HOME
08 22
2016

毒親・親子病理

日本の理不尽な権力構造を支えるもの――『体罰はなぜなくならないのか』 藤井 誠二

4344983149体罰はなぜなくならないのか (幻冬舎新書)
藤井 誠二
幻冬舎 2013-07-28

by G-Tools


 2016年の現在時点で、体罰が大きな関心や問題と思われていることはまったくない。

 2012年12月におこった桜宮高校のバスケ部主将の体罰による自殺事件が騒がれ、女子柔道ナショナルチームの監督から体罰をうけていた告発がなされた一連の騒動は、いまではまったくなかったかのごとく沈静化している。

 この本はそんな影響下にあった2013年7月に出され、例のごとくマスコミから問題が忘れ去られるとともに、忘れられた一冊の本になっていったのだろう。事件のときだけ世間は騒ぎ、問題にする体質はどうにしかならないかと思う。あの騒動以来、この日本社会から体罰は一掃されたといえるのか。日常や通常な状態に問題こそを感じるべきなのだとつねづね思うのだが。

 子どもを死に追いやった体罰教師であっても、地域の保護者や世論は、その教師を守ろうとする風土があいかわらず残っている。保護者は、体罰を用いてでも子どもを強くしてくれた、勝たせてくれた、子どもに有利な結果をのこしてくれたと、体罰・暴言教師は「いい先生」になるのだ。

 体罰で子どもをなくした遺族がその教師を裁判で訴えたりすると、地域からの非難や批判が巻き起こることがあるそうである。自分の子どもが体罰によって、「殺された」としても、地域の声に協調できるというのだろうか。

 日本には、理不尽なものを受け入れて強くなるという精神文化をもっている。理不尽な体罰や暴言、過酷なトレーニング、厳しい約束に耐える力こそが、社会に出るための重要な訓練だと思われている。

 まるでブラック企業や理不尽な労使関係に耐えるための訓練かのようであり、日本は学校教育からして、徹底的に理不尽なブラック企業に貢献できる人材を量産しているかのようだ。学校教育も、ブラック企業も地つづきなのである。そして保護者もそれを擁護するなら、家庭にも虐待やブラックな権力関係がにじみだすというものである。

 生徒自身は、理不尽な体罰や暴言に耐え抜いた自分をほめ、耐え抜いたことがまちがいでなかったと、体罰教師をいい先生だったと郷愁するようになる。そしてその論理が逆転すると、耐えられずにやめていった仲間、トラウマになって苦しんでいる仲間、体罰で死んでしまった仲間にたいして、根性が足りなかった、我慢が足りなかったと、負け組の烙印を押す精神構造ができあがってしまうのだ。

 理不尽や体罰や暴言に耐えること、ブラックな労働環境に耐えてものいわず働きつづけること、こういった精神は一連なものとして、学校と企業間をつないでいる。上下関係の絶対化を理不尽なまでにからだに覚えさせられ、それに一言も文句も、疑問ももってはならない従順な企業戦士ができあがる。

 そしてそれを、親や保護者ものぞんでいるという日本の精神風土。

 体罰問題が騒がれて、またなにごともなく沈静化していった背景には、日本の権力構造、上下関係の浸透具合が、いかに深いものかを思い知らしめるものなのだろう。

 権力をふるうもの、ふるわれるものの共犯関係、保護者までそれを擁護する関係に、日本の権力構造の日常の潜み方が、垣間見えるというものだ。

 体罰や暴言をゆるしてしまう日本の教育現場に、日本の権力構造の深い根がしっかりと日常の隅々にまで浸透しているのだ。社会問題論として体罰の重要性が組み込まれていない現状こそ、疑問に思わなければならないものかもしれない。

 上の者が絶対的な権力をふるう現場こそ、われわれの権力関係の根底をになっているものではないのか。


学校と暴力: いじめ・体罰問題の本質 (平凡社新書)先生、殴らないで!―学校・スポーツの体罰・暴力を考える体罰の社会史 新装版しつけと体罰―子どもの内なる力を育てる道すじ「指導死」

関連記事
08 21
2016

バイク・ツーリング

雄大な山ごもり、信州ツーリングにいってきました

 バイクをエストレヤからグラストラッカーにのりかえて、発進と走りのなめらかさに気をよくして、お盆休みに大阪から信州への5泊6日のツーリングにいってきました。

 雄大な山の景色といえば、飛騨や信州と思って、なんども足を運んでいるのですが、なにか違うと思うのは、アルプスの雄大な山々に雪がかぶってないからでしょうか。寒さに苦手なわたしは冬の山間部ツーリングなんて絶望的です。

 立山黒部とか、上高地とかめざすのですが、マイカー禁止で先にすすめず、これといった絶景と出会えずにふつうの緑の山々のシャワーを浴びつづけるだけの森林浴ツーリングに終始した気がします。

 残念だったのは、大感動したビーナスラインを人生で二度も訪れることができるとは思ってもみなかったのですが、到着すると寒さで参りそうなところに雨が降り、霧がかかり、このままでは事故りそうだと、退散したことです。これはがっくり。

 大阪に帰ってくると、あらゆるところから人がうじゃうじゃ出てくることにウンザリしたのですが、ツーリングの6日間、いかに人を見ず、出会わなかったかということですね。

 6日間のコースは以下のようになります。泊まったところはすべてネットカフェです。ネットカフェは街中へたどりつく縛りがキツいので、気まぐれ山間部ツーリングには適していないのかもしれません。

 1日目 →岐阜県羽島郡
 2日目 →長野県松本市
 3日目 →富山県富山市
 4日目 →長野県上田市
 5日目 →愛知県北名古屋市
 6日目 →大阪

 グラストラッカーはクルマをひきはなす発進力はたいへん気に入っていますが、山道やカーブがハンドルが軽すぎて安定性がないので、ついスピードを落として、追い立てる後続車が気になりました。

 山道のサーキットや高速走行になるオキテみたいなものに、ひじょうに疲れました。きれいな景色を楽しむために、もっとのんびり山間部を走りたいのですけどね。

 写真ははじめての新鮮な景色に感動していたころに比べて、だいぶ撮る量が減ってきました。


P1010006.jpg
琵琶湖は野原の休憩所がたくさんあり、ほかのところでは見つけにくいので、休憩所天国といえるかもしれません。それにしても、関が原を抜けるまでのコースがもう見飽きてきました。

P8120045.jpg
野麦峠にまた来てしまいました。べつにたいした見どころはないのですが。女工哀史としての映画を知っている若い人もだいぶ少なくなったのではないでしょうか。

P1010051.jpg
松本市のアルプス公園は、住宅地をちょっと上がるだけで壮大な松本盆地の風景をながめられますね。大阪から岐阜県羽島郡をへて、2日目に松本市にたどりつきました。松本市は小学校にフェンスがなくて公園と思ってたばこを吸うのはためらったり、墓石が黒いのが多くて驚いたり。

P1010073.jpg
上高地はマイカーが禁止になっていますが、穂高岳にはだいぶ近づけますね。山登りの聖地の臨場感があじわえました。

P1010088.jpg
もうどこの写真かわからないところが多々出てきたのですが、これは穂高岳から帰るときの橋の風景でしたか。

P1010083.jpg
3日目には富山にたどりつきました。家のまわりには防風林が家を守っていて、独特の風景。むこうの家の樹々はちろちろで、弱々しそうなんですが。

P1010092.jpg
3日目に富山湾にたどりついた対岸には魚津の街の灯りが。荒れ狂う日本海の波のイメージがあったのですが、ここはなだらかな海岸スロープで、海は穏やかなんでしょうか。

P8120034.jpg
もうどこの風景かわからない変哲のない田畑ですが、田んぼと山の緑の風景はそれだけで、コンクリートと人だらけの大阪に住むわたしには癒しとのどかさを感じさせる風景です。

P8140102.jpg
4日目、富山のネットカフェを夜も明けない早朝に出て、富山湾の朝日をながめて、糸魚川の海岸線を走りました。立山もマイカー禁止で、雄大な山の風景も近くでながめられません。

P8140106.jpg
糸魚川のヒスイ海岸で、疲れにまかせて昼寝。ウミカモメにえさをあげます。空を舞っている瞬間を撮れなかったのが、残念。

P8140109.jpg
岸壁にへばりつくような親不知の海岸線を走ります。半開きのトンネルの下は断崖絶壁の海のスリリングさをあじわいます。この先はもう高速道路が海の上に伸びていますしね。

P8140116.jpg
4日目、白馬から戸隠高原あたりの風景をながめて、千曲川のスケッチに名高い千曲川をながめたいと思っていました。

P8140118.jpg
戸隠神社、高原へといたる大望峠からの展望ですね。雪景色が残っておれば、爽やかな景色を見られたのでしょうが、真夏はいまひとつアルプス感がありませんね。

P8140124.jpg
もうどこかわかりませんが、平原の田原が美しく感じられるのは、険しい信州の山々の対比からでしょうか。岡山ならいくらでもありそうなのっぺりした風景として感じられたかもしれません。

P8140125.jpg
4日目の夕方、暑さと疲れで頭痛勝ちになり、千曲川沿いから松本盆地に帰る体力がありません。たしか上田市あたりにネットカフェをいくつか地図で見かけた覚えがあるのですが、幹線道路沿いにいくら探しても見つからず、疲れ果てた公園で。一店、ローカルなネットカフェはかろうじて見つけたのですが。

P8150132.jpg
5日目、帰りの行程を気にあせりながらも、人生で二度もこれると思っていなかった大感動のビーナスラインに。でも王ヶ頭にきてしまったら、来た道を行き返して大幅な時間ロスに。つながっていなかったんだったな、イタい大回りをしてしまった。

P8150134.jpg
バイクにお世話になっていますが、あまりバイクに興味や思い入れがあるわけではなくて、たまに記念撮影。グラストラッカーは250ccで、原付並みに小さいですが、発進力は車を遠ざけるパワーがあります。ただカーブや山道がハンドルが軽すぎて、安定した走りができずに、減速がちになり、後続車のつきあげが気になって仕方ありません。

P8150141.jpg
大期待のビーナスラインですが、遠回りして時間を大幅にロスしたうえ、寒いのに雨が降ってきて、しかも霧で視界がゼロ。夏は三日に一日は濃霧に巻き込まれるみたいですね。事故りそうに思えたので、大展望をあきらめて松本に降りることにしました。

P8160161.jpg
あきらめざるをえなかったビーナスラインあたりの山々にあつい雲がかかっていますね。これはダメですね。自然の美しい風景は自然の厳しさとセットであることも忘れたくないですね。

P8150145.jpg
5日目、帰路にあせって、塩尻から名古屋までの中山道、19号線をひたすらわき目もふらずに走りつづけました。山中はほかの車のペースに押されて、強迫的なサーキットになってしまいますね。うしろの追い上げに気兼ねしてスピードをあげて、車列を崩さないように猛スピードで山道を走らざるをえません。遅い車の列のうしろにつくと、ほっとします。どうにかなりませんか。

P8150151.jpg
思わず盆地のすり鉢状の風景が美しいと足をとめた恵那山ふもとの岐阜県中津川市の風景でしょうか。

P8150154.jpg
19号線をずっと下っていると、地図で見つけた大縣神社。性器崇拝でネットで騒がれる神社ではないですか。思わず寄ったのですが、もう夜の闇は降りていて、ご神体もなにも見えず。

P8160164.jpg
最終日の6日目、北名古屋から大阪までgoogle検索では5時間のコース。でも名古屋市街で方向感覚を失い、ぐるくる回り、養老山地の365号線にたどりつけたのは昼過ぎ。亀山から伊勢街道163号線を通り、柳生街道を抜けて桜井に出ました。大阪まではこの日一日12時間かかりました。


 6日間のガソリン代は、だいたい6000円くらいでしたね。グラストラッカーは6ℓしか入らず、150㎞ごとに給油しなければなりませんが、奥深い山々のあいだでもしのぐことができました。

 ネットカフェは8時間ナイトパックで1,300~1,800円ほど×5日。食事代も込みで、トータル3万円近い出費でしたか。ひたすらバイクで景色をながめるツーリングでした。

▼お世話になりました。2008年版の古い版を使いましたが。


関連記事
08 18
2016

毒親・親子病理

虐待を描いた小説・映画――『愛を乞うひと』 下田 治美

4041873010愛を乞うひと (角川文庫)
下田 治美
角川書店 1993-04

by G-Tools


 虐待を描いた映画として見たかったのだが、見る機会にめぐまれず、小説のほうを読んだ。

 長野方面の6日間のツーリング中、休憩がてらに読みつづけて、けっこうひきこまれた。

 孤児院で育った少女が、10歳のときに母にひきとられ、それから8年間、暴力的虐待をうけつづける。月に二、三度ほどの頻度で虐待をうける。

 高校卒業後、働きだしてひとり暮らしのお金が稼げることに気づいて、まだ貯まったいないのに母の暴力がはじまったのをきっかけに逃げ出して、それから30年母と会っていない。その後、結婚して夫を交通事故であっけなく亡くし、娘とふたりで幸せに暮らしている。

 虐待のようすは凄惨なのだが、意外に冷めた、冷静な目で記述されていて、なんとなく違和感をおぼえた。

 その後の話は結核で亡くした父のお骨探しにルーツの台湾にまで飛ぶ話になり、この小説は、在日二世のアイデンティティ探しのような話になってゆく。この小説は、そういった政治的次元もふくむのか。

 虐待の連鎖の話を読んできた身としては、この女性が娘に虐待をおこなわず、幸せに暮らしていることに、どうやって心身の傷をのりこえ、母のようにならなかったのかという疑問やつながりの問いが、希薄に思えた。

 また母がなぜ虐待をくりかえし、娘を愛することもなかったのかという掘り下げもなかった気がする。父に愛された、かわいがられたという経験と記憶が、彼女を守ったのだろうか。

 1992年に書かれた小説であり、その後、虐待にかんする連鎖やトラウマはもっとふかく追究されるようになり、いまこのような小説が書かれると、もっと虐待の影響が深刻に描かれることになったと思う。

 映画では、原田美枝子の虐待や毒親ぶりはどのように描かれていたのだろうか。大原麗子が映画化したいと願った作品だったそうだが、なにを見出したのだろうか。
 



愛を乞うひと [DVD]
愛を乞うひと [DVD]
posted with amazlet at 16.08.18
東宝 (2004-12-23)
売り上げランキング: 64,817



関連記事
google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top