HOME
07 27
2015

セラピー・自己啓発

「悟っている」本である――『「思いグセ」を変える7つの鍵』 レイ・ドッド



 はっきりいって、この本は「悟り」について書かれた本である。

 われわれは「起きながら夢を見ている」。その思考のあり方を「思いグセ」という表現でみごとに捉えている。

 「思いグセ」は頭で真実と捉えていることより、もっと根深いもの。急にムカつくことが起これば、あなたはふだん善良で怒らないと思っている自分でも、急に怒り出したりしないだろうか。それこそが自分を深く縛りつけている「思いグセ」というもの。

 これはメキシコのシャーマンやトルテック族から伝えられていることであり、カスタネダのドン・ファンや真木悠介が『気流の鳴る音』でいっていたことと同じ。

 仏教や神秘思想の「悟り」も同じことをいっている。「起きながら夢見ている」意識状態を解き放とうとしたのがグルジェフであり、また和尚(ラジニーシ)やクリシュナムルティと近いことをいっている。グルジェフでは「内なるおしゃべり」という表現で、「思いグセ」が表現されているわけだが。

 ただ残念なことに邦題がみごとに無惨なまでに「凡百な自己啓発書」である。

 それとこの「起きながら夢見ている意識状態」からどうやって抜け出すのかという方法を期待して読みすすめたのだが、さいごまでその方法が提示されなくてがっくり。その脱出の方法が説かれていたら、名著と思えたのだろうが。

 「世界を止める」だとか、夢を見ながら覚醒させる「明晰夢」の方法を説かれたりしているのだが、それだけではさっぱり。惜しい本である。

 ただ人間の意識状態を「起きながら見ている夢」という状態に気づくことは「悟り」ともいえるので、それを明確に意識しているという点ではそれなりに高い段階の状態であるといえる。

 まあふつうの人に人は「起きながら夢をみている」といっても、なにを寝ぼけたことをいっているのかと返されるのがオチだからね。

 人間はこの夢の「奴隷」であって、法律に規制されているのではなく、「自分自身の考えから出たルールに縛られている」。

 人間は頭のなかでしじゅう、おしゃべりをしているのだが、これは思考の「自動機械」のようなものであり、その思考の束や全体を「自分」だと勘違いして暮らしている。

 また思考は「ひとつの解釈や捉え方」にしかすぎず、「あれもこれも」考えることもできるし、別の面、違った角度からも捉えれることができる。それは「空想」や「想像」にほかならないわけだから、「夢」と同じ状態だといえる。

 われわれが「現実」と思っているものは「解釈や捉え方」にすぎなく、想像や空想で捉えられた現実は「夢」としかいいようのない状態で毎日をすごしているわけだ。

 でもこの「現実」に感じるリアル感、切迫感というのは、ひじょうに根強く、根深いものがあり、この夢見の状態に気づいていても、空想された現実や出来事に人はひじょうに追いつめられたり、鬱や悲観までひきずりこまれたりするものだ。

 夢から完全に目覚めるのはひじょうにむづかしい。

 だからこの本にはその目覚める方法が語られているように思って期待したのだが、どうも脱出方法がいまいちすぎる。これでは悪夢の幕を下ろすことはできない。

 このレイ・ドッドという人はドン・ミゲル・ルイスという人に教えを乞うたようで、その人は神秘思想では評判らしい『四つの約束』の著者なのでぜひ読みたいと思っているのだが、安い古本で巡りあえるかな。

 それにしても仏教も「悟り」をこのように表現すればひじょうにわかりやすくなると思うのだけど、公案なんかでは「活!」とか「クソベラだ」とかいって言葉の否定をおこなうので、いっぱんの人に悟りの状態が伝わることはないのである。日本人は仏教僧にバカにされているね。


四つの約束グルジェフとクリシュナムルティ―エソテリック心理学入門気流の鳴る音―交響するコミューン (ちくま学芸文庫)存在の詩 和尚 OSHOドン・ファンの教え (新装版)


関連記事
07 25
2015

セラピー・自己啓発

読むだけで明るくなれる自己啓発書はないかな。

 パニック障害で人生の絶望の淵に立たされました。悲観的でネガティブな将来像に押しつぶされそうになりました。

 パニック障害は軽いもので治ったのですが、鬱な気分をむりやり引き上げるために、自己啓発書で明るくなれる本をさがして読んでいます。字面を読むだけで気分が明るくなるような本をさがしているんです。

 だから平常な気分では読まないような本やいくぶんあやしげな本でもかまいません。ともかく気分を引き上げることが優先です。

 アファーメーション(自己宣言文)でずっと「楽しい、うれしい、幸せだ」といったプラス言葉を頭の中でつぶやいています。もうネガティブとか悲観に傾く思考傾向をこのさい、いっさい排除したいんです。習慣としてのプラス思考をこの機会に頭に根づかせたいんです。それだけ悲観的な思考の吸引力の威力を思い知らされたということです。

 お金がないのでブックオフの100円本だけ。アマゾンではほとんど1円で手に入る本ですね。送料は257円かかりますが。明るい気分になれたかどうか、何冊か紹介していきます。


運がよくなる100の法則 (集英社文庫)
植西 聰
集英社 (2014-01-17)



この本がいちばん明るい気分になれたかな。プラス言葉――楽しいやうれしいといった言葉が多い。マイナス言葉を使うことが少ないです。プラス思考についてではなく、運というものについて語れば、しぜんと明るい言葉が多くなるのかもしれません。目標があれば、うれしさや楽しさを増すという説明があって、目標をもつ意味があまりわからなかったわたしははじめて納得しました。




自己啓発の名言を中心に引用したスカスカの本ですが、まあ明るい気持ちになれる本かな。読むだけで明るい気持ちになれればいいので。植西聡はマーフィーの翻訳やまとめをしている人かな、基本的に「いいことを考えればいいことが起こる、悪いことを考えれば悪いことが起こる」といった法則の信奉者かな。


ザ・シークレット
ザ・シークレット
posted with amazlet at 15.07.25
ロンダ・バーン
角川書店 (2007-10-29)



引き寄せの法則のブームを起こした本ですね。読めばいくぶんあやしいとかマユツバとか思えるものでも、アリかなと思える本かもしれません。もうすでに得ていると思えばほしいものが手に入るという驚きべき本ですが、そのためには気分を明るい楽しい気分に保っていなければなりません。強制的な明るい気分になることを組み込んでいることで、幸せのセラピーになるよくできた仕組みといえますね。




「明るい気分でいれば、いいことがたくさん起こる」という本で、これも幸運になるためには明るい気分を保たなければならないという本ですね。そうすれば幸運が奇跡のように立て続けにつづくとい著者は主張するのですが、24歳の世間知らずの女性のたわ言と思えないこともありませんw




これが大事かなと思います、明るい気持ちや楽しい思い出を思い出すことで幸福をイメージすること。状況がいかなるものであろうと、楽しい気分をイメージできること。やっぱり過去の楽しい記憶が味方になってくれるのかな、でもわたしはなぜか楽しい思い出をよく思い出せませんw 言葉で楽しい気分を喚起するしかありません。




なかなか鋭いことが書かれている本ですが、楽しい気分になったり、プラス思考に転換できる効果は、わたしにとってはいくぶんあやしい本でした。恐怖や不安、苛立ちは想像にすぎないという主張は、たいせつな捉え方です。劣等感や人と比べることに苦しむなら、同じ「人間」だと思えばいいという考え方にも感心しました。プラス思考というのを根づかせるには、マイナス思考とプラス思考の転換の具体例をならべて書いていれば、効果があるのではないかと思います。




「「よくなったら幸せになる」という発想は、そろそろ卒業しよう。幸せを決めるのはあなたであって、外的なものではないからです。幸・不幸も、幸運・不運も、100%、あなたの心で決まるのです」。こういう考え方は大事ですね。「今を満ち足りたものにすることだけを考えれば、すべてうまくいくのです」。ただ明るい気持ちになれる要素をあまり感じられなかった本かな。


あと、以下のような本も読んだのですが、もう紹介はいいかな。読むだけで明るい気分になるという基準には私的には達しなかった本だったので。とくに『一瞬で!幸せがあふれ出す方法』は明るい気分になれないので、とちゅうで読むのやめました。

こころのお医者さんが教える 「プチ楽天家」になる方法 (PHP文庫)斎藤一人のツキを呼ぶ言葉 (知的生きかた文庫)運命は「口ぐせ」で決まる―「思いどおりの自分」をつくる言葉の心理学メソッド (知的生きかた文庫)一瞬で!幸せがあふれ出す方法 (王様文庫)


 読むだけで明るい、楽しい気持ちになれる本をさがすのはなかなかむづかしいことです。マイナスの言葉を書かないことにはものごとのくわしい説明ができなかったりして、そこでわたしの基準から遠ざかります。

 ただその本を読むだけで明るくなれる、楽しくなれる、そういった本はそうそうあるものではありません。テレビでお笑い番組や漫才を見るような効果を、自己啓発書に求めるのはむづかしいのかもしれません。しかし悲観的で壮絶な落ち込みを経験したわたしは、藁にもすがるような思いでそのような本をさがさざるをえません。

 ノーマン・ピールの『積極的考え方の力』やジョセフ・マーフィーの著作といった古典もありますが、もっと手元において明るくなれる本はないものでしょうか。人生の助け舟として、そういった本を見つけることが必要なことを、鬱の経験で痛感しました。


関連記事
07 22
2015

セラピー・自己啓発

ネットで見つけたパニック障害の治し方(8) 恐怖を味わいつくす。踏みとどまる。

今回で最後です。

パニック障害は不安や恐怖のつき合い方の失敗やまちがいだと思います。

逃げたり、避けたり、防ごうとするとよけいに恐れがつのります。
立ち向かい、しぜんに収まるまで放っておくしかありません。

いちど恐くなるとそういうことがひじょうにむづかしくなります。

いちばん効果的なのは「逆説志向」という療法だと思います。
「わざと苦しくする、発作を自分からおこそうとしてみる、わざと恐がらせる」と
いったことをみずからおこないます。

恐さに立ち向かい、恐くないのだと心身ともに納得することが必要になります。
恐れて避けよう、守ろうとするから、よけいに恐ろしくなるからです。

発作や恐怖がおこりそうだというとき、守ろう、防ごうとしないことが大切になります。
「大丈夫だとか、リラックス」とかも心に言い聞かせることもせずに、
ただ客観的に観察、傍観する立場でながめることが克服の秘訣です。

そういう立場で傍観できたとき、恐怖と同一化せずに、恐怖をやり過ごせるようになります。
なくそう、避けようとすることが恐怖との一体化をひきおこし、巻き込まれるのですね。

リラックスやコントロールを言い聞かせる方法もあって、混乱することが多い恐怖との関係ですが、
恐怖は手を加えることが逆効果をひきおこす皮肉な感情です。




  (8) 恐怖を味わいつくす。踏みとどまる。 


●その感情にとどまり、「この感情はどんな感じがするか」ということを調べてみる。


●なぜなら自分には対処できないと思うからこそ逃げるため、逃げてしまうと、「私にはどうすることもできない」という恐怖に襲われるようになるからです。


●恐れはこちらから直視しろ。


●恐怖というのは直視されるほど、しぼんでゆく特徴があります。
「な~んだ。たとえ失敗してもこんなものか。そんな大したことないな」


●恐怖を感じたときにその恐怖の感情を自分の言葉で説明してみる。描写してみる。感じとってみる。実況する。


●不安や恐怖って立ち向かうと半分になり、逃げると倍増する。


●不安や恐れの中に飛び込んでみてください。不安や恐怖をしっかりと感じ、味わいつくしてください。
不安や恐怖を味わい尽くすと、その不安や恐怖には実体はなかったということがわかってきます。


●実はまったく見当違いの対応をしているのです。
その理由はあなたの恐怖が実体ではないからです。
それは単なる<幻>に過ぎないのです。
実は恐怖を生み出すのは最初の体験なのです。
恐怖スイッチを押しているだけなのです。
だから毎回恐怖心を押さえつけようとしても無意味なのです。
いくら影に対して働きかけたところで、本体に何の影響も与えることはできないのです。


●当たり前にあるべき「恐い」という心理を"なくそう"としてしまったことが悪化させてしまった原因なんだそうです。
別に放っておけばいい。


●不安というものはなくしてしまおうとすると大きくなり、受け入れてしまうと小さくなってゆくものだからです。


●どちらにしろ不安場面に「え~い」と挑戦していけばいいんですけどね。
嫌な場面を避けていてとつぜん「治った」ということは基本的にありません。


●不安なことは挑戦してゆくこと。


●パニック障害の方は体の感覚に対して誤った解釈をしてしまう傾向があります。
①パニック発作に対する解釈の仕方が状態の悪化、持続をさせている可能性がある。
②発作のときに起きる身体症状は不快であるけれど、危険なものではないこと。


●基本原則は、
不安、症状をなくそう、回避しようとするのではなく、受け入れること。
しぜんに収まるのを知り、怖いものではないことを体感すること。


●発作、くるならこい!
怖いものはなにもない。


●単なる取り越し苦労。


●なくそうとすることも、なくそうとしないことも、症状に「とらわれている」。


●「不安を受け入れる」
「問題としない」→回避行動か?
→不安があるかないか、なくなったかどうか、ずっと監視している。


●そのままにしておいたら、ますますその状態に飲まれ、症状がどんどん大きなものになり、取り返しのつかないものになるのではないかという怖れをもっておられるかと思います。
しかし事実は逆です。
症状に対して、反射的に逃げるのではなく、しばらくそこに留まってください。
ほんの数秒でいいです。
はたして、あなたが心配していた最悪の状況がそこにやってくるのか。
わかったのは自らの思い込みの強さと、本当に事実は行動でしかわからないのだという事実でした。
思い込みで自らを縛り、あたかも事実として誤認し、それに乗っかって生きてきましたが、乗り換えてはじめてわかりました。
乗りまちがえていたのだと。単なる自らの思い込みがそれは事実ではない以上は、あなたがその呪縛を解かなくてはなりません。
症状と共にその場に留まり、その行く末を観察してみてください。
何が実際に起こるのか、それをしっかりとその体で味わいつくしてみてください。


●治そう治そうとすると精神的に自分を追いつめていくことになります。それよりもどうすれば楽に過ごせるかを考えたほうが重圧は感じません。


●自分の身に何が起きるか深刻になって考えていたときはパニック障害に苦しめられていた人でも、
「だからどうだっていうの、知るもんか」、
といった開き直る考え方をしたとたん、その症状は回復へと向かいました。

パニック障害には「深刻になって考えること」が大きく影響していることがわかります。


●「恐怖は逃げるから存在するのだ」
対象が巨大になるのは、恐れるあまりにそれから逃げようとしてしまうからだ。
自分がそれを恐がっていることを認め、その恐怖をも甘んじて受け入れるなら、その場で終わってしまうのだ。
「恐怖は逃げようとするときにだけ存在する」


●恐れは自分が勝手に抱いている幻想。
そこに飛び込んだ時に見える景色が現実。


●自分を守るために目の前の敵と戦わなくてもいい。
逃げも隠れもしなくていいんだ。
敵などはじめらから存在しなかったという事にはっとするかもしれません。


●向き合って初めて、あれっ、思ったより恐ろしいことは起こらないな、と気づき、考え方を修正できますし、向き合ってこそ身体に恐怖を慣らさせることができます。
そして、どっぷりと恐怖につかってやるぞ!、味わってやるぞという心になったら、
次に気をつけるべきことは
実際に恐怖が下がるまで待つことです。
恐怖が下がる前にやめてしまうと、
結局恐怖を味わっただけだ…で終わってしまい、
逆効果になってしまうことがあります。



パニック障害の治し方 まとめ

(1) 開き直る。受け入れる。
(2) わざと苦しくする。わざと恐怖を起こす。
(3) 治そうとしない。避けようとしない。
(4) 不安はあってもよいものだと受け入れる。不安は当たり前のもの。
(5) 不安を避けるからますます不安になる。
(6) 不安を受け入れたとき完治。
(7) 不安に動揺しない。深刻に受け止めない。不安を問題視しない。
(8) 恐怖を味わいつくす。踏みとどまる。


▼パニック障害克服の賢者サイトとおもな引用先
パニック障害「完治」の秘訣。
「パニック障害」の記事一覧 マーケティングクリエイター足立博のブログ。
パニック障害と嘔吐恐怖症状を自力で治療克服した方法
森田療法の実践
うつと不安のカウンセリング
パニック障害の克服を目指す実践情報ブログ
えむ氏のログ

薬なし、自分で治すパニック障害 (角川SSC新書)不安もパニックも、さようなら 不安障害の認知行動療法:薬を使うことなくあなたの人生を変化させるためにパニック障害からの快復 こうすれば不安や恐怖は改善できる不安に悩まないためのワークブック―認知行動療法による解決法森田療法で読むパニック障害―その理解と治し方


関連記事
google adsense
全ての記事を表示する
ブックガイド特集
これから読む本
月別アーカイヴ
プロフィール

うえしん

Author:うえしん
世の中を分析し、知る楽しみを追究しています。興味あるものは人文書全般。ビジネス書、労働論、社会学、現代思想、経済学、心理学、精神世界、歴史学。。 そのときの興味にしたがって考えています。

twitterはこちら→UESHINZZ

FC2カウンター

Page Top