FC2ブログ

HOME
05 04
2019

書評 社会学

学校に行かなければ勉強できない?――『脱学校の社会』 イヴァン・イリッチ

脱学校の社会 (現代社会科学叢書)
イヴァン・イリッチ
東京創元社



 まったくもってこの本を読んでみないことには学校がもたらすものについての重要な批判が欠落してしまうことになってしまう名著である。この本を読むことによって学校や学習の見方がまずまちがいなく変わる。再読である。

 人はよく大人になってなにかを勉強するために学校に入りなおしたいとかいったりするのだが、学習は自分でやったほうがよほど身につくし、自分の骨肉になる。だけど、人は学校にいかなければ勉強できない、知識は身につかないと思っている。それこそイリイチが指摘する学校化社会の結果であって、イリイチは自主独立のほうがもっとも学習になると説くのである。むしろ学校は学習を疎外すると。

 イリイチはこれは学校だけの問題ではなく、ほかの制度もおなじであって、専門家がサービスを制度化すればするほど、個人が自主独立でおこなう技能や知識が奪われてゆき、制度に頼り切ることになると批判する。それはつまり、完成品ができるまで待っている消費者に育て上げられることであり、この世を生産者と消費者に二分する生活方式を身につけさせる訓練になるというのである。

 学校は強力な思い込みをつくるのである。自分でつくりだす学習や知識はあやしげで頼りにならないもので、学校で教師から教わったものしか価値がなく、世間的に認められないものだという強固な信念をつくってしまう。これを「ハコモノ信仰」といってもよいと思うが、卒業証書のほうが重要であって、なにを自分の血肉にしてきたかの内実がいっこうに問われないことが世間に蔓延していることでわかるだろう。

 イリイチはこういったのだが、私には過去の勉強の疎遠感がたちまちに思い出された。

「偉大な古典でさえも、個人の人生に新たな転機を引き起こすものとならないで、「大学二年生」が使用するテキストの一部になるのである。学校は、それらに教育上の道具というレッテルをはることによって、事物を日常生活から取り去ってしまう」



 学校で習った知識は点数をとるための「記号」や「道具」になってしまい、日常生活や人生の糧、自分のこととは思われなくなってしまう。学校の知識は「他人事」であり、「自分の身の上」のことではない。学校でさんざん味わった感覚なのだが、お勉強というのは私の人生の身の上の出来事ではなく、どこか遠くで起っている記号や疎遠な出来事としか思われなくなってしまうのである。

 私は自分の生活や日常の疑問や謎から哲学や社会学を読むようになったのだが、ぜんぶ独学なのだが、そうするとそれは自分の困りごとや悩みごとの延長となり、自分の身の上にふりかかる問題として感じられた。これは学校で習った知識では、ひとつも感じられなかった感覚である。イリイチは私が感じてきた感覚をみごとに言語化していたのである。

 学校でさんざん勉強してきたのにひとつも身についてないな、なにも意見も洞察もおこなえないじゃないかという人は、教師に教えられることの立派な「消費者」となったのであり、完成品をもらうまで「無知な生徒」の役割をひきうけ、「みずから進んで学習しないお客さん」に染め上げられたのである。そうして知識にいちばん必要な自ら探り出す、考えるというアクティブな行動を抹殺されて、学習や知識は完成品ができるまで口を開けて待っているだけという立派な消費者、お客さんが完成するのである。知識や学習から立派に疎外されたお客さんの完成である。しかもそれが知識という思い込みは、TVのクイズ番組などでますます信憑性がつみ重ねられるのである。

 イリイチは自主独立でおこなう能力が奪われてゆくことをいちばん懸念したのであって、それが専門家による制度化によりますます増強され、その制度は生産者と無力な消費者に二分される生活行動の基礎学習になっていると警鐘するのである。お客さんとして生きることの強力な危機感をイリイチはもっていたのである。学校はそのひとつの顕著なモデルケースにほかならない。

 またイリイチは学校は、少年や若者という無権利で守られない「子ども」という区分をつくり、憲法や慣例上の制限をうけない権力を教師にゆずりわたすのだという批判をおこなっている。この人権侵害ぶりは教会や牧師のはんちゅうを超えて、はるかに心身のうえに暴力をふるう度合いは強くなり、いつまでも解決しないイジメ問題は、この学校の無制限な権力自体を模倣したもの以外に思えなくなる。この問題の深刻さは学校自体がかかえもつ権力の無際限さに端を発しているといえる。

「一たび独学ではだめだということになると、すべての専門家でない人の活動が大丈夫かと疑われるようになる。学校においてわれわれは、価値のある学習は学校に出席した結果得られるものであり、学習の価値は教えられる量が増えるにつれて増加し、その価値は成績や証明書によって測定され、文書化され得ると教えられる。
実際には学習は他人による操作が最も必要のない活動である。学習のほとんどは必ずしも教授された結果として生じるものではない。それはむしろ他人から妨げられずに多くの意味をもった状況に参加した結果得られるものである」



 医師でも講演者であっても、あやしいいかがしい人や活動がおこるたびに、免許や免状の必要性が叫ばれる。それは私たちの判断能力をだれか権威ある人に棚上げすることであり、ますます自分自身の判断能力を失うことである。そうやって、あやしいグレーゾーンがわきあがるごとに、自分の能力を制度にゆずりわたして、ますます自分の知識は無自覚に奪われてゆくのである。免許をもった専門家は、疎外された学習をへて、ほんとうに自分の血肉とした人に担われているのだろうか。

 イリイチのこの本を読むと、生徒として学校で学習してきたわれわれが、いかに知識や学習から疎外されてきたか、走馬灯のように垣間見える。世間の思い込みも、まさに学校化のカタマリである。学校にいかなければ勉強も知識も身につかないと思っており、どこの大学を出たかで信用や保証が測られる。その内容、内実を問われることはほぼない。この学歴社会は社会に出るとその知識や学問をほぼ問われることがなく、なんだと思っていたが、学習から疎外された人たちが学校から大量に生み出されていたわけだ。

 イリイチの自発性や自主独力の危機感というのは、モチベーション論のエドワード・デシの問題とも重なっており、またそれはエドワード・ピンクが指摘したような工業社会と創造社会の違いでもあるのだろう。工業社会は他人が見いだした答えや技能手順を記憶する、習熟することが重要だったのであり、創造社会においては自発性がより多く重要になる。われわれは自発性が切り開くことがもっとも重要になる社会状況の過渡期にいるのである。

 なおこの東京創元社の社会科学叢書は、フロムやハイエクの本も出ており、イリイチも合わせて社会の根本的なことに気づかせてくれる名著がめじろ押しである。この出版社の本はほかの出版社から出ることが少なく、各社から出て多くの人の目にふれることが世の中にはもっとためになると思うのだが。


ハマータウンの野郎ども (ちくま学芸文庫)サヨナラ、学校化社会 (ちくま文庫)再生産 〔教育・社会・文化〕 (ブルデュー・ライブラリー)冷血の教育学―だれが子供の魂を殺したか人を伸ばす力―内発と自律のすすめ

関連記事
04 20
2019

おすすめ本特選集

愚かさに平気――『捨てて強くなる』 櫻木 健古

CIMG0001_11112.jpg捨てて強くなる
―ひらき直りの人生論 (ワニ文庫)

櫻木 健古
ベストセラーズ 1984-01

by G-Tools


 やっぱりこの本をこえる本は見つけられないということで、また再読。84年文庫化のもう忘れられた、古本でも見かけなくなった著者の本である。

 開き直って愚かになり、人間の優劣のモノサシをこえるという本だが、ひろさちやくらいしかいまでも読めないかな。

 いまの世の中は優秀になることや賢くなること、有名になること、勝つことばかりすすめられて、そういう価値観から自由になる方法をあまり聞くことはない。そういう価値観をセットされると、負けたり、敗者復活ができない人生はミジメだけに染められることになる。その脱出法を、現代は説くことができているかなと疑問である。

 この本は突き抜けている。優秀や勝つこと、賢くなること、損得の価値観の狭さを教えて、愚かに落ちることから人間の比較序列の世界から抜け出す。私たちはこういった比較競争を抜け出した人生観をもつことができるだろうか。

 自分の自慢話ばかりする人がいる。過去の業績や自分がいかに優れているか説く人がいる。悪気はないのだろうが、自分の価値を証明しないと人から受け入れられない、見捨てられると思っているのだろう。自慢ばかりで相手にされなくなるとまたその自尊心を充足しないといけなくなるから、ますます自慢話に固執することになる。私たちはこのカラクリを突き放して、超越した立場に立てるだろうか。

 この本はそのような優秀さや賢さ、自分の価値を証明しなければならないと思い込んでいる人の解毒剤である。無我や無価値に生きることによって、人生のどんな評価や苦しさからも平気になる。愚かになって、開き直ってしまえば、たとえ負けようが、評価が悪かろうが、痛くもかゆくもない。そういう立場になる方法をこの本は説くのである。

 仏教の世俗から隠遁する思想もそういう立場をめざしてきたのだと思われる。老子・荘子の立場もこれとひじょうに近いものである。天からながめれば、人間の違いなどドングリの背比べ、羊の顔の違いくらいでしかない。そういった突き放した立場から、人間の比較競争から抜け出す方法がこの本で説かれている。

 無我を世間の目でみるとこういう人格になるのかという面が描かれているのだと思う。もう勝ち負けも優劣もこだわらないから、世間からはバカや愚か、人生を棒にふったといわれる人生をおくろうと、もう平気である。なんのこだわりも悲しみもない。世間の必死になる価値や評価にちっともこだわらないから、もうなにをいわれようと、どうバカにされようと、怒ることも悲しむこともない。

 無我の一面には感情をもうもたないという面がある。なにかが悲しい、なにかがミジメである、あることがツラいという評価や価値観をもたない。だからもう感情がわきあがることもない。人間の価値評価もない世界に生きるのである。愚かになることは、そういった価値モノサシから抜け出すことである。無我はバカにも通じるのである。

 謙遜や自分なんてたいしたことがないという自己卑下はまだ大きな我執がある、と櫻木健古は指摘する。ちっぽけな自我にしがみついて、自分をないものにまったくできていないといわれている。私たちはこの次元にまで「愚か」になれるだろうか。

 私たちは社会の評価や基準に自分の価値観を測って、喜んだり、悲しんだり、哀れんだりする一生を送る。その価値観から抜け出せないばかりか、一生、優秀や賢さをめざし、競争し、証明しなければならないという人生を送る人が大半ではないだろうか。

 そこから抜け出し、なんのこだわりもなく、勝ち負けも優劣もまったく離れて、愚かに自分をなくして生きることが、私たちはできるだろうか。「人格者」とよばれる人は、自分の優秀さや賢さを誇らない人だったのではないだろうか。ぎゃくにこんにちはそういったことばかり誇ることが人生のめざすべきゴールだと思っている人もたくさんいるのではないだろうか。

 愚かになって、だれとも競わず、勝ち負けも誇らず、ただ平気に生きる。平穏や幸福はそういった立場にあるのではないだろうか。

 こういったことをいってくれるのは、現代ではひろさちやくらいしかいないのかなあ。バカに開き直った愚か者は、現代ではひそかな賛美が贈られることはないのかな。


「強い自分」を引き出す本人生はあきらめるとうまくいくがんばらない、がんばらない (PHP文庫)阿呆の知恵  自分らしい人生を送るための25のヒント (角川oneテーマ21)ヘタな人生論より良寛の生きかた (河出文庫)


関連記事
04 04
2019

書評 心理学

被害者は絶対的な正義なのか――『「心の傷」は言ったもん勝ち』 中嶋 聡



 被害者や弱者の権利が回復されたり、主張が社会にうけいれられることはとても大切なことだと思うのだが、SNSでは被害者の権利を叫びつづけて、人の自由や勝手がどんどん奪われることも目に余ってきた。

 たとえば女性が性的表現の雑誌などをコンビニで見かけたら傷つくから撤去しなければならないとか、古くは禁煙運動だってはてしなく喫煙者を追いつめて、副流煙という被害をうけるから街角から一掃せよという流れにまでおよんでいる。被害を声高に叫びすぎて、他人の自由や勝手の権利が侵害され、まったく守られなくなることは、ぎゃくに権利の侵害ではないのか。

 これを「被害者正義」の暴走やいきすぎだと思っていたのだが、このような社会現象を2008年に「被害者帝国主義」という名前で指摘していた人をみつけた。この著者は精神科医で、『ブルマーはなぜ消えたのか』という本も書いており、その本は知っていたから、いまさらながら、そういう被害者正義について書かれた本なのかと気づいた。

 被害者の権利が回復されることはとてもいいことだ。だが人がこれまでふつうに享受していたものが、被害者の権利によって剥奪、絶滅させられることはいいことなのか。人の自由や権利は、なんら尊重されない現象も、同時におこっているのではないか。

 うつ病のような仮病とか怠けといわれかねないものが、社会に理解されるようになったのはいいことだが、この心理的弱者の権利がみとめられる流れは、この「被害者帝国主義」にも力を与えてきた一派ではないだろうか。

 日本女性の権利が低く、平等を求められることは必要なことだ。だが、だからといって男性の権利や自由も剥奪や強奪されてよいものか。このフェミニズムからの流れも、「被害者帝国主義」への奔流へとそそぎこんできたものではないのか。

 この本では朝青龍問題というもう忘れかけのゴシップから語られ、セクハラはそもそも犯罪なのかと問われている。もうこの本が書かれてから十年以上たっているのだが、被害者帝国主義の勢いはいまだとどまってはいない。善や正義と思われてきて、進歩だと捉えられてきたのだが、疑問点や問題点の大きさも、再考がうながされるべき問題ではないのだろうか。

 進歩や正義の印象も多かったのだが、いやけっきょくは別様の被害者を生んでいるだけではないのかという疑問も大きくなってきた。これはポリコレのいきすぎの問題とも重なってくるのだろうか。被害者が暴走すると、まるで「当たり屋」のように被害の大きさを叫びまわることになる。自分の被害の救済を訴えていたことが、「当たり屋」のようになってしまえば、羞恥と倫理観の痛みも感じざるをえないのではないだろうか。

 ニーチェは道徳にひそむ平等化や畜群化に罵倒をくわえて、超人や強人がもっと伸びてゆく社会を理想とした。日本におこっていることはまったく被害者や弱者の暴走や正義化ではないのか。平等がいきすぎる社会にも問題はないのか。

 平等は道徳的にはすばらしいし、道徳的に人の情けや思いやりはすばらしいことだと思う。だが、一方では社会を強いほう、優れたほうを叩きつぶす側面もある。ニーチェ以降のオルテガやリースマン、フロムといった大衆社会論の人たちは、その懸念を語ってきたのではないのか。

 この被害者帝国主義はどこにいきつこうとしているのだろうか。どこまでいけば、気が済むのだろう。またその流れはすばらしいことなのか、それとも一定の警戒や歯止めも求められるべきなのか。もう被害者の救済が、全面的な善や進歩と見ることはできない。



ブルマーはなぜ消えたのか―セクハラと心の傷の文化を問う被害者のふりをせずにはいられない人 (青春新書インテリジェンス)シャーデンフロイデ: 人の不幸を喜ぶ私たちの闇他人を引きずりおろすのに必死な人 (SB新書)道徳は復讐である―ニーチェのルサンチマンの哲学 (河出文庫)


関連記事
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。神秘思想、仏教、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

Kindle本、2冊発売中です。

 

twitterはこちら→ueshinzz

google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
月別アーカイヴ
FC2カウンター

Page Top