないのだけど、目の前のつまらない仕事をどうにか克服できないか。

 なにかいい考え方はないかと古本で200円のこの本を手にとった。まあ体裁じたいがすごいことを書いているふうでもない本なのだが、二、三点いい言葉があった。

 自分探しというのは、自分を固定的に捉えることで、そういう探し方をしていると「過去の自分」に合った仕事しか見つからない。仕事を通して「新しい自分」をつくってゆくのが正しい考え方ではないのか。「新しい自分を発見できる仕事」や「新しい自分に成長させてくれる仕事」を選んだほうがすばらしいのではないか。これはいえていますね。過去の自分で捉えているとほかの可能性や新しいことには挑戦できませんよね。

 成長したかったら、「居心地の悪い環境」におくこと。いままでやったことのない仕事、できそうにない仕事、会ったこともないような人との仕事、居心地の悪い仕事をする。ぜったいに新しい能力を身につけなければならないという必要性に迫られる。せっぱ詰まった必要性がいちばん能力や成長をひきのばしてくれるのである。このひやひや環境に自分の身をおけるでしょうか。そういった環境に身をおかないと数年後の自分は成長していることはないのでしょうね。

 ケーキ職人でもふたつの考え方ができる。「家庭の主婦にもできるつまらない仕事。仕事はハード、クリスマス前には徹夜の連続。立ち仕事で力作業。稼ぎもたいしてない」と思うか、「ケーキの出番は人々が幸せなとき。ケーキで人をどう幸せにするか、笑顔にするか考えるだけで楽しい。幸せ演出業なのである。世の中の幸せにこれだけ関われる仕事はほかにはありません」。仕事の結果もとうぜん変わってきますね。

 この本の中で自ら決意して三年間モーレツに働けという章がある。その体験がないと仕事がおもしろくなることはないという。なにかを手に入れるためにはなにかを犠牲にしなければならない。そうかもしれないけど、うなづきたくない部分。


楽しい仕事はない。だから楽しくやる 入社1年目の教科書 (PHP文庫)楽しい仕事 なぜ働いても達成感がないのか 明日からやる気がわき出る心理学どんな仕事も楽しくなる3つの物語 (中経の文庫)仕事に幸せを感じる働き方和田裕美の今の仕事がつまらないと思ったら読む本 (だいわ文庫)


関連記事
google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
これから読む本
「やりがいのある仕事」という幻想 「捨てる力」がストレスに勝つ (集英社文庫 さ 28-5) がんばらない、がんばらない (PHP文庫) 楽しそうに仕事をしてる人の習慣術 (タノシソウニシゴトヲシテルヒトノシュウカンジュツ) 仕事が嫌になったとき読む本―打たれても出る杭になれ (PHP文庫) 一生、仕事で悩まないためのブッダの教え: シンプルに考える、自由に生きる (知的生きかた文庫)
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→UESHINZZ

FC2カウンター

Page Top