FC2ブログ

HOME
10 17
2018

幻想現実論再読

マインドフルネスの源流――『無常の教え』 アーチャン・チャー

無常の教え
無常の教え
posted with amazlet at 18.10.17
アーチャン・チャー
サンガ


 テーラワーダ仏教を読む第三弾――スマナサーラ、ティク・ナット・ハンと読みすすめてきて、アーチャン・チャーを読む。

 アーチャン・チャーはタイの仏僧で、アメリカでヴィパッサナー瞑想をひろめたジャック・コンフィールドが教えをうけたことで、その源流が開発されるようなかたちで、いま輸入されているのだろう。

 つまり、マインドフルネスの原点を輸入するかたちで、テーラワーダ仏教が注目され、いまテーラワーダ仏教の日本での興隆がおこっているのだろう。

 読了感としては、なにかいままでと違うことをいっているか、なにか目新しいことをいっているのかということのほうが疑問だったのだが、マインドフルネスとかの医学的な知見から仏教に入ってきた人には、新鮮に映るのかもしれない。

 わたしはトランスパーソナル心理学で神秘思想や仏教を知り、そのいぜんにはさらにアメリカの自己啓発だったから、日本におおむかしからある伝統仏教はぜんぜん相手にされず、舶来や外来としか吸収されなくなっているのだろう。

 ほんと、日本の伝統仏教はお説教くさい一般道徳を説いていて、アホくさくてとっつきにくいのだが、大乗仏教や重要な経典にさかのぼろうとしても、たいへん苦労する。わたしも系統だった仏教の勉強がぜんぜんできず、ほんと偏った仏教理解しかできていないだろう。神秘思想も大乗も上座部もごっちゃになっていて、いちいち違いもよく見分けられない。

 そういう目で見ても、このアーチャン・チャーは、べつになにか違ったことを語ったのかと疑問に思うほど、ふつうのことを語っている。「無常・苦・無我」という覚えやすい要点で、仏教を語ったことは、理解を近づけると思うが。

 無常というのは、日本ではなにか悲しげな情感をもって見られているが、この世界の時間論を語ったものとすれば、理解しやすいとわたしは考えている。この瞬間はあっという間に過去になり、過去はこの地球上のどこにも存在しなくなる。わたしたちは、もうつぎの瞬間には存在しないものになり、存在はこの瞬間だけをつぎつぎとわたってゆく。この瞬間だけに存在する法則に、感情や心を沿えてゆけば、苦悩を継続することはない。時間論からこの世界のありようを理解することは、とても大切だと思う。

 テーラワーダ仏教の三人を読んで、スマナサーラは日本の伝統仏教に近い俗っぽいお説教仏教に近づいており、ティク・ナット・ハンは内省的でわたしはまた読みたいと思わせたし、アーチャン・チャーはべつに特筆するものもないように思われた。

 マインドフルネスは1979年にジョン・カバット・ジンが提唱したとされるが、この流れが医学界を席巻し、その源流たるテーラワーダ仏教、上座部仏教が、この日本でも注目されるという流れになっているようだ。わたしは97年にリチャード・カールソンに出会って、仏教の価値を知ったのだけどね。


[増補版]手放す生き方【サンガ文庫】アチャン・チャー法話集 第二巻 マインドフルネスの原点ビーイング・ダルマ (上)― 自由に生きるためのブッダの教えマインドフルネスのはじめ方―今この瞬間とあなたの人生を取り戻すためにマインドフルネスストレス低減法


関連記事
10 16
2018

幻想現実論再読

虚無主義に笑うしかない――『ルバイヤート』 オマル・ハイヤーム

ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1)
オマル・ハイヤーム
岩波書店


ルバイヤート
ルバイヤート
posted with amazlet at 18.10.16
(2012-09-27)


 たまたま古本祭りで、「なんの本なんだろう」と手にとったら、最高ですね。

 人生の無意味さ、虚無主義を、直接に、あけすけに語っていて、もう笑うしかない。宇宙的スケールでの人生の無意味さ、はかなさ、ムダに帰す嘆きがずっとつづられていて、短い詩だけど、ここまで語った人がいたのかと感服。

 もっともオマル・ハイヤームは11世紀のペルシアの詩人であって、わたしが知らなかっただけ。

 ヨーロッパでもエドワード・フィッツジェラルドが自費出版で出版したが、売れず、ようやくラファエル前派の詩人たちによって注目されたというエピソードが、まえがきに書かれている。このフィッツジェラルドは、あのアメリカのスコット・フィッツジェラルドではない。

もともと無理やりつれ出された世界なんだ
生きてなやみのほか得るところがあったか?
今は、何のために来たり住みそして去るのやら
わかりもしないで、しぶしぶ世を去るのだ!

自分が来て宇宙になんの益があったか?
また行けばとて格別変化があったか?
いったい何のためにこうして来たり去るのか、
この耳に説きあかしてくれた人があったか?



 ただ、この世界につれ出されて、意味もわからず、またそのままでこの世界を去る。人生の無意味さ、わからなさが、短い詩だけど、語られていて、共感の思いにつつまれる。

 母から生まれなかったほうがよかったとも嘆く。どうせなにも残せないなら。なぜ連れて来たのか、それすらもだれも答えてくれない。

 この世の真相もわからず、影のような人生も、水の泡のようにあっという間だ。オマル・ハイヤームは学者であったというから、真相を究明しようとした人生の焦燥もふくまれるのだろう。

九重の空のひろがりは虚無だ!
地の上の形もすべて虚無だ!
たのしもうよ、生滅の宿にいる身だ、
ああ、一瞬のこの命とて虚無だ!

戸惑うわれらをのせてはめぐる宇宙は、
たとえてみれば幻の走馬燈だ。
日の燈火を中にしてめぐるは空の舞台
われらはその上を走りすぎる影絵だ



 短い詩だから、このような引用に出会うより、本書で直接にあたってほしいので、引用は少なめにしたほうがいいのだろう。

 ただただ、人生の無意味さ、わからなさ、はかなさに共感するしかないのだが、このような嘆きを読むことにどんな効用があるのだろうと思う。

 「メメント・モリ」――死を思えのような効用があるのだろうか。オマル・ハイヤームは酒をのんでたのしめと、これは酒の広告なのかと思うほど、酒をすすめるし、一瞬を生きろともいう。刹那主義や享楽主義に傾いている。

 現世を否定して、宗教に望みを託せというわけでもなく、地獄や天国から帰ってきた人はひとりでもいるのかと問う。ひじょうに唯物論的であって、現代人の感覚に近いといえる。唯物論では、この人生のはかなさを嘆くしかないのである。

 この自虐的な嘆きに笑うしかないのだが、これが効用かもしれないなと思う。言葉や思念で嘆くことの無意味さに、また連れ出してくれる。もう嘆いても仕方がない。思っても、考えても仕方がない。そういう境地に運んでくれるのではないかと思う。

 それは瞑想の境地に近いものだ。言葉や思念の力を信用せず、いっさい捨てさせる。ただ「あるがまま」に身を添えるように、たんたんと過ごしてゆく。嘆きは嘆きを継続させるのではなく、嘆きを浄化させる。言葉や思念の消えたところに、もはや嘆きも悲しみもない。この『ルバイヤート』はそういう境地に連れていってくれるのかもしれない。


ルバーイヤート (平凡社ライブラリー679)ルバイヤートの謎 ペルシア詩が誘う考古の世界 (集英社新書)アラブ飲酒詩選 (岩波文庫)サマルカンド年代記―『ルバイヤート』秘本を求めて (ちくま学芸文庫)ルバイヤート集成


関連記事
10 13
2018

労働論・フリーター・ニート論

Kindle本第二弾、『労働と自由についての回顧録』、出版されました!

 Kindle本第二弾、『労働と自由についての回顧録』、出版されました!

 ¥99円のお得価格になっていますので、お気軽に読んでみてください。

 紙本420ページ分のボリューム!





 この本は、当ブログからの労働論のエッセイと書評をまとめたものですので、むかし読んでいただいていた方には物足りないものかもしれません。権利関係から、収録された過去記事は非表示になっています。

 書かれた期間は、おもに2005年から2010年にかけて書かれたものです。


 ではなぜいま出版するのかというと、たんに初作を出版して電子書籍化の方法を覚えたからという理由が、ひとつにあります。4年前に電子書籍化に頓挫していたから、なおさらです。

 ほかの理由としては、わたしたちの労働環境は改善されたか、変わったかというと、そういうことはあまりないと思います。非正規や労働状況は、ほんとうに変わったのでしょうか。

 わたしたちが抱く労働への不満、労働に覆われる人生、お金のために拘束される人生というのは、なにひとつ変わっていないと思います。

 労働というものは、思った以上に変わってないと思わされることは、わたしも四十年前の労働の本を読んで、なにひとつ現在と変わってないやと思ったことがあります。わたしの書いたものも、下手したら何十年もあとになっても、同じ思いを抱く人がいるかもしれません。

 なにより、職業社会に乗り出した若者たちが、過酷な労働状況に放りこまれて、この社会はいったいなんなんだ?と思われたときに、わたしの本のような先人の手がかりがなにかの役に立てたら、という願いが込められています。

 労働に不満や疑問をもちつづけたわたしは、労働の価値を軽く見ていたり、重きをおかない考え方をもっています。

 この会社をやめたら終わりだとか、この会社の評価が自分のすべてだと思っていたり、ブラック労働から逃れるすべを知らない人のような生真面目な人たちには、わたしのような「反逆的な考え方」は、それらの負担を減じられるのではないかと思います。

 でもやっぱり、わたしが苦闘してきた労働への憤り、不満、疑問にたいする思考や考察が、なにかの役に立ってほしい、手がかりになってくれればいいなという思いがいちばんですね。

 そのような思いや願いが込められて、これらの文章は、電子書籍としてまとめられました。

 99円ですので、「缶コーヒーでもおごってやる」の気持ちで、購入していただければ幸いです。



 ■出版記念同時セールをおこないます!

 初作の『思考を捨てる安らかさ』が、

 通常販売価格¥280円が、
    ↓
 なんと、¥99円のセール価格で販売します。




 セール期間は、今日から約二週間を予定しています。10月27日までこのお得価格で購入いただけます。

 神秘主義的な心理セラピーの方法をつかんで、心の安寧とともに生きていってください。


関連記事
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

初のKindleセルフ本、発売中。他人に感情を振り回されてばかりいる人、過去を後悔してばかりいる人、必読。長年の習慣から解放される心理セラピー。



twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top