HOME
02 12
2016

書評 心理学

自分の線引きの失敗?――『分裂病と他者』 木村敏

4480090894分裂病と他者 (ちくま学芸文庫)
木村 敏
筑摩書房 2007-08

by G-Tools


 統合失調症の症状や、なぜそうなるのかということを知りたい初心者的なわたしにとって、衒学的な現代思想や現象学的言説にみちたこの本は難解すぎて、読書としては失敗だった。難しすぎて、意味がくみとれません。

 もう現代思想的な言説を理解しようとする努力をやめてしまって、ふつうの脈絡でも理解できる次元をもとめるようになったからね。

 わたしの統合失調症の興味は、電波や集団ストーカーといわれる他人に監視されていると思ったり、テレビやラジオで自分の考えが放送されていると思うような思考がなぜおこってしまうのかという疑問あたりだ。どうして疑わずにそれを真に信じてしまうのか、理性的に現実をとらえられる一面もある一方で、こういう認識のゆがみももたらされるのか。

 どうも根本的には、「自己が自己自身であることの病だということができる」といっているように、自分を立ち上げることの失敗のようである。

「「自己以前」を「自己」へと創立する時間の病いであることを意味する」といっている。発病の内面の歴史は、「「自己」の確立を求めて挫折した道程の記録となっている」

 自分の思考が抜き取られていると思ったり、集団に監視されていると思ったり、だれかが自分の思考を電波で流しているというのは、頭の中の声や思考が、自分のものか、他人のものか混濁してしまっている。「自分がなくなってしまっている」。

 頭の中の思いが、自分に帰属せずに、他人や外界のものとなっていたり、筒抜けになっていると思ったりする。「わたし」があまりにも希薄で、ゆらいでいる状態といえるかもしれない。

 自分の状態を自分に帰属させずに、他人や外界に読み込んでしまうのだろうか。

 自分と他人、外界の線引きをまちがってしまうのだろうか。わたしだって自分の他人にたいする考えが自分のものにすぎない、他人への怒りが自分の感情環境を最悪にしてしまうという線引きのあやまちを、けっこうな年まで気づかなかった。だけど他人が自分に見えるというような妄想までには発展することは絶対にないのだけどね。

 統合失調症は、わたしとはなにか、わたしをどう立ち上げるか、わたしと他人の線引きに失敗、といえるのだろうか。

 そういう哲学的な問い、立ち上げ方の失敗に思えるのだけど、こういった哲学的問いから問うた統合失調症の本を読みたいと思うのだが、見つかるだろうか。古本屋で探しても、あまりにも見つかる確率が少ない。

 ところで離人症患者の症例は、まったく神秘思想家の言葉とおなじであることも悩ましい。

「目で見るものがとび込んでくる」という離人症の症状は、空海の金星が口に飛び込んできたという覚醒の言葉とまったく同じであり、「物と目とが一体になっている」という状態は、禅者とエックハルトの言葉とまったく同じである。

 統合失調者はときに思考のサラダといった思考錯乱もおこるようだから、覚者とは同列に思えないが、同じ現象を体感しているといえる。


分裂病の現象学 (ちくま学芸文庫)自己・あいだ・時間―現象学的精神病理学 (ちくま学芸文庫)時間と自己 (中公新書 (674))自明性の喪失―分裂病の現象学精神分裂病―分裂性性格者及び精神分裂病者の精神病理学


関連記事
02 09
2016

販売・アフィリ

本と物語の力を――『12人の漁師たちを優秀なマーケターにする方法』 ジョー・ヴィタリー

489451523712人の漁師たちを優秀なマーケターにする方法
ジョー・ヴィタリー
フォレスト出版 2012-08-18

by G-Tools


 12人のパレスチナの漁師というのはキリスト教をひろめた人たちのことであり、キリスト教を広告の目でとらえなおした1920年代のベストセラー『誰も知らない男』を書いたブルース・バートンの広告術を教えた本である。複雑な構造であるが。

 広告術としていくつもいいことが書いてあるが、「業界の神になれ」と「寓話と友に語れ」はとくに感銘深かったので、そのことについて少し。

「とくに私が不思議に思うのは本を書くと誰でもとたんにその道の第一人者である、と思われることだ。たとえその本が間違いだらけであっても、だ」

 この言葉の意味は大きい。本を出すと内容をたしかめもしないで権威を感じる向きはたしかにある。戦略として使用できそうだ。

「あなたは知っていて、それをなんの苦労もなくできるかもしれない。でもほかの人は誰も知らないんですよ」

 なにも書くものをないと思うことは、人気のラジオ番組をもっていてテキサスでは誰も知らない人はいないというほどの人気者でも、おなじことをいう例が引かれている。

 「寓話とともに語れ」は抽象的な言葉より、物語のほうが人をひきつけ、納得させる力はたしかにあるのでしょうね。

 わたしは要点やメッセージを簡潔にまとめた抽象的な言葉を好むが、物語のほうがぐいぐい入ってくる側面ももちろんもっている。それを言葉で読み解かないと意味わからないと思うのだけど。

「ストーリーは、あなたのメッセージを相手に意識させることなしに伝達するための有効な手だ」

 そういえば、「新約聖書」だって物語になっているし、「法華経」も物語だ。

 わたしがまっ先に思い浮かんだのは、カーネギーだ。『道は開ける』も『人を動かす』もほとんど物語形式で語っている。印象深い人生の物語が語られていて感銘深く記憶されるのだが、あとから要点をひきだすのがわたしは苦手で、だから簡潔な抽象語を好むのだが。

 靴を売る時でも長所を述べるより、だれかの体験談として外反母趾で悩んで夜も眠れない人がこの靴をはくと痛みが治まったという物語のほうが人はひきこまれやすい。

 ほかにあえて弱さをさらせという章では、「あまりにも多くの会社が自分たちがいかに素晴らしいかをわめき散らしている」からだといっている。

 ほかに批判をすることが偉いと思われているSNSの時代にはこの言葉を。

「常に行動する者が批判する者よりも優れていることを忘れてはならない。
行動者は前に進み、批判者は立ちつくし、追い抜かれるだけなのだから」

 まあ、この本はマーケティングや広告の本でありながら、聖書的な章立てで書かれているのが新鮮といえば新鮮。いまでは忘れられたブルース・バートンの教えを発掘し、またその人の書いた本がキリスト教の広告法だから、ややこしい入れ子構造になった本といえる。とくに役立つ教えは上の二章だね。


誰も知らない男 なぜイエスは世界一有名になったか
ブルース・バートン
日本経済新聞社
売り上げランキング: 68,896


ザ・キー ついに開錠される成功の黄金法則 (East Press Business)お金持ちの法則「豊かさは、与えたものに比例する」伝説のコピーライティング実践バイブル―史上最も売れる言葉を生み出した男の成功事例269人を魅了する 一流の職業人であるための技術全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

関連記事
02 07
2016

販売・アフィリ

アフィリサイト半年目、売ることは難しい

アフィリサイト半年目の報告

 アクセス・ゼロのアフィリエイト・サイトを立ち上げて、半年たちました。

 もう、めげそうですね。売れることはほんとにぽつぽつしかありませんし、楽天経由の利益が数十円単位、月数百円単位で転がってくるだけ。

 アクセスのほうはブログ村のほうから新着記事からの流入をすこしは見込めますが、紹介アイテムを見つけるのもひと苦労。

 商材はレディース・ファッションにしていますが、いまはAmazonの売れ筋ランキングから自分の薦めたいアイテムを絞るだけ。

 センスや感度が問われるファッションだからむづかしい部分もあると思います。インスタグラムのファッションリーダーとか見つけて、そこからアイテムをひっぱるとかの工夫が必要なんでしょうか。

 ふつうのアフィリやっていても儲けにはなかなかつながらないですね。もっと発想を根本から考え直さないと売り上げは伸びないのかな。


 ■アフィリの効用

 自分の興味のないアイテムをあつかうことによって、お客さんを喜ばせる、注目されるとはどういうことかという根本的なことがつかめるようになったと思っています。

 アフィリって、考えようによっては自分で自営をやるとか、店をもつとかの疑似的な体験ができると思います。

 まったく知名度も認知度もなく、売れることもない店を運営することはどういうことなのか、アフィリサイトは疑似的に体験させてくれる貴重な経験をもたらしてくれます。

 自分の趣味のためにやる書評サイトでは、自分自身が楽しむためにやっているのでべつにアクセスが少なくても、あまり読まれなくても、自分のためにやっているという持続性は保たれます。

 しかし儲けを目的にするアフィリサイトはお客さんに見られて、買われなければ、モチベーションを維持できません。あくまでも読者、お客さんのためだけにやるアフィリサイトは、売れなければ足場を失ってしまう危ういものです。

 お客さんに認知されない、ちっとも知られていないということがどういうことか、儲け主体のアフィリサイトをすることによって、他者にまったく存在を認知されない状態が売ることのスタート状態なのだと実感を強くしています。

 趣味でやる書評サイトはべつに読書不在でも、自分の楽しみのためのモチベーションだけでつづけることができるので、アフィリサイトのような他者に認知されないことの大きさは、わたしにとってははじめてであり、有益な感覚だと思えます。


 ■販売・マーケティング本とソーシャルメディア

 アフィリサイトは疑似的に店を持つような感覚や立場をもたらしてくれます。そのおかげで販売本やマーケティング本、コピー、広告本が読めるようになったのは、大きな収穫だったと思っています。

 売れないこと、どうやったら売れるようになるのかと追いつめられて、その分野の本を勉強したくなるモチベーションを高めれてくれたのは、アフィリサイトのおかげです。さらに売れないことは勉強熱をもっと高めてくれます。

 たとえば趣味でサイトをやっていたり、売ることの最前線に立たない作業系の仕事ではそのような感覚やモチベーションをもつことはできませんよね。売れないと苦労してはじめてそのような本の需要が生まれます。

 アフィリが疑似自営や店舗と同じ勉強をもたらすといえるのなら、この販売やマーケティング本も、ブログやツイッターなどのSNSのあり方ともひじょうに似ている、つながっているともいえます。

 ソーシャルメディアの時代は店や企業だけではなく、個人もおなじような販売やマーケティング的な立場に立たされることになるのではないでしょうか。

 ツイッターでフォロワーや好評を受けるツイートをするには、これまで企業がおこなっていたような広告やマーケティング的な目線が必要になるということではないでしょうか。企業がめざしていることって、SNSで個人が人気を得ることとひじょうに似ています。

 ブログで人気記事を書くことも同じです。店や企業のどうしたらお客さんに注目され、買ってもらえるかと考えていた視点って、ブログでどうやって注目され、人気のある記事を書こうかと思う視点とまったく同じです。

 趣味や好みで書く記事やツイートは、他者のウケより自分の楽しみで書かれることが多いから、あまり他者のことまで考慮が浮かばないかもしれません。でもアフィリになるとまず他者ありき、お客さんのために書かれるので、お客さんのウケや注目が第一になります。アフィリは強制的な他者第一主義になりますね。

 趣味は自分を楽しませることが第一になりますので、他者に届くか、他者はどう思うかはあまり強く意識されることはありません。アフィリはより読者第一主義の視点をもたらし、それは多くの人に届けようとするエンタメ要素を強めるのではないでしょうか。


 ■売れないこの先

 販売やマーケティング、広告などの本をもう二、三十冊は読んだでしょうか。

 でもいくらコピーの本を読んでも、自分の頭からしぜんに売れるようなコピーが出てくることはないんですね。反復して覚えて、身に染みるほどにならないと、頭からしぜんにわきあがらないものなのでしょうね。

 それとも商才のようなものはほんの数ヶ月本を読んだだけでは身につかないような長い年月をかけた蓄積や才能のようなものなのでしょうか。

 販売本やマーケティング本を読めたことは、わたしにとっては収穫だと思っています。アフィリサイトを真剣にやるようにならないと、他者第一主義のような目は育ちません。

 他者を喜ばせることが好きな人はもともとにそなわった性質なのでしょうが、私のような自分を楽しませることを主体に生きてきた者にとっては、そういう他者を喜ばせることが必要な視点はひじょうに勉強になります。

 まあ、半年やってアフィリの売り上げはほとんど立っていません。すこしの上増していどの稼ぎが加わっただけです。

 これからもつづけるべきか、やってゆくことに価値はあるのかと迷うのですが、広告本やマーケティング本を読むモチベーションを維持する意味で、もうすこしつづけたほうがいいのかもしれません。

 これはブログやSNSに通底する視点だと思いますしね。

 売ること、知られることはこんなに難しいとわかったことは、ひとつの収穫でしょうか。他者を喜ばせようとする視点の醸成もわたしにとっては有益なことだと思います。

 どうやったら売れるようになるか、といったことを考えて悩むことは、これからのソーシャル時代にも通底する視点と捉えて、これからもアフィリサイトをがんばってゆくべきなのか、といったところでしょうか。


 
関連記事
google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top