FC2ブログ

HOME
08 22
2018

幻想現実論再読

判断できる立場にありません――『無我の体験』 バーナデット・ロバーツ

4864511403無我の体験
(覚醒ブックス)

バーナデット・ロバーツ
ナチュラルスピリット 2014-10-23

by G-Tools


 この体験記は手ごわすぎて、わたしは判断できる立場にはいない。

 ワンネスの世界観はほかの覚者とおなじことをいっているように思うが、それにいたるまでの苦悩の体験記が、ときに離人症的なものではないかと思えて、この道筋はほかの人もたどる道ではなく、自己概念のありかたが違うことによって、異なる認識順序があるのではないかと思える。

 この本は修道会やふつうの主婦として生きる女性が、自己喪失や沈黙といった体験をへることによって、神秘体験の意味を知ろうと格闘する体験記である。師が教えをあたえる本ではない。

 自己喪失や沈黙に支配されることによって、身体の感覚を動かすことさえ困難な状況に彼女はおかれるのだが、それは幽体離脱のような状態に似ているともいえるし、これは宗教的法悦とよべるものではなく、離人症的な症状であるといえることもできる。わたしはその疑惑にたえずいったりきたりした。

 考察の部分でいっていることだが、彼女は感情的自己をうしなうことを恐れる認識構造をもっている。それを失う恐れが、彼女に独特の感覚世界をもたらしたとも考えられる。

 彼女はキリスト教文化圏に生きていて、東洋宗教的な無我の知識はほぼない。仏教を読んでもなじめず、トマス・マートンやエックハルト、トマス・アクィナスに範をとるくらいしかできない。キリスト教文化圏では、無我の経験はただ驚くものでしかない。

 まあ、わたしにはこの体験記を判断する場所にはいない。整理も位置づけもできない。せいぜいワンネスの世界観を仰ぎ見るだけである。

「これが、私の行き着いた結論でした。究極の真実とは、すべては虚無であり、自己はその虚無を埋めるものに過ぎない、そして人の言葉とは、真理も知らず、不可知に耐えられない自己が発した無意味なものであるということです。
…ゴールには空虚しかないことも知らず、いまだに探し求めている人を気の毒に思いますが、忠告する気もありません。なぜなら真実を知っても人生がより良くなるわけでもなく、ただ延々とそれは続いていくからです。」



「私はずっと、自己が崩壊した後の「無我」の沈黙から大いなる不可知のもの、すなわち「神」が示現するのではないかと期待してしました。けれども、最後に無我の沈黙さえも消滅してしまったときに、この考えも誤りだったということに気づきました。…むしろ、初めからずっと神はいたのです。しかし、「それ」を目にする前に、私は内側の沈黙や虚無と同じものが万物に浸透していることを体験しなければなりませんでした。しかし、非局在的な無形の大いなる沈黙こそが、「遍在するすべて」であるということを体験したとき、ついに「それ」を目にすることができたのです。」



「というのも、「一体性」、あるいは「それ」は対象ではないので、注目したところで目に見えるものではないからです。むしろ、それは行為なのです。言うなれば、神は「見る者」でも「見られる物」でもなく「見るという行為」なのです。」



「そもそも心に「自ら投影する」という機能がなければ、思考をする人も、行動を行なう人も、感情を感じる人もいなくなってしまうので、自己はおのずと存在できません。この自律的な心の機能のおかげで、初めて心は自らを認識できるのです。とすれば、投影機能によって心が自らを「対象」として認識するということは、意識の領域では、「主体」が「対象」と一致します。言い換えれば、意識の世界では何かを見たり聞いたり触ったりできる感覚が対象となるのではなく、常に「自ら(主体)」が「対象」になるのです。つまり、「自己」あるいは、「主体」の正体とは、心が自らを対象として見ているものだということになります。」




神はいずこに―キリスト教における悟りとその超越意識に先立って ― ニサルガダッタ・マハラジとの対話存在し、存在しない、それが答えだ (- To Be and not to be, that is the answer - (覚醒ブックス))「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー(SIBAA BOOKS) (シバブックス)瞑想の種子 (1965年)


▼はじめてのKindle本を出版しました。心の誤った捉え方に気づくことができます。
 
B07GGN2R27思考を捨てる安らかさ
うえしん
2018-08-14

by G-Tools



関連記事
08 18
2018

幻想現実論再読

【終了しました】本日17時から無料ですよ。2日間限定。じゃんじゃんダウンロードしてください。

【終了しました】
 トータル233冊ダウンロードしていただきました。ありがとうございます。
 有料価格、税込み280円になります。

 Kindleストア・ランキング 無料TOP100において、最高位
 心理学・宗教において1位、
 ストア全体で、4位を獲得しました。
 みなさんのおかげです。

 あとは、わたしの本をじっくりと洞察していただきたいです。



 わたしの出版されたばかりのKindleセルフ本が、本日の17時から無料ですよ。

 2日間限定です。

 この期間が終われば、通常の280円に戻ります。

 いまのうちにダウンロードして、PCやKindleに常備しておきましょう。

 期間は、

8月18日(土曜日)17:00
   ~8月20日(月曜日)16:59
までです。



 この無料のチャンスを逃さないように、読んでほしいです。

 あなたの人生、心にたいする捉え方がぐるりと変わる本になるかもしれません。


思考を捨てる安らかさ
(2018-08-14)
売り上げランキング: 16,397



 内容は、心理セラピーや感情セラピーといったものです。

 悩みや悲しみ、怒りなどに囚われて離れないという方にはぜひおすすめのセラピーとなっています。


 仏教や禅、神秘思想がわからないという方は、心理学的、哲学的な足場から、理解できるような内容となっていると思います。

 言葉や感情、過去といったものが、フィクションや幻想であり、実在しないものであるという認識を得られるようになると思います。

 あなたは存在しないものに、悩み、悲しみ、苦しんでいた、とわかるようになるでしょう。

 人間の認識のだれもが陥ってしまう過ちを、精緻に、論理的に、知ってしまうことになるでしょう。

 あなたはこれを実感できたとき、笑いだすかもしれません。



関連記事
08 17
2018

読書

Kindleセルフ出版のわたしのつくり方とぶち当たった壁

 Kindleセルフ出版のわたしのつくり方ケースと困難、ぶちあたった壁などをしるしておきます。

 kindleセルフ・パブリッシングのつくり方は、ネットで調べれば、さまざまな情報がわかるようになっていて、わたしはそのつど課題になった出来事を検索するようにした。ただ数年前と事情がちがっていることも多々あり、現在はもっと簡易になっていることが多い。

 アマゾンのKDPに登録する際、アメリカに税の書類を提出しなければならないというおそろしい情報もあったが、いまはアマゾン内で登録できるようになっている。できるだけ最新の情報にふれるほうがいいですね。

 一連の流れとして、テキスト・ファイルで本文をつくり、でんでんコンバーターで電子書籍のePub形式に直し、Kindleプレヴューアーでチェックし、そこでmobi形式に変換できるようになっている。登録画面でePubでアップできるようになっていたから、もしかしてmobi形式に直さなくてもよかったのかもしれない。


テキスト作成はVertical editorをつかった


 テキスト・ソフトはほんとにどれでもいい。Note padやメモ帳でも軽くていいという人もいるから、一太郎やwordにこだわる必要はないのかもしれない。Tera padがいいという人も多くいたが、これはプログラミングのソフトですよね。

 わたしは原稿用紙形式で、縦書き、章立てもできるVertical Editorのほうが気分が文豪みたいでいいと使ったが、あとでePub形式に直すと、段下げがぜんぶ失敗していて、すべて手作業で直さなければならなかった。もう使わないかもしれない。装飾系はぜんぶでんでんコンバーターがやってくれる。見出しとか太字とか、引用分の指示だけが必要なわけだが。

 Vertical Editorは原稿用紙の大きさだから、一文字の慎重さがちがう。テキストソフトの小さな文字だと一文字の慎重さが欠けるようになるとわたしは思うのだが、些末なこだわりかもしれない。


でんでんコンバーター大活躍


 電子書籍はePub形式が主流のようなので、それに変換してくれるでんでんコンバーターがおおいに役に立った。テキストファイルを投入すると、すぐにePub形式に変換してくれて、チェックと訂正をなんどもして、数限りなくアップしなおすという作業がはてしなくつづいた。

 でんでんコンバーターは、見出しやページ割り、太字などをマークダウンで指定するというかんたんな方法で、ePub形式に直してくれる。見出しは「#」の数で6段階指定できる。ただKindleで表示されるとき、#を四つ重ねてもほとんどふつうの文字と変わらなかったので、三つに変えたら見栄えがよくなった。

 節のタイトルを太文字で表示したかったのだが、Kindleでは太字に変わらなかったので、やむなく見出し#三つにした。Kinoppyでは太字表示されるのに、Kindleでは残念だったが、見出し表示のほうが行間が空いていて、よかったかもしれない。太字指定は「**」だ。

 引用文指定は「>]だけでかんたんだが、引用文中の行間開けには苦労した。行間を開けるには、「br」を「p」要素で囲めばOKだが(ソースコード表示は避けました)、引用文途中ではあいだが開きすぎる。ネットで検索してもなかなか見つからず、ようやく全角スペースひとつで行間を開けられることを発見した。

 PCでは紀伊國屋書店のKinoppyでePubを読むことができるから、このソフトには重宝した。誤字脱字、まちがいには、大きな文字表示でわかりやすかった。

 KindleはPCでは開けないと思うが、KindleプレビューアというPCでチェックできるソフトがある(いまはPC用のKindleが出ていますね)。タブレット、スマホ、Kindle端末の表示ができるようになっている。そこでmobi形式に変換してくれるから、インポートでダウンロードすればいい。いぜんはほかのソフトで変換していた情報もあったが。

 訂正や修正は完成したと思ってePubに変換しても、またレイアウト崩れや誤字脱字が見つかるというはてしないくり返しがつづいて、さいごのさいごに完全完成したと思ってmobiに変換しても、漢字変換を忘れるというまちがいが見つかって、切りがないほどだった。いくらでも見つかるものなので、これは数限りなくくりかえすしかない。


KDP登録はあんがいかんたんだった


 わたしはアマゾンのアフィリエイト・アカウントをもっているのだが、KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)に登録したときはもう一度、銀行情報を登録しなければならなかった。古い情報ではアメリカの税金をとられないために書類を申告しなければならないというおそろしい情報もあったが、いまでは登録画面において選択するだけになっている。

 KDP画面では、本の詳細と本のコンテンツ、価格設定の項目があるが、できれば本のデータをアップに成功してから詳細を書きたかった。レーベルとか出版社も決められるようだが、思いつかなくて放置。

 本のロイヤリティとか価格設定はむずかしいと思うが、35%と70%の著作料が選べるようになっていて、わたしは70%のほうを選んだ。Kindle90日独占契約のかわりに70%のロイヤリティがうけられるのが魅力だった。無料キャンペーンを五日間設定できるのもこちらだけ。まずは無料で読んでほしかった。そのさい、最低価格は250円という情報があったが、いまは99円になっているようだ。無名のKindleセルフ本はほぼ最低価格に張りつくような相場になっているらしいので、わたしは280円くらいにしようとインプレッションで決めた。

 審査待ちは48時間以内となっているが、ブログをまとめるかたちの本は、権利関係を問われるようだ。わたしの本は書きおろしなので、数時間で出版がされた。出版と同時に無料キャンペーンをはじめたかったのだが、出版後にそれができるようになるので、やむなく先に出版を選ぶしかなかった。


出版までの感慨


 アマゾンの本棚に自分の著作がならぶのは、感動と喜びがあった。どれくらい売れるかはわからないが、長い期間の準備期間をへたあとの成果なので、達成感は大きいものがある。

 本の執筆に三か月くらい、紙本では208ページを書くのにそれくらいの期間がかかり、校正や推敲、電子書籍化には四ヶ月くらいの時間をついやした。校正はなんども読み返すわけだが、できるだけ他人のような目をもつ必要があるわけで、原稿にふれない期間を設けたりした。

 推敲は、わたしは一度書いてしまえば、その文脈の中でもう一度考え直したり、文章をごそっと書き直したりするのは、かなり苦手なようで、手を加えるところは誤字脱字に終始したかもしれない。

 ePub化やその校正でだいぶ時間をとられるところもあるが、完成品を世に提出するわけで、このうむような作業もおろそかにするわけにはいかない。無限に訂正箇所が見つかるような気持ちにおそわれた。とくに段下げの失敗が全文におよんでいたので、それに気づき、直す作業がはてしなくつづいた。

 まあ、ePubのマークダウンの方法を知ってから、テキストを打ちはじめるのがいちばんかもしれない。テキスト・ソフトでの見栄えはあまり関係なく、ePub時の見栄えが最優先になる。


 本を出したい人、Kindleセルフ本の出版を考えている人は、テキスト・ソフトさえ打てれば、ほぼ問題ないといえる。ePub化はそうむずかしいものでもないし、日々改良されるでしょう。訴えたいテーマさえあれば、Kindleセルフ本の出版はすぐそこにあるのではないでしょうか。


関連記事
google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→ueshinzz

FC2カウンター

Page Top